犬を『ファッション』『アクセサリー』だと思っている人がしているNG行為6選

犬を『ファッション』『アクセサリー』だと思っている人がしているNG行為6選

犬を物扱いしている人は自分の気持ちを優先しすぎた飼い方をしていることが多いといえます。まるで『アクセサリー』や『ファッション』の一部のように犬を飼っている飼い主はどんな行為をする傾向にあるのでしょうか。

お気に入り登録

1.犬についての勉強をあまりしない

たくさんの本と犬

犬を『アクセサリー』感覚で飼っている人はどうやら犬についての勉強をあまりしない傾向にあるようです。犬が大好きで飼っているのではなく犬を飼っている自分が好き!犬がいる生活が理想的!そういった思考にあることが多いので、犬の健康のために勉強したり犬の気持ちを知るために知識を得たりすることが少ないそうです。

犬への知識がないと…、

  • 犬にとって危険な食べ物や飲み物がわからない
  • 犬にとって理想的な環境がわからない
  • 犬の仕草や行動の意味が理解できない
  • 人と犬の考え方の違いを知らない
  • スキンシップの仕方がわからない

といった具合にわからないことばかりになってしまいます。その結果として犬をもの扱いしている飼い主は愛犬に苦痛を与えやすい飼い方してしまうことが多いようですね。

2.マナーを守らずに散歩をさせている

散歩をする人と犬

犬の飼い方を勉強していない人は当然のように飼い主が行うべきマナーを知らないことが多いといえます。マナーを知らないと犬を散歩をするとき、特に周りに迷惑をかけやすくなってしまうことでしょう。

例えば、

  • 愛犬を散歩中に出会った人や犬と触れ合わせるときは挨拶をして相手の反応を見ながら触れ合わせる
  • 人の家の前や敷地内ではオシッコやウンチをさせない
  • ノーリードで散歩してはダメ
  • 道路のど真ん中を歩きながら散歩させると周りに迷惑をかけやすいのでなるべく道の端を歩く

などの散歩のマナーを知らないことが多く、周りに迷惑をかけることが多いといえます。

また、犬を『アクセサリー』の一部のように扱っている人は自分のやりたくないことは見てみぬふりをすることが多い傾向にあるので、愛犬のウンチを放置したり愛犬が何かに興味を示しても気持ちを無視して無理やり引っ張りながら足早に家に帰る。といった自分本位な行動をすることがよくあるそうです。

3.軽い気持ちで動物を飼う

見つめるダックス

ファッション感覚で動物を飼う人の多くはそのときの軽い気持ちで犬やそのほかの動物を飼うことが多いといえます。まさに物を扱うかのように気に入ったから手に入れる。といった気持ちで動物を飼っているのでしょう。

特に小型犬や小動物は世話が簡単と思われがちなので「可愛い~!」と感じたら軽い気持ちで飼われることがよくあるそうです。残念ながらこういった軽い気持ちで犬や動物を飼う人は飽きたら飼育放棄をする可能性がとても高く、実際に毎年たくさんの動物が捨てられているのが実状となります。とても哀しいことですね。

4.自分の気持ちを優先しすぎている

窓の外を見つめる犬

犬を物扱いしている飼い主はほとんどの場合、犬の気持ちを考えず自分の気持ちだけ考えて生活しているとことがよくあります。例えば…、

  • 愛犬を放ったらかしにしている
  • 自分だけ旅行して留守番ばかりさせている
  • 散歩に連れて行かない
  • 自分が気分の良いときだけ可愛がる
  • 自分の都合の良いように飼う

といったように飼い主が自分の気持ちだけを優先していることが多く、犬が常に飼い主の都合に合わせながら生きている傾向にあります。

また、犬を物扱いしている飼い主だけでなく主従関係に厳しい飼い主もこのような『飼い主の気持ちだけを優先した飼い方』をすることが割とよくあるそうです。

犬とどう暮らすかは飼い主次第となるので賛否両論あるかと思いますが、愛犬のことを思うのでしたら自分の気持ちだけを優先するのではなく、ときには愛犬の気持ちを優先してあげることも大切といえるのではないでしょうか?

