犬が飼い主に対して怯えている時の仕草や行動5選!こんな時、どう対応するのがいいの?

犬が飼い主に対して怯えている時の仕草や行動5選!こんな時、どう対応するのがいいの?

犬を厳しく叱ったり叩いたりすると、犬は飼い主に対して怯えるようになってしまいます。犬が飼い主に怯えているときはどのような仕草や行動を行いやすいのでしょうか。怯えたときに見せる仕草や行動をしたときの対応についてお伝えします。

お気に入り登録

1.耳を後ろ向きに倒しながら困ったような表情をする

耳を倒している犬

犬は言葉が話せない代わりに仕草や行動で自分の気持ちを周りに伝えてくれる生き物となります。例えば、犬が怯えているときは耳を後ろ向きにしながら耳を倒すことがよくあります。

そして、同時に困った表情をしていたり不安そうな表情をしていることが多いので、すぐに「怖がっている」と感じとることができることでしょう。もしあなたが厳しく叱っているときに愛犬が不安そうな顔をしながら耳を後ろ向きにしているのでしたら、あなたに対して怯えている可能性が高いといえそうですね。

ちなみに犬はリラックスしているときにも耳を後ろ向きに倒すことがあります。リラックスしているときはリラックスして緊張がほぐれているからなのか優しい表情になっていることが多いといえますよ。

2.しっぽが下がる・股の間にしっぽを巻き込む

緊張しながらしっぽを下げるチワワ

犬は不安や緊張、恐怖を感じるとしっぽが下がってしまいます。さらにすごく恐怖や不安を感じた場合は股の間にしっぽを巻き込んでしまうことも珍しくありません。あなたに叱られたときや、雷などの犬が恐怖を感じやすい音を聞いたときしっぽが下がっている。そういった愛犬の姿を見たことがある飼い主は数多くいることと思います。

ただ、このしっぽが下がっている状態、怯えているときだけでなく犬が落ち着いているときにもよく行っていたりします。ですので、尻尾は下がっているけれど愛犬の様子はいたって普通、といった場合は気にする必要はあまりないといえるでしょう。

3.体が震える

複雑な表情で見つめる犬

犬はとても怯えてしまうと体が固まったようにジッとしながらブルブルと小刻みに震えてしまうことがあります。飼い主の行動に対して犬が体を震わせてしまうときは、飼い主に対してすごく怯えている可能性が高いといえるでしょう。また、同時に信頼関係が崩れてしまっていることも少なからず考えられます。

もし愛犬があなたに対して体を震わせることがあるのでしたら苦痛を与えていないか。自分自身の行動を見直してみる必要があるといえるでしょう。

4.後ずさるような姿勢になる

体を低くする犬

犬が怖がっているときは後ずさるような姿勢になることもよくあります。具体的には頭を低くしながら腰が後ろに引けた状態となります。

おそらく恐怖心を抱くことで様子を見ながら恐怖の対象から少しでも離れようとしているのでしょうね。愛犬が怯えながら後ずさりするような姿勢をした場合はそれ以上近づくと防衛本能によって愛犬が攻撃的になる可能性がありますので、刺激しないように一旦距離を置いて安心させてあげることをおススメします。

5.唸る・歯をむき出しにする

怯えながら唸る犬

犬が強く怯えてしまうと『唸る』『歯をむき出しにする』といった攻撃的な仕草を行うようになることが少なくありません。『いつも厳しく叱る』『しつけのために叩く』といった行動を行っていると、たとえ飼い主だとしても犬は自己防衛のために歯をむき出しにしながら『これ以上近づかないで!』と威嚇してくることが多いといえます。

犬が飼い主に対して自己防衛をしてくるときは『恐怖』や『怯え』などのネガティブな感情が極限まで溜まっている状態となり、同時に信頼関係も崩れてしまっている可能性が高いといえますので、今すぐ愛犬にとって苦痛だと感じる行為をやめる必要があるといえるでしょう。

犬が怯えるときはどういった対処法をすればいい?

見つめる犬

犬が怯える行動をしないようにする

あなたに対して愛犬が怯えた仕草や行動を見せるのでしたら、あなた自身が愛犬に苦痛を与える行動を行っている可能性がありますので、まず自分の普段行っている行動を見直してみましょう。

たとえば……、

  • 愛犬をビックリさせている
  • 大声で話しかけている
  • 加減せずにガシガシ触っている
  • しつこく可愛がっている
  • 厳しく叱っている
  • 叩いている

といった行動に心当たりがあるのでしたら、愛犬はあなたのこのような行動に対して怖がっている可能性がありますので改善する必要があります。少しずつ愛犬が苦手に感じる行動をなくすことで徐々にあなたに対して怯えないようになると思いますよ。

少しずつ信頼関係を築く

犬が飼い主に対して怯えるようになったときは、少なからず信頼関係が崩れてしまっていることが考えられます。信頼関係が崩れているときは愛犬が怯えてしまう行動をしないようにしてもすぐに仲の良い関係に戻るのは難しいといえますので、根気よく時間をかけて信頼関係を築き直すことが大切といえるでしょう。

はじめは近すぎない距離感で接してなるべく安心させてあげることをおススメします。ちなみに「すぐ信頼関係を取り戻したい!」そう思って無理やりたくさん可愛がろうとすると、かえって怯えさせてしまったりストレスを溜め込ませてしまう可能性があります。

最悪の場合、愛犬が自己防衛のためにあなたを噛むことも考えられますので、あくまでゆっくり時間をかけて信頼を築いていくことをおススメします。

まとめ

幸せそうな犬

今回は犬が飼い主に対してみせる『怯えているときの仕草・行動』についてお伝えしました。本来一番大切な存在の飼い主に対して犬が怯えた姿を見せるときは、ほとんどの場合飼い主が犬に対して嫌なことをしていることが多いといえます。

ですので、あなたが愛犬に怖がられることがあるのでしたら、自分自身の行動を見つめ直して怯える原因をなくすことが大切といえるでしょう。

また、今回ご紹介した怯えたときの仕草や行動は犬が病気になっているときにも行うことがあります。もし、いつも元気な愛犬が珍しくしっぽを下げている。体が震えている。近づくと唸る。といった場合は念のため病院に連れて行ってあげることをおススメします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。