犬がオテをしてくれない時の気持ち3選!どうすればしてくれるようになる?

犬がオテをしてくれない時の気持ち3選!どうすればしてくれるようになる?

イヤなものはイヤ!『犬がオテをしてくれない時の気持ち』についてまとめました。オテをしてくれない時「どうすればしてくれるようになるのか」についてもご紹介しますのでぜひご参考ください。

お気に入り登録

1.「おやつ持ってないじゃん」

座って見上げるコーギー

何か食べ物を手に持っていなければオテをしてくれないことがあります。犬のしつけを行うときや芸を教えるとき、ご褒美としておやつを利用することがありますね。おやつを利用することは決して悪いことではないのですが、おやつがなければ指示に従ってくれないということを避けるため、おやつなしでも指示に従えるようにトレーニングすると良いです。

犬にオテをさせるシチュエーションと言えば、ごはんを与えるときやおやつを与えるときが多いですよね。何か食べ物を手に持っていなければ「おやつ持ってないからしませんよ」という犬がいます。逆に、犬がオテをするときの気持ちを考えると、何か食べ物がもらえるのではないかという期待の気持ちが強く込められているのかもしれません。

2.「手に触れられたくないもん」

人の手を見ないようにする柴犬

手に触れられることが苦手でオテをしてくれないことがあります。手に触れられたくない理由は様々です。たとえば、爪を切られたり、腕に注射を打たれたりなどの経験をし、“手に触れられると嫌なことをされる”と学習してしまい、オテさえもしなくなってしまう犬がいます。

オテをすることには元々抵抗はなかったけれど、オテをしたときに手をギュッと握りしめられたことがあり、そのことが嫌でオテをすることが嫌になってしまう犬もいます。

他には、爪切りはするけれどオテは絶対にしないという犬もいます。手に触れられることは苦手だけれど、爪を切ってもらうと歩きやすくなるという理由から許すのかもしれません。

3.「今は構ってほしくないです」

目を閉じる犬の顔のアップ

構ってほしくないときはオテをしてくれないことがあります。オテというコマンドに従って手を出し出すということは、確かに飼い主さんが教えてくれたことかもしれません。

しかし、手を差し出すということは、犬が本能的に行う仕草や行動でもあります。犬が何かを要求したいとき、飼い主さんの膝や腕に手を差し出したり乗せたりすることがありますよね。

これは犬が本能的に自然に行う仕草や行動ですが、それを活かして行われるのがオテのトレーニングなんです。おやつを見せてもオテをしてくれないということは、「今はおやつは食べなくていいです」ということです。

どうすればオテをしてくれるようになる?

丸いサングラスをした白い犬

犬がオテをしてくれないとき、「おやつ持ってないじゃん」という気持ちなのであれば、おやつを見せるだけですぐにオテをしてくれます。「今は構ってほしくないです」という気持ちなのであれば、構ってほしくなったときに自分からそっと手を差し出してきてくれるはずです。

では、手に触れられることが苦手で「手に触れられたくないもん」という気持ちの犬に対してはどうでしょうか。できる対応についていくつか例をあげてみましょう。

犬の手に触れないこと、犬の手を握らないこと

手に触れられることが苦手な犬は、オテと言われて差し出した手をすぐに引っ込めることがあります。それでもOKにしてあげるのはどうでしょうか。犬が自分の手を人の手に乗せることができなくても、人が犬の手を握ることができなくても、指示に従って行動することができたわけです。

オテと言われて手を差し出すだけでも、その犬にとっては勇気のいる行為だったと思います。無理やり手に触れようとはしないんだということがわかれば、いつかそっと犬が自分の手を人の手に乗せてくれる日がくるかもしれません。

まとめ

犬の手と人の手

犬がオテをしてくれない時の気持ちを3つ考えてみました。

  • 「おやつ持ってないじゃん」
  • 「手に触れられたくないもん」
  • 「今は構ってほしくないです」

おそらく、この中のどれかに当てはまるはずです。しかし、この人にはオテをするけれど、この人には絶対にオテはしないぞ!という犬もいますので、オテをしてもらうための攻略法が難しい犬もいます。その犬の気持ちになってじっくり考えてみる必要がありそうです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。