犬を凶暴な性格にしてしまう『飼い主のNG行為』3選

犬を凶暴な性格にしてしまう『飼い主のNG行為』3選

大切な愛犬に凶暴な性格になって欲しいと望んでいる飼い主さんはそういないと思います。ここでは、かわいい愛犬を凶暴化させないために、飼い主さんがするべきではないNG行為を紹介していきたいと思います。

お気に入り登録

NG行為①犬を甘やかして育てる

抱っこされているテリア

愛犬というのはとてもかわいいものですから、ついつい甘やかしたくなってしまうこともあると思います。しかし、愛情を持って育てることと甘やかして育てることは全く別物。大切な愛犬が安全で快適に、そして多くの人から愛されて楽しく生きていってもらうためには、厳しい態度でしつけをしなければならない時もあるのです。

人や他の犬などに対して吠えたり噛んだりという攻撃的な行動を見せる時や、犬自身の身に危険が及ぶようなことを行った時にはきっちりと制止しなければなりません。

「いけないことはいけない」と毅然とした態度で伝えることは、犬をワガママにしないためにとても大切です。ワガママな性格に育ってしまうと、自分の思い通りにならない時に威嚇や攻撃で意思を通そうとするようになってしまうからです。

また、吠えている時などに「ダメよ~」などと口でなだめつつ、体を触ったり抱っこをしたりしてしまうのもNG。このような態度は、飼い主さんも自分の攻撃行動に賛同してくれている、応援してくれていると勘違いしてますます助長されてしまうことがあるので注意しましょう。

NG行為②体罰や過剰なしつけで犬を抑制する

怯えるヨーキー

犬を甘やかしてワガママな性格に育てることで、凶暴になってしまうと説明しました。しかし、その反対に体罰や怒鳴り声での脅しなどを用いて、理不尽に厳しく育てることもNGです。基本的に家庭犬のしつけに体罰は必要ありませんし、怒鳴ったり物に八つ当たりしたりして犬を怯えさせてしつけることも犬の性格形成上、悪影響を及ぼすと考えられます。

飼い主さんから叩かれたり怖がらされたりしていると委縮してしまうだけでなく、自分を守るために攻撃的な性格になってしまうことがあるのです。また、飼い主さんが自分の味方ではないと感じてしまい、ますます他者を寄せつけないように凶暴になっていってしまう可能性があります。

NG行為③犬の社会化を行っていない

散歩しているビーグルのパピー

犬のしつけの中で特に重要だと考えられているのが、子犬の時期に行うべき「社会化」です。社会化とは、犬が人間社会の中で生きていく中で出会うであろう人や動物、物、音などの刺激に慣らしておくこと。さまざまな物や場所、状況に慣れていることで、犬はいつでも不安や恐怖を感じず落ち着いて過ごすことが出来ます。

犬が凶暴になるのは、単純に攻撃的な性格だからではありません。不安や恐怖、強いストレスを感じている時にも、自分を守るために攻撃的になってしまうのです。そのため、生活する中で不安や恐怖を感じることが出来るだけ少なくなるように、あらゆる物事に社会化を行っておくことがとても大切です。

まとめ

歯を剥くチワワ

犬を凶暴な性格に育てないためには、飼い主さんの接し方や育て方がとても大切になってきます。かわいくて大切な愛犬が凶暴になってしまうと、コミュニケーションの取り方がむずかしくなったり、散歩などで苦労する機会も増えてしまうと思います。

出来るだけ攻撃的で凶暴な性格にしないためには、子犬の時期から社会化を行って、愛情を持って根気よくしつけを行うことが重要。

犬をしっかりと育てている人からすると「そんなことは当たり前」と思われるかもしれませんが、犬の行動や性格に変化があらわれるまで、その“当たり前”に気が付けないこともあるのです。過保護になりすぎず、「いけないことはいけない」と毅然とした態度で接することが必要です。

また、犬が突然激しい攻撃性を見せた時は、怪我や病気などによって痛みや苦痛を感じている可能性も考えられます。特に体に触れられる時に威嚇するような行動を取る場合は、痛みが原因で触られたくないと飼い主さんを遠ざけようとしているのかもしれません。気になる行動が見られたら、一度動物病院で相談してみるといいでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。