犬が亡くなる直前、飼い主から遠ざかろうとする心理4選

犬が亡くなる直前、飼い主から遠ざかろうとする心理4選

この記事では「犬が亡くなる直前、飼い主から遠ざかろうとする心理4選」をテーマに、ワンちゃんが亡くなる前に飼い主さんから遠ざかる心理についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬が亡くなる直前、飼い主から遠ざかろうとする心理1:構わないでほしい

隠れる犬

ワンちゃんが亡くなる直前に飼い主さんから遠ざかろうとする心理として、まず紹介するのが「構わないでほしい」です。亡くなる直前は体力的にも、精神的にも辛い状況なので構ってもらえたとしても、嬉しさや幸せと感じる気持ちよりも放っておいてほしいという思いの方が大きくなる場合があります。

しかし、弱ってるワンちゃんを目の前にして放っておけるかといったら、実際に目の当たりにすると難しいかと思います。心配な気持ちからワンちゃんをあれこれと構ってしまい、その気持ちに応えることが困難なワンちゃんが放っておいてほしいという思いから飼い主さんのことを避けようとしてしまうのです。

犬が亡くなる直前、飼い主から遠ざかろうとする心理2:弱っている姿を見られたくない

ベッドで寝る犬

これは犬に限った話ではありませんが、動物の習性として、敵に弱っている自分の姿を見せることにより襲われてしまうのを避けるために、自分の弱さを相手に見せないようにします。

通常の状態だと自分の判断で安全、もしくは危険な相手かどうかを判断することが出来ますが、亡くなる直前の弱っているときにはそのような正しい判断をする余裕がない場合があります。

また、ワンちゃんは集団で行動していた動物のため、仲間であり信頼している飼い主さんに自分の弱った姿を見せたくないというプライドからこのような心理状態になっていることも考えられます。

犬が亡くなる直前、飼い主から遠ざかろうとする心理3:心配をかけたくない

見つめる犬

長い間一緒に暮らしていると様々なことをワンちゃんと経験します。多くの出来事から飼い主さんと愛犬の間には強い絆ができ、飼い主さんに対する大きな愛情も育まれているはずです。

そのような関係が出来上がったからこそ、弱っていく自分の姿を大好きな飼い主さんに見せたくなく心配をかけたくないと考えている場合もあるかもしれません。

弱っている自分の姿を見て悲しむ飼い主さんにこれ以上心配をかけたくないという思いから、飼い主さんのことを避けようとしている可能性もあります。

犬が亡くなる直前、飼い主から遠ざかろうとする心理4:襲われたくない

ソファーの上で起きる犬

ワンちゃんは警戒心の強い動物のため、元気のある時、ない時に関係なく知らない人や動物に襲われたくないという気持ちがあります。

また犬は元々野生動物として過ごしてきたという歴史があり、現代の人間と過ごしているワンちゃんにもその時代の習性が残っています。例えば、うんちをする際にくるくると回るのも、周囲に敵がいないかどうかを確かめるための習性が由来しているともいわれています。

そして、このワンちゃんが死ぬ前に隠れるという行動も野生時代の名残りの1つです。死ぬ間際というのは先ほどの通り、体力はほとんど残っておらず、敵が襲ってきても戦ったり逃げたりする気力がありません。

そこで、野生のワンちゃんたちは死ぬ間際に仲間から離れて、群れや自分自身を守るという気持ちから、静かに休める場所を探していたのです。この野生の頃の習性の名残りから、亡くなる直前に飼い主さんから遠ざかろうとするのかもしれません。

まとめ

犬の顔アップ

様々な気持ちからワンちゃんは亡くなる前に飼い主さんから遠ざかろうとします。このときのワンちゃんの行動は自分で判断したものなので、極力ワンちゃんの気持ちを尊重して、過ごしやすい環境を作ってあげると安らかに天国に行けるのではないでしょうか。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    ずいぶん前の話しです…私が子供の頃、我が家に多分虐待されていたと思われるワンコを、父が保護し飼っていた時の事…保護した時の年齢は推定2歳、我が家に来たときは声も出せず?スッカリ人間不振で、中々慣れず…声が出せるようになり、我々家族の者にようやく慣れて、でも家族以外の人間には敵対心を見せるワンコがいました。それから15~6年スッカリ年老いて歩くのもやっと…のある冬の寒い日に突然姿が消えてしまったのです。歩くのもやっとであったので、すぐに見つけられると捜しましたが…見つけられませんでした。悲しくて悲しくて…歩くのもやっとなのにどこに行ってしまったのか…不思議でなりませんでした。皆できっと亡くなる姿を見せたくなかったし、保護してくれた我々に恩返しの気持ちがあったのかなぁって…きっと虹の橋に?あの時は虹の橋?の存在を知らなかったので、天国に行って?私たちを見守っていると話してました。今までに何匹か犬を飼ってはお別れをしてきましたが、姿を消したワンコはあの子だけです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 シル

    家の子は、夜中に亡くなったんですけど
    一緒に寝てて、ハウハウ言って、起こしてくれて家族で、見送る事ができた?
    13歳ワン?
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。