犬から絶対に尊敬されない人がしているNG行為3選

犬から絶対に尊敬されない人がしているNG行為3選

ひと昔前は「犬を服従させる」というしつけ方法が一般的でしたが、現在では「信頼される飼い主になる」という意識に変わってきています。愛犬に信頼してもらうにはまず飼い主が愛犬を認めて敬い、犬にもまた尊敬してもらえるような態度をすることを意識してみましょう。今回は【愛犬に尊敬されなくなる行動】についてまとめてみました。

1.恐怖を与えて叱る

椅子の下にいる悲しそうな犬

「褒める」は「認めてあげる」こと

ひと昔前は「恐怖」によって犬の問題行動を制御しようとしていました。しかし、現在のしつけ方法は「叱ること」よりも「褒めること」に重点を置いたものが増えてきています。

「褒める」というのは甘やかすこととは違い、愛犬の良い行いを「認めてあげること」です。間違った行いを叱るだけでは、犬は何が正解なのかが分かりません。愛犬の成功をしっかりと認めてあげることで、犬は「飼い主さんはちゃんと見ていてくれる」という満足感を得られます。

どうしても良いことより悪いことに気が付きやすいので、叱るばかりで褒めてあげないことが多くあります。愛犬がただ落ち着いて静かに座っていることも「褒めるべき良いこと」です。

「恐怖」がなくても犬にはちゃんと伝わる

もちろん、愛犬が間違った行いをした時には「叱る」ことも必要です。ここで重要なのは、「叱る」は「伝える」であるということです。

大きな音を出したり暴力をふるうといった恐怖によるしつけでは、犬は「怖い」という気持ちばかり抱いてしまい、冷静に「してはいけないこと」を学習することができません。ましてや、飼い主さんのことを「怖いことをする人」と思ってしまう恐れもあります。

犬は人間の表情や声色、その場の雰囲気を読み取ることができる動物です。毅然とした態度で、普段よりも低い声で「ダメ」「ノー」と言えば、愛犬には十分伝わります。犬に尊敬されようとするまえに、まずは飼い主さんが「愛犬は理解することができる」と信じてあげることが大切です。

2.ワガママに従う

おやつを持つ手とトイプ

飼い主さんの対応が問題行動の原因になることも

愛犬の「おねだり」をいつでも叶えてしまうと、愛犬のワガママ度が増してしまう恐れがあります。犬は言葉を話せないので、態度によって飼い主さんに意思表示をします。そのため、おやつが欲しい時や散歩に行きたい時などには、大きな動作で一生懸命アピールすることもあります。

その大げさな動作をした後におやつがもらえるという経験を繰り返すと、もしおやつがもらえなかった時には「もっと派手にジャンプしたり吠えないと気が付かないのかな?」と勘違いを起こしやすいです。そうするとどんどん動作が激しくなり、おやつがもらえるまで飼い主さんにアピールし続けるようになってしまいます。

愛犬の行動を律するため毅然とした態度で接しよう

現在では、飼い主と犬との良好な関係は「服従」というような強い上下関係ではないとされています。しかし、飼い主は愛犬の情緒や行動を律してあげる必要があります。

それは、万が一にも他人や他の犬に危害を加えないようにするためです。愛犬がワガママな態度をとった時にも毅然とした態度で向き合うようにして、愛犬に「この人の指示はちゃんと聞きたい」と思ってもらうことが重要です。

3.落ち着きがない

くじら目で見つめる犬

犬は他者の能力を評価することはないでしょう。そのため、犬にとって「尊敬」とは「安心感」「信頼感」に近いのではないかと考えます。

犬はびっくりすることや緊張することなど「危険を感じること」が苦手なので、そわそわと落ち着きがない人が苦手であることが多いです。また、犬は人の表情や態度、その場の雰囲気を読み取ることができるので、飼い主さんが不安や焦りを感じていることも愛犬には伝わりやすく、共に不安になってしまうことがあります。

  • 急に大きな声でリアクションを取る
  • 動きがせわしない
  • 慌てた行動をとる

このような態度だと、愛犬は不安を感じやすくなります。
ゆったりと落ち着いた態度を心がけると、愛犬は飼い主さんに安心感や信頼感を感じやすくなります。

まとめ

犬と握手する男性

「尊敬」と聞くと「こんなことができてすごい!」「自分よりも優れている人だ!」というような、自分よりも相手の方が上というイメージがありますよね。

しかし、犬と人間は上下関係や服従関係で結ばれるわけではありません。飼い主さんが愛犬の良いところを認め、愛犬も飼い主さんを信頼することで、お互いが良好な関係を築くことができます。

良好な関係性が築けたら、愛犬は飼い主さんの指示を一生懸命聞こうとするでしょう。なぜなら、正しい行動が取れた時にはしっかり褒めて自分を認めてくれると信じられるからです。愛犬と飼い主さんがお互いに認め合える関係がステキですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。