なぜ犬の目は見ちゃダメなの?目線をそらすべき理由3選

なぜ犬の目は見ちゃダメなの?目線をそらすべき理由3選

犬との接し方を調べていると「目を合わせちゃダメ」と書かれていることが多いですよね。しかし犬のしつけにおいて「アイコンタクト」を取ることが大切とも言われています。今回は「なぜ犬の目を見てはいけないのか」「アイコンタクトとはどう違うのか」を解説いたします。

「アイコンタクト」とは?

芝生で白い犬にしつけをする女性

注目させ「聞く姿勢」になること

犬のしつけにおける「アイコンタクト」とは、愛犬が飼い主さんの合図によって目を見て注目することです。愛犬が飼い主さんの目をただ見るだけでなく、目を見ることで飼い主さんに注目して指示を聞く姿勢になることが目的です。

「見つめる」との違いは?

アイコンタクトの目的は「注目させて聞く姿勢になること」ですので、アイコンタクトの後には飼い主さんから何らかの指示またはアイコンタクトをとれたことを褒めるという結果があります。何の目的もなく「ただ見つめる」という行動は、愛犬が「なぜ見つめられているのか」の意図を理解することができず混乱してしまう原因になります。

ただ見つめるとどうなる?

くじら目になるトイプ―

1.困惑させてしまう

犬が飼い主の目を見るのは

  • 指示を聞くため
  • 要求があるアピール
  • 飼い主さんの動向をチェックするため

などが理由です。

しかし飼い主さんが目的もなくじっと愛犬を見つめてしまうと、愛犬はどうすれば良いのか分からず困惑してしまいます。

2.気まずい気持ちになる

犬は相手の目を見続けることはしません。それは目を見続けることが相手への敵意を表す行動であるためです。親しくしたい相手と目が合った時には、犬は時々目をそらして目が合い続けるのを避けます。しかし飼い主さんがじーっと見続けてしまうと、愛犬は「ケンカはしたくないんだけどなぁ」「なんか怒ってるのかなぁ…」と気まずい気持ちになってしまいます。

3.ストレスがかかる

犬はストレスを感じている時ほどアイコンタクトを取ることが難しくなります。これは犬が目を合わせないことで自身の気持ちを落ち着かせようとしているためです。たとえば動物病院の待合室で愛犬が頑なに飼い主さんの目を見ないようにするのも、愛犬が動物病院への不安感で心の余裕がなくなっているためです。

もし愛犬が飼い主さんと目を合わせないようにしている場合には

  • 信頼関係が出来上がっていない
  • 何かに不安や恐怖を感じている
  • 集中できない理由がある

などが考えられます。

その状態で飼い主さんから見つめられてしまうと、愛犬はますますストレスを受けてしまいます。

まとめ

向かい合う女性とダックス

愛犬とのコミュニケーションには「アイコンタクト」がとても重要です。しかしそれなのに「犬の目を見つめ続けてはいけない」とも言われています。これは「アイコンタクト」と「見つめること」の意味が異なるためです。

「アイコンタクト」とは、愛犬に飼い主さんの目を見てもらって「指示を聞く姿勢になってもらうこと」が目的です。そのため、犬は飼い主さんの目を見て次の行動に集中しています。一方で愛犬の目を見つめることには次の指示がなく、愛犬にとっては「で、どうすれば良いの?」と困惑しやすい状況となります。

犬は相手の目を見続けることはメンチを切ってケンカ上等を示す行動でもありますので、犬は基本的に相手の目を見つめることはしません。親しくしたい相手ならば、目をチラチラとそらすことで緊張状態にならないようにしています。

このような理由から、犬の目を「見続けること」は良くないとされています。絶対に目を合わせてはいけないというわけではなく、意図がなく見つめ続けると犬を困惑させたりストレスをかけたりする恐れがあるということです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。