5.犬を着せ替え人形のように扱っている

着飾っている犬

犬を『ファッション』の1つと考えている人に多いのが『着せ替え人形のように扱っている』です。たしかに犬に服を着せるととても可愛らしいので色々なデザインの服を着させたくなると思いますが、犬に服を着せるときに大切なのは機能性や着心地を優先して服を選ぶこととなります。

犬を『ファッション』の1つとして感じている人は服の機能性や着心地などを無視しデザインだけで犬の服を選ぶ傾向にあり、同時に飼い主の服装に合わせるために愛犬に窮屈な服を着せて自己満足することが多いといえます。

このような飼い主のNG行為は一見あまり危険視されてなかったりするのですが、色々と犬に悪影響を与えてしまうので要注意といえるでしょう。

例えば体に合っていない服を無理に着させてばかりいると犬の関節を痛める原因になることがあります。季節や気温を考えずにただオシャレというだけの理由で服を着せると熱中症になったり、逆に防寒対策ができずに体を冷やしてしまったりする可能性もあるのです。

また、犬が服を着るのを苦手に感じているのにもかかわらず頻繁に服を着せている場合はストレスを溜め込む原因になることもあるといえるでしょう。

6.興味がなくなったら飼育放棄する

ケージから見つめる犬

犬を『アクセサリー』感覚で飼う人は飽き性な性格をしていることが多いので『興味がなくなったら飼育放棄』するという最悪なNG行為を行うこともよくあります。愛犬に対して興味を失くしたり飽きてしまったりすると…、

  • 飲み水やご飯をあげなくなる
  • 散歩に連れて行かなくなる
  • ブラッシングやトリミングをしなくなる
  • 犬の寝床を掃除しない
  • 病気になっても病院に連れて行かない
  • 可愛がるのを面倒に感じる
  • 犬を邪魔者あつかいする

といった行為を行うようになり、最悪の場合だと犬を保健所に連れて行くことも少なくないそうです。特にシニア犬になって世話が大変になると育児放棄をしたり保健所などに連れて行って愛犬を手放そうとする飼い主は少なからずいるそうです。

そして愛犬を手放した後、信じられないことにまた新しく若い犬や動物を飼う人もいるのだとか。まさに犬や動物を物扱いしているとしか思えない行為には怒りを感じずにはいられませんね。

まとめ

少しうつむく犬

今回は犬を『ファッション』や『アクセサリー』だと思っている人がよく行うNG行為を6つご紹介しました。どれも自分勝手さを感じる行為といえますよね。残念なことに犬の飼い主のなかには犬をもの扱いしながら飼っている人が少なからずいるのが現状となります。

犬やその他の動物は人間と同じ1つの大切な命をもっている生き物といえます。そして人間のように自分の感情をハッキリともっているといえるでしょう。

今回ご紹介したNG行為にもし心当たりがあるのでしたらこれを機に愛犬をもの扱いするのではなく自分と同じように命や自我をもっている生き物として接してあげてください。愛犬と真剣に向き合うことできっと大切な何かを得られると思いますよ。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬を飼うなら知識は身につけるべきだろう。解らないことばかりで苦痛を与えてしまう。沢山身につける必要はないが最低限の知識は身につけておくべきです。マナーを守れないなら飼わないほうが良い、お互い居づらくなる。軽い気持ちで買うのはまさに物を買うのと変わらない。犬は生命体、生物です。飼うには責任がつきます。責任が持てないから捨てる奴が後を絶たない。自分の都合を優先するのは別に構わんがたまには愛犬のワガママを聞いても良いんじゃないかな。いつも俺らの都合に合わせてんならたまには愛犬の気持ちを優先させたい。犬は着せ替え人形じゃない。デザインは色々あるが愛犬の為思うなら機能性や着心地を重視すること。可愛い服着ようなんざ犬は思わない。デザイン重視で機能0じゃ意味がない。飼育放棄なんざ飼い主失格だ。飼うことについて責任がなさすぎる。保健所は保護する場ではなく処分する場です。犬は捨てられれば大きな傷を心に背負う。不幸にします。飼った以上は飼育放棄はしないでほしい
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。