犬が本気で噛んでくる前に見せる仕草や行動4選

犬が本気で噛んでくる前に見せる仕草や行動4選

お互いの身を守るために知っておきたい『犬が本気で噛んでくる前に見せる仕草や行動』についてまとめました。犬がいきなり本気で噛みつくことはありませんが、安易に行動すると、ケガを負うほど噛みつかれてしまうことがあります。ご注意ください。

お気に入り登録

こんな仕草や行動が見られたら要注意!

牙で威嚇するシェルティー

犬が本気で噛むとき、いきなり噛みついたりはしません。犬同士であっても、相手が人であっても同じです。もし、犬に噛みつかれたことがあるのであれば、噛みつく前にサインを出していたはずです。

「これ以上、近づいてこないで!」とか、「背中は触らないで!」など、嫌だよというサインを必ず出します。そのサインを無視してしまったことで、噛みつかれてしまうのです。よほど嫌だったとき、不安や恐怖を感じたとき、危険だと判断したときには、本気で噛みついてくることがあるので要注意です。

では、どのようなサインを出しているのか、仕草や行動から読み取ってみましょう。

1.唸り声をあげて威嚇する

犬は、怒っているときにも、喜んでいるときにも、唸り声をあげます。明らかな違いは、表情や仕草や行動でわかります。遊びに夢中になり、楽しくて、嬉しくて唸り声をあげるときは、犬の表情が明るく、嬉しそうに飛び回ったりします。

一方で、本気で噛む前触れである唸り声は、トーンが低く、犬の表情が怒って見えます。耳を横や後ろに倒したり、尻尾を下げたり、体勢を低くしていることもあります。その唸り声を無視すると、本気で噛みつかれてしまいます。それ以上は近づかないようにしましょう。

2.噛みつくフリをする

犬は、いきなり噛みついたりしません。しかし、噛むつくフリをし、威嚇してくることがあります。「それ以上、近づくと本気で噛みつくぞ!」と、脅しているのです。

この行動に対して、自分のことをからかって遊んでいるのではないか、と勘違いしてしまう人がいます。遊びの誘いだと勘違いし、犬をからかうような行動を取ってしまうと、本気で噛みつかれてしまいます。犬が嫌がっているときは、からかって遊ばないようにしましょう。

3.身動きせずジッと見つめてくる

黒柴の顔のアップ

犬が身動きせず、相手の目をジッと見つめているときは、すでに攻撃の体勢に入っているときです。相手の動きに注意しつつ、いつ攻撃をしようかと身を構えているのです。

そんなときは、犬の目を見つめないようにしましょう。目を見つめながら声をかけてしまったり、手を差し出そうとすると、本気で噛みつかれてしまいます。スッと目をそらしてしまって良いです。そうすれば、「何もしないよ」「攻撃しないよ」というサインになります。目をそらしたあと、犬が立ち去るのを待つか、自分から立ち去るようにしましょう。

4.耳と尻尾を下げ、体勢を低くする

不安や恐怖を感じているとき、耳と尻尾を下げ、体勢を低くすることがあります。表情は、怯えているような、不安そうな、悲しげな様子かもしれません。

しかし、安易に近づこうとしたり、撫でようとしてはいけません。不安や恐怖の気持ちを表現しているのですから、何か行動してしまうと、さらにその気持ちを強めてしまいます。

そうすると、その不安や恐怖を与える原因である人に対して、本気で噛みつくことがあります。何もしていなくても、見知らぬ相手を見るだけで、不安や恐怖に駆られてしまう犬もいるのです。

まとめ

吠えて威嚇する白黒の犬

犬が本気で噛んでくる前に見せる仕草や行動には、

  • 唸り声をあげて威嚇する
  • 身動きせずジッと見つめてくる
  • 身動きせずジッと見つめてくる
  • 耳と尻尾を下げ、体勢を低くする

などがあり、決して見逃してはいけないサインです。噛みつくかもしれない仕草や行動が見られたときは、犬には近づこうとせず、すぐにその場を離れてください。むやみに声をかけてもいけません。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    とても稀ですが、何のサインも出さずに突然咬みつく犬もいます。
    ですから、前ぶれもなく突然咬む犬はいない、と決めつける書き方は危険です。
    うちの子は踏切待ちでお座りをしていたところ、後ろから来た犬に、いきなり背後から咬みつかれました。
    激怒症候群とか、そんな病気だそうです。
    普通は咬みつく前にサインを出すけれど、そうではないケースもある、という書き方をしないと。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。