犬が辛いと感じている『飼い主の行動』5選!こんな行動が愛犬に悲しい思いをさせているかも…?

犬が辛いと感じている『飼い主の行動』5選!こんな行動が愛犬に悲しい思いをさせているかも…?

私たちが普段、何気なくとっている行動が、愛犬につらい思いをさせていることがあります。お気づきでしょうか。今回は犬がつらいと感じている飼い主の行動をいくつか紹介するので、ご自身に当てはまっていないか確認しておきましょう。

お気に入り登録

「つらいよ…」犬が悲しい思いをする飼