犬の『甘噛み』はやめさせるべき?そのまま放置するとどうなるの?

犬の『甘噛み』はやめさせるべき?そのまま放置するとどうなるの?

愛犬の甘噛みは可愛いのでつい許してしまう、という飼い主さんは多いのでは?しかし放置しない方がいい理由があります。ここでは、犬が甘噛みをする心理から放置してはいけない理由、対処法までくまなくご紹介します。

お気に入り登録

犬が甘噛みする心理とは?

オモチャを噛んで遊ぶフレンチブルドッグ

子犬の頃に多く見られる犬の甘噛みは、甘えているしぐさにキュン!としますよね。でも、その甘噛みは放置しない方がいいようです。犬の甘噛みをやめさせるべき理由を知る前に、なぜ犬が甘噛みするのか、その心理を知りましょう。

歯が生えてきて痒い

犬も人間の子供のように歯が生え変わる時期は、口の中がムズムズします。乳歯から永久歯に生え変わるまでは甘噛み行動が続きます。

じゃれている

犬は飼い主さんに甘えたい、遊んでほしい!というときにガブガブと甘噛みをすることがあります。甘噛みをすれば遊んでもらえる、と思っている犬もいます。

犬は噛む習性を持つので、暇だから噛んでいることも多いです。子犬の頃に親兄弟と育つと、じゃれあいながら痛みを知ることができます。人間に甘噛みをするのも、犬にとっては遊びの一貫なんです。

ストレスが溜まっている

飼い主さんが遊んでくれない、長い時間留守番させられた!などのストレスを、甘噛みにぶつけてくるパターンもあります。怒っている態度でガブガブ噛みつくのが特徴です。

放置はNG!犬の甘噛みをやめさせるべき理由2つ

骨の形のおやつを咥えている犬

犬が甘噛みする行動は早めにやめさせましょう。その理由は、甘噛みを放置すると危険だからです。ここでは、犬の甘噛みをやめさせるべき理由2つについて解説いたします。

噛み癖が治らなくなる

犬の甘噛みを放置すると噛み癖がついてしまいます。子犬の頃は可愛いかもしれませんが、成犬になると大変危険です。

犬が一度でも「噛んだら遊んでくれる」と思い込んでしまうと、噛んではいけないことが理解できなくなります。噛み癖を治すまで時間がかかってしまうので、やはり甘噛みを見過ごすわけにはいきません。

噛む力がエスカレートする

子犬の頃の甘噛みは力こそ強くありませんが、あっという間に本気で噛むようになります。甘噛みは子犬のうちから許さずに、早めに対処しなければなりません。誰にでも噛みついてしまう犬に育てないためにも、犬の甘噛みは早めに解決させましょう。

犬の甘噛みへの対処法

ぬいぐるみを噛んでいるパグ

愛犬に噛み癖をつけないために、子犬の頃から対処をしていきましょう。すでに噛み癖がついてしまった場合も、ここでご紹介する対処法を行ってみてください。

痛い!と叱って中断させる

まず甘噛みされたら、すぐに中断させましょう。噛まれたらすぐに「痛い!」とひと言大きな声で反応をして制止させます。犬に「構ってくれる」と誤解させるような態度を見せず、毅然とした態度を示すことが重要です。

無視する

次に有効な対処として「無視する」があります。犬には、「甘噛みをしても良いことは起きない」ことを教えていきましょう。じゃれついてきてもスルーをします。しつこい場合は、その場から立ち去ってもいいでしょう。

「ちょうだい」をしつける

甘噛みをやめさせるとともに、「ちょうだい」のしつけも教えていきます。物をくわえたらおやつを見せて「ちょうだい」に従わせ、口を離すトレーニングを行います。できたらたっぷり褒めてくださいね。

しつけトレーニングには犬用のおもちゃを使い、噛んでいい物といけない物の区別をつけさせていきましょう。遊びの一環として続けていくことで、「噛むのをやめるといいことがある」と犬は覚えていきます。

まとめ

飼い主の指を噛んでいる子犬

犬の甘噛み行動は、やはり放置してはいけません。「噛んでもいいんだ」と覚えてしまい、思い切り噛みついてしまう犬に育ってしまいます。

子犬の頃から、甘噛みへの対処は一環して行うことが大切です。噛み癖がつかないように、「噛むのはダメ」という態度で望みましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    仔犬の甘噛みも、個体差があるみたいですね。生後二カ月でうちに来たうちのワンコは、初めて甘噛みしてきた時に黙ってサークルに入れて10分ほど無視しただけなのに、その後は私に軽く歯があたるだけで、ヤバイ!って顔してごめんなさいしてきます。手をあげることは勿論、声を荒げて叱ったことも一度もないのに(むしろ、甘やかし過ぎていると周りに言われるぐらいなのに)、そんなに私が怖いなんて…と複雑な気持ちになり、あんなに小さい仔に厳しくし過ぎてしまったかも…と反省しています。一度「怖い人」と認識すると、その後どんなに溺愛して甘やかしても関係性は変わらないようなので、甘やかし過ぎても問題行動を一切起こさないほど頭の良い子には、一般的な躾とは違うアプローチをとるべきだったなあ、と遅まきながらつくづく感じています。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。