犬が『眠たい時』によくする仕草や行動5選

犬が『眠たい時』によくする仕草や行動5選

人間にとっても犬にとっても、睡眠はとても大切です。愛犬が眠いとき、飼い主はゆっくり休めるよう、静かにしたり、そっと離れた場所から見守ってあげる必要があります。今回は犬が眠たい時によくする仕草や行動を紹介するので、参考にしてくださいね。

お気に入り登録

犬が眠たい時によくする仕草や行動

あくびをする犬

愛犬が眠いと意思表示をしているのを見かけたら、飼い主として愛犬が眠りやすいよう、テレビの音量を下げたり、邪魔をしないようそっと遠くから見守るなど、環境を整えてあげたいですよね。

ここでは、犬が眠たい時によくする仕草や行動を紹介するので、このような仕草や行動が見られた際は、愛犬が眠りやすいような環境作りを心掛けてください。

1.口をクチャクチャと動かす

舌を出すブルドッグ

ごはんを食べた後や散歩から帰った後など、犬が眠たくなりやすいタイミングです。そんな時、愛犬が何も口に入っていないのに、口をもごもごと動かしていたり、クチャクチャと音を立てながら動かしていることはありませんか。

これは1つの眠たいサインです。「もう満足だよ。そろそろ眠たいな」という時に見せることが多いです。

これは子犬時代の名残だと言われていて、母犬の母乳を飲んだ後、粘性の高い母乳が口内に残り、それを払拭しようと口を掃除していた頃の習慣が、成犬になったあとでも残っていると考えられています。

2.深いため息をつく

ごはんを食べた後など、「ふぅーっ」と深いため息をつく姿を見たことはありませんか。一見、「何か不満でもあるの?」と不安になってしまいますよね。

実は深いため息も犬にとってはポジティブな意味があり、満足感を表しています。「もうお腹いっぱい!」「散歩楽しかったなぁ」「たくさん遊んだなぁ」という時に深いため息をつきます。

このように満足な気持ちで満たされることで、犬は眠たくなることが多いので、深いため息をつき満足感に浸っている時は、眠たい時であることも多いです。

3.飼い主にすり寄ってくる

女性の隣で眠ろうとする犬

飼い主にすり寄り、そのままズルズルッと体を預けるようにして体を床に伏せる(つける)ことはありませんか。これも眠たい時に見せる行動です。

信頼している飼い主に体を密着させることで、飼い主の体温や匂いを感じる事ができるので、安心して眠ることができると考えているのです。飼い主としては嬉しいですよね。

飼い主に体を密着させたら、眠る体勢に入り、そのまま夢の中に入ってしまう犬も多いです。自由に部屋の中を歩き回らせているご家庭では、見かけることも多いのではないでしょうか。

4.まぶたが重そうな表情を見せる

眠そうなチワワ

トローンとした目をしたり、まぶたが重そうにウトウトし始めたら、わかりやすく眠たいというサインです。人間も眠いときにはまぶたが重い感覚を味わうと思いますが、犬も同じような感覚に陥ります。

ジッと座ったり伏せたりした状態で、しばらく動いていないなと感じたら、そっと少し離れた場所から愛犬の表情を覗ってみてください。目を閉じそうな程、薄目を開けて眠そうな表情をしているかもしれません。

5.寝床付近でぐるぐると回る

愛犬専用のベッドや、いつも愛犬が眠っているケージなど、普段寝床として愛犬が使っている場所でぐるぐると回る姿を見かけることはありませんか。

これは、犬ならではの習性です。ぐるぐると回ったり、後ろ足で地面を蹴ったりすることで、寝床がより眠りやすいように環境を整えているのです。

また、野生で暮らしていた頃は、いつ敵が襲撃してくるかわかりません。そのため、眠る前にぐるぐると回り、周辺に敵がいないかどうかを確認してから眠っていたとも考えられています。

まとめ

床で眠る犬

いかがでしたでしょうか。うちの子もよくこの行動してる!というような仕草や行動が1つはあったのではないでしょうか。このような仕草や行動を見かけたら、眠いサインです。室内を静かにし、照明を暗くするなど、愛犬にとって良い環境を整えてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。