犬が『関わりたくない人』に見せる態度4選!こんな仕草をされるときは嫌われているかも…?

犬が『関わりたくない人』に見せる態度4選!こんな仕草をされるときは嫌われているかも…?

犬は言葉が話せないかわりに態度でそのときの感情を相手に伝えることがあります。犬が今回ご紹介する4つの態度を行ったときは「私に関わらないで」とあなたを遠ざけようとしている可能性があるといえるでしょう。

お気に入り登録

1.目を合わさない

目線を合わせないコーギー

人間と同じように犬は様々な感情をもっています。ときには相手に対して「関わりたくないなぁ~」と感じることもあるそうですよ。では『関わりたくない人』がいるとき、犬はどのような仕草や行動を行うことが多いのでしょうか。

私たち人間は目の前に関わりたくない人がいると、なるべく関わらないようにするためにその人と『目を合わせない』ことがありますよね?面白いことに犬も関わりたくないと思っているときは相手と目を合わさないことがよくあるのだそうですよ。

もしあなたが犬と目を合わそうとしたときに何度も目を逸らされたりプイっ!と顔を逸らされた場合は、「なるべくこの人に関わりたくないなぁ……」と思われている可能性があるといえるでしょう。

2.無視する

伏せをする犬

愛犬や他の犬に話しかけると、聞こえているはずなのに何故か無視されてしまう。そういったときは「関わらない方がよさそう……」と思いながらあなたを無視をしている可能性があります。

例えば、犬は一度乱暴な手つきで可愛がられると「この人と関わりたくない」と感じることがよくあります。そして次からは乱暴に扱った人に呼ばれると「あの人の所に行っても良いことないから知らんぷり~」と、無視をすることが多かったりします。

また、信頼関係を築けていたとしても犬はそのときの気分で無視をすることがあります。実際に、いつもなら名前を呼ぶとすぐ愛犬が来るのになぜか呼んでも全然来てくれない。といった経験を一度はしたことがある飼い主はたくさんいることでしょう。

愛犬を呼んでも無反応なときは「今はひとりでのんびりしたい」と感じている可能性が高いといえますので、嫌われないようにそっとしておいてあげることをおススメします。ただ、半日以上反応が薄いときは体調不良や病気を発症していることも考えられますので、少しでも心配になった場合は病院に連れて行ってあげてくださいね。

3.近づくと別の場所に移動する

室内を歩く犬

犬を可愛がろうと思って近づくと、なぜかトコトコ歩いて別の場所に行ってしまった。そんな経験はありませんか?もし心当たりがあるのでしたら「私に関わらないで」と思われていたり、「今は放っておいて」とアピールされている可能性があります。

なぜ犬は『関わりたくない』と感じているときにこういった行動をするのかといいますと……、ズバリ!私たち人間と同じ理由だといえます。私たち人間は、苦手な人が近づいてくるとなるべく関わらないように距離を置くことがありますよね。また、「できるだけ近くにいたくない」そう思うこともあることでしょう。犬も同じなのです。

苦手な人や関わりたくない人の近くにいると自然と緊張や警戒してしまいやすく、嫌なことをされないよう少しでも距離を置きたいと感じることが多いそうです。

また、信頼関係が築けていてる愛犬に近づくと別の場所に行かれてしまった。といった場合は無視されたときと同様に、「今はひとりにさせて」と愛犬が思っていることが多いのでそっとしておいてあげることをおススメします。ちなみに構いすぎて「う、うっとうしい……」と愛犬に思われ離れられてしまうケースも少なからずあったりします。

どちらにせよ愛犬に離れられたときは無理に構ってしまうと嫌われてしまう可能性が高いのでなるべくそっとしておくのが良いと思いますよ。

4.唸る・歯をむき出しにする

唸る犬

犬が頑なに「この人とは少しでも関わりたくない!」と感じているときは、相手に対して『唸る』『歯をむき出しする』などの攻撃的な仕草を見せることが多いといえます。なぜこのような仕草を行うのかといいますと……、ご想像の通り関わりたくない人に近づかれたくないと思っているのでしょう。

犬が歯をむき出ししながら唸っているときは相手に対して『最終警告』を行っているといえます。そんな犬の警告を無視して近づくとほぼ確実に本気の力で噛まれてしまいますので近づかないように気をつけてくださいね。

もし、あなたが犬に近づいた時に唸られたり歯をむき出しにされたりした場合は、距離をおきながら少しずつ信頼関係を築いていく必要があるといえるでしょう。

まとめ

見つめるトイプー

今回は犬が関わりたくない人に見せる態度を4つご紹介しました。犬が「関わりたくない」と思ったときは人間と同じような態度を行うってなんだか面白いですよね。知り合いの犬に冷たい態度をとられてしまった場合は、あなたのある部分を苦手だと感じている可能性がありますので、接し方を見直してみることをおススメします。

また、愛犬に遠ざかられたり無視をされたときは少し落ち込んでしまうと思いますが、愛犬にもひとりになりたいときはあるでしょうから、そういったときは距離を置きながら優しく見守ってあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。