犬が『嫌なこと』をされたときによくする仕草や行動5選

犬が『嫌なこと』をされたときによくする仕草や行動5選

犬は相手に嫌なことをされると仕草や行動で気持ちを伝えることがあります。今回は飼い主との何気ない毎日の中で犬が行いやすい「嫌だなぁ~」と感じているときの仕草・行動を5つご紹介します。もし心当たりがあるのでしたら接し方を見直す必要があるといえるでしょう。

お気に入り登録

1.あくびをする

あくびするトイプー

叱ったり歯磨きやシャンプーをしているときに愛犬があくびをよくする。といった経験があるのでしたら、愛犬は「嫌だなぁ」「早く終わらないかなぁ……」と嫌な気持ちになっているのかもしれません。

人間同様に犬はリラックスしているときや眠たいときにあくびを行いますが、それ以上に犬のあくびはストレスサインとして有名だったりします。犬が緊張したり嫌な気持ちになりやすいときはストレスを感じやすいのであくびをすることがよくあるそうですよ。

ちなみに『自分の足を舐める』『体を掻く』といった仕草もあくびと同じように犬のストレスサインとなります。ですので、苦手に感じやすいことをしているときに愛犬がこれらの仕草をした場合は嫌な気持ちになっている可能性が高く、なるべくストレスを溜め込ませないよう対策してあげることが大切となります。

例えば、言葉で説明しながら叱っているときに愛犬があくびをするのでしたら、「ダメッ!」と短く叱るようにする。歯磨きやシャンプーのときにあくびをしたり逃げたそうにソワソワしだしたら何度か休憩を入れて気分をリラックスさせる。といったことをしてあげると良いと思いますよ。

2.顔を背ける

顔を背ける犬

犬は嫌なことをされると顔を背けることも多いといえます。主にマズル(鼻周り)を触られる。至近距離で顔を見つめる。飼い主が苦い薬を飲まそうとする。そういった場合に犬は顔を背ける場合がよくあるといえるでしょう。

実際に、愛犬の顔が可愛すぎて鼻同士がくっつくくらいの距離で見つめたら顔を背けられた。そんな経験をしたことがある飼い主はたくさんいるのではないでしょうか?

もし心当たりがあるのでしたら、愛犬に「さすがに……う、うざい」と思われている可能性が高いといえますので、なるべくやめることをおススメします。

3.離れる

遠くにいる犬

犬は可愛がられるのが大好きですが、構われ過ぎると「放っておいてほしい……」と嫌な気持ちになることがあります。

また、犬も人間と同じようにときにはひとりで静かに過ごしたくなることもありますので、そういった場合に愛犬を可愛がってしまうと「ひとりにさせて」と、その場から離れることが珍しくありません。

自分から離れていく愛犬を深追いして可愛がってしまうと嫌われてしまう可能性がありますので、自分から遠ざかったときはそっとしておいてあげましょう。

4.歯をむき出しにする・唸る

威嚇するチワワ

犬が怒ったときに見せる『歯をむき出しにする』『唸る』といった仕草も、嫌な気持ちになったときに見せる仕草といえます。

愛犬がひとりで遊んでいるときにオモチャを取り上げようとしたら歯をむき出しにされた。愛犬がご飯を食べているときにご飯を触ろうとしたら『ヴヴゥ~』と唸られた。一度や二度はそういった経験をしたことがある飼い主は数多くいることでしょう。

犬が飼い主に対して唸ったり歯をむき出しにしたりするときはかなり嫌な気持ちになっている状態となりますのでそれ以上気持ちを刺激しないように気をつけましょう。

5.本気で噛む

じゃれながら人の指を噛む子犬

犬が『歯をむき出しにする』『唸る』といった警告をしているのにもかかわらず嫌なことを続けてしまうと……、犬は「いい加減にしろー!」と本気で噛むことがあります。

たとえ愛犬と信頼関係が築けていても、必要以上に嫌な気持ちになってしまうと犬は本気で飼い主を噛むことがあるので要注意。

もし、愛犬が本気で噛んできたときに「反抗しないようにもっと上下関係をしっかりさせないと!」と感じた場合はそれはあなたの考えが間違っているといえます。

たとえ上下関係をしっかり築けていたとしても嫌なものはハッキリ嫌だと犬は感じますので、あなたが愛犬に対して嫌なことをしないよう気をつけることが大切といえるでしょう。

まとめ

カーテンに隠れている犬

犬は自分の感情をハッキリもっていますので嫌なことをされると仕草や行動で相手に自分の気持ちを伝えることが珍しくありません。

もし愛犬が今回ご紹介した仕草や行動をよく行うのでしたらあなたの行動で嫌な気持ちにさせている可能性がありますので、ストレスを感じさせていないか一度接し方を見直してみると良いかもしれませんね。愛犬が嫌な気持ちにならずずっと幸せに暮らせると良いですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。