犬が散歩中に寝転んでしまう理由5選!歩いてもらうためにするべき対策まで

犬が散歩中に寝転んでしまう理由5選!歩いてもらうためにするべき対策まで

愛犬の散歩をしていると、なぜか道端に寝転んでしまう…と悩んでいる方はいませんか。意外とよく聞くこのお悩みですが、犬はなぜ散歩中に寝転んでしまうのでしょうか。その理由と対策を解説します!

お気に入り登録

犬が散歩中に寝転んでしまう…なぜ?

芝生の上に寝転ぶ犬

楽しそうに散歩していたはずなのに、なぜか突然立ち止まり、その場に寝転んでしまう愛犬…。飼い主としては理由もわからず、他の人に見られて恥ずかしいやら、戸惑ってしまいますよね。犬はなぜ散歩中に寝転んでしまうのでしょうか。

1.歩きたくないから

まずは単純に歩きたくないからという理由が挙げられます。元々散歩が好きではない犬や運動が嫌いな犬の場合、散歩自体を楽しんでいない可能性が高いです。

他の犬は「散歩楽しい!」「もっと歩きたい!」という意欲を見せる子が多いですが、中には「あまり外に行きたくない」「動きたくない」「もうこれだけ歩いたからいいでしょう」と思っている犬もいます。

こればかりは性格的な要素が強いので、仕方がないのですが、適度な距離、散歩しなければ肥満になってしまう恐れがあるので、できるだけ頑張って歩かせるようにしましょう。

2.疲れたから

小型犬など、元々体力のない犬種の場合、他の犬種に比べて早くに疲労が見えることがあります。

また、暑い日は体力を消耗しやすいので、バテてしまう犬も多いです。すると、涼しい木陰などに差し掛かった際、ゴロンと散歩途中であっても寝転んでしまうことも。

疲れていそうな表情を見せていたり、パンティングの回数が多い場合は、疲れていたり、体温が急上昇しているサインです。その場でしばらく休ませてあげるか、家路につきましょう。

3.そっちの道に行きたくないから

踏ん張る犬と引っ張る男の子

これから行こうとしている道に行きたくないというアピールのため、道に寝転んで抗議する犬もいます。

行きたくない理由はさまざまですが、以前怖い思いをしたというトラウマを持つ子や、単純に今日はそっちの道に行く気分じゃないということもあります。他にも他のルートに興味を持っていることも理由として考えられます。

散歩が嫌いになってしまっては元も子もないので、嫌がっているようであれば、無理にその道には行かず、他のルートで散歩を楽しむのも良いでしょう。しかし、散歩の主導権は、しっかり飼い主が握ってくださいね。

4.まだ帰りたくないから

散歩から帰っていると、途中で「これは家に帰る経路だ」と気付く犬も多いです。すると、「まだ散歩したい!」と帰りたくないアピールとして、地面に寝転ぶ犬もいます。

飼い主に余裕がある場合は、そのまま散歩しても良いですが、暑い夏場など熱中症の危険性がある場合は、連れて帰る必要があります。

また、何度も何度も帰りたくないアピールをする場合は、キリがありません。何度も要求に応えてしまうと、いつまでもわがままを聞いてもらえると勘違いしてしまうので、強制的に帰宅するのも1つの手段です。

5.抱っこしてほしいと甘えている

散歩中に抱っこされるトイプー

一度、愛犬が歩きたくない素振りを見せたとき、抱っこしたことはありませんか。すると、散歩中に抱っこしてもらう喜びを覚えてしまう、次から抱っこをせがむ犬もいます。

抱っこしてほしいというアピールの1つとして、「疲れた」と仮病のようにアピールをし、抱っこしてもらうという悪い知恵を使う犬もいるのです。侮れませんね。

しかし、ここで抱っこに応じてしまうと、その後も抱っこしてくれると何度も要求され、散歩になりません。甘えによる抱っこ要求には応じず、きちんと自分の足で歩かせるようにしましょう。

犬が散歩中に寝転んでしまう…対策は?

動かない柴犬

犬が散歩中に寝転んでしまった場合、飼い主はどのように対処すべきなのでしょうか。

まずは疲れていたり、怪我をしていないかチェックしてみましょう。パンティング回数が多かったり、肉球を火傷していたりする場合は、そのまま家に連れて帰ってください。この場合は、抱っこしても問題ありません。

次に、違うルートに行きたいとアピールしている場合です。この場合は、飼い主が違う方向を向くと、途端にスクッと立ち上がる犬が多いです。

もしも違うルートで探索意欲が湧いているようであれば、そちらを散歩してみると気分転換になったり脳に刺激を与えられるので、積極的に進みましょう。

まだ帰りたくないという理由で寝転んでいる場合は、毎回、決まった時間で家に帰るとごはんが待っているなど、愛犬が喜ぶ『ご褒美』を用意しておくのも1つの手段です。そうすることで、徐々に習慣化していきます。

まとめ

散歩する犬と女性

いかがでしたでしょうか。犬が散歩中に寝転んでしまう理由はさまざまですが、それぞれに合った対策を行う必要があります。甘えによる散歩拒否はわがままに当たりますので、要求に応じず、飼い主が根気よく歩くのを待ちましょう。どうしても歩かない場合は、おやつやおもちゃを見せながら歩かせるというのも1つの手段です。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。