犬にも『反抗期』がある?!よくする4つの行動と適切な対処法

犬にも『反抗期』がある?!よくする4つの行動と適切な対処法

犬の成長過程で通過するであろう「反抗期」。新しい情報をどんどん吸収していく時期でもあることから、「社会化期」とも呼ばれます。この記事では、実際に見られる行動や対処法について、お伝えしていきます。

お気に入り登録

あれ、これって反抗期?犬の行動に着目!

リードを噛む犬

1. 噛む

反抗期で一番分かりやすいのが「噛む」行動です。愛くるしい容姿からは想像もつかない豹変ぶりに、初めて見る方は驚くかもしれません。

筆者も自分の飼い犬にとても悩まされました…。甘噛みレベルではなく、生傷が絶えないくらい噛まれ続けていたのです。同居の家族に対しては全く噛むことがなかったため、相手を選んでいる節はあるようです。

2. 飼い主の指示を聞かない

しつけやコミュニケーションにより、主従関係が構築されていたはずなのに、突然飼い主の指示を無視するパターンです。いわゆる「イヤイヤ期」にあたります。敢えて飼い主を困らせて、自分が上位に立とうとするのです。

《具体例》

  • 「おすわり」「お手」などのコマンドを出しても従わない。
  • 特定のものに固執し、取り上げようとすると噛み付いてくる。
  • リードを付けようとすると嫌がる。

3. マーキング

室内のトイレ以外の場所である「カーペット」や「ソファ」「ベッド」などにマーキングをするようになります。トイレの仕方を忘れている訳ではなく、自我が芽生えることが起因しています。

《マーキングする理由》

  • 縄張りを主張しているから
  • 飼い主の注目を浴びたいから

粗相をされてしまった場所の掃除・洗濯は大変ですが、犬が成長した証ではあるので、嬉しい変化だと言えるでしょう。

4. ドッグフードを食べない

生まれてしばらくは、ドッグフードの味しか知りません。徐々に社会性が身に付いていくにつれ、フードのトッピングやおやつなど、もっと美味しい食べ物が存在することを理解していきます。そのため、ドッグフード以外の食べ物を貰おうと、要求の意思表示としてドッグフードを食べなくなるのです。

反抗期はみんな来る?

喧嘩をする2匹の犬

性別・犬種問わず訪れる

個体差があるため、必ず訪れると断言はできませんが、小型犬から大型犬まで、どの犬でも反抗期は訪れる可能性があります。性別や飼育環境により、反抗期の時期は多少変わってくるようです。

生涯におよそ1〜3回

できれば反抗期は来ないで欲しい…という想いは飼い主ならみんな同じ気持ちでしょう。しかし、回数が多い犬だと、なんと生涯に3回も反抗期がやってきます。

《反抗期の目安時期》

  • 第1期:0〜1歳頃
  • 第2期:1歳半前後
  • 第3期:2〜3歳頃

犬の反抗期に対する対処法

リードを引っ張る犬

過剰に反応しない

わがままを聞き入れるということは、犬の要求を全て受け入れたとみなされます。また、驚くような反応を見せると、飼い主の反応を面白がって行動がエスカレートする傾向にあります。出来るだけ普段通りの対応で接してあげて下さい。

犬の怒り出すきっかけを見つける

犬が飼い主に危害を与える際は、何かきっかけがあるはずです。不機嫌になって攻撃的になるときは、痛みや驚き、拒否といった気持ちが発端だったりします。何をしたらそのような態度に発展したのか、原因を突き止めましょう。

まとめ

手にあごを乗せる犬

犬が言うことを聞かないからといって、暴力をふるうことは絶対にやめましょう。恐怖心を植え付けると共に、一瞬で信頼関係が崩れ去ります。

反抗期中は、愛犬への接し方で悩むこともあるかもしれませんが、時期が来ればいずれ落ち着いていきます。子犬から成犬への成長を見守ることが出来るのは、貴重な体験です。飼い主のメリットとも言えるので、写真や動画で思い出として記録してみて下さい!

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 おぼんこぼんの父

    老犬でも、環境が変われば反抗的な行動します。
    2頭飼していましたが、前先住犬が亡くなって寂しそうだったので良かれと思って、3年くらい間をおいてパピー犬を飼い2頭飼を再開しました。
    老犬になる前のタイミングで飼えば良かったのかもしれません。
    一時、老犬もパピー犬もかわいそうな状態でした。
    老犬がパピー犬を威嚇したり追い回したり噛みついたり。時には興奮して私も噛みつかれました。反省しているのは過剰に老犬を叱った事です。信頼関係が一時的になくなりました。
    そのような状況ですたが、マニュアル通りですが我慢して老犬を立てて接しました。
    幸いだったのは、パピー犬が卑屈にならなかった事。こっそり可愛いがりましたけど。
    勝手な飼い主の思い込みと、ただただ言い訳で可愛いパピー犬も飼いたいとの欲ですよね。
    愛情だけでどうにかなるものでもありませんが、どうにかしようとし続けるのは飼い主の責任ですね。
    今は少しづつ、それなりの家族になっています。



はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。