犬が飼い主を『助けたい!』と思っている時の仕草や行動3選

犬が飼い主を『助けたい!』と思っている時の仕草や行動3選

犬は飼い主の行動や状況をよく観察しています。そのため、飼い主が困っていると感じると、助けたいという気持ちが湧き上がることも。今回は、犬が飼い主を『助けたい』と思っている時に見せる仕草や行動を紹介します。

お気に入り登録

犬は飼い主を助けたいと思っている

オデコを合わせる女性と犬

犬は飼い主に対して忠実な愛情を持っていると昔からいわれ続けてきました。しかし、犬が飼い主が困っているとき、本当に助けたいと思っているか否かは、実際のところ実験や研究は進んでいなかったのです。

ですが、近年、アリゾナ州立大学の研究チームが、特別な訓練を受けていない犬を60匹集め、箱の中に入った飼い主が「助けて!」と緊迫した声を発したらどのような反応をするのか実験しました。

すると、多くの犬が箱の中の飼い主に向かって鳴いたり吠えたりし、箱に作られたフタに頭を突っ込むなどの行動を起こしたと言います。

この実験では、飼い主を助けたいという気持ちから行動しているのかを確認するために、飼い主には名前を呼ぶことを禁止していました。つまり、飼い主が名前を呼んだから従順に行動したのではなく、まさに飼い主の緊迫した声に反応していたと考えられるのです。

この実験から、従来から「犬は飼い主が鬼気迫ったときに助ける行動をとる」といった伝承に、真実味が加わる結果となりました。

犬が飼い主を「助けたい!」と思っている時の仕草や行動

こちらを見つめる2匹の犬

上記で紹介したアリゾナ州立大学の研究チームによる実験でもわかるとおり、犬は飼い主が困っていると感じた際、助けたいという気持ちが湧き起こることが多いです。では、犬が飼い主を「助けたい」と思っている時、どのような仕草や行動を見せるのでしょうか。

吠える

吠える犬

1つ目は吠える行動です。これはよく見られる行動ですが、飼い主に危険が迫っていると判断した際、その危険対象と見なした相手に対して吠えることが多いです。

例えば、散歩している最中に、向こうからやって来る犬に対して吠えることはありませんか。この行動にはさまざまな意味が含まれています。

「僕の方が強いんだぞ」というマウントをとっていることも考えられますが、基本的には、自分と飼い主を守ろうと威嚇していることが多いです。「これ以上、僕と飼い主さんに近付いたら攻撃するからね」という合図なのです。

鼻で鳴きながら周囲をウロウロ

「クゥ~ン」とどこか甘えたような寂しげな声を出しながら、飼い主の傍に寄り添ったり、飼い主の様子を覗おうと周囲をウロウロしたりすることがあります。これも飼い主を心配して「助けたい」と思っている時に見せる行動の1つです。

飼い主が落ち込んでいるように見える時、体調が悪そうに見える時など、「なんだか困っているように見える」と感じた時に、「大丈夫?」「どうしたの?」という気持ちから、飼い主に寄り添って共感しようとしているのです。

しかし、この行動には別の意味もあります。犬自身が寂しさを感じていて、「かまってほしい」とアピールしているケースです。この場合は、寄り添うと言うよりも、甘えるような行動を見せることが多いので、アピール感が強い場合は「かまって」アピールと判断しましょう。

あくびをして見せる

あくびをする犬

飼い主が困っていると感じた際、助けたいけれど助けることが難しい、どうしていいかわからないといったストレスから、飼い主に向かってあくびをして見せる犬もいます。

犬にとってあくびはストレスを表す仕草です。飼い主がストレスを感じていることを察し、共感したけれども、どうすることもできないという状況に歯がゆさを感じていると考えられます。

飼い主が落ち込んだり、困っていたりする状況で、近くに愛犬がやって来てウロウロしていたと思ったら、あくびをした…なんて経験はありませんか。一見すると、「こんなに大変な状況なのに」と思ってしまいますが、実はその困った状況を共有しているのです。

まとめ

膝の上で頭を撫でられる犬

いかがでしたでしょうか。犬は飼い主の行動や様子、状況を常に観察しています。そのため、飼い主が困っていると、飼い主に共感し、助けたいと思う犬が多いです。今回紹介した仕草や行動を見せている場合、「力になりたい」と思ってくれている可能性も多いにあるので、「ありがとう」と声をかけてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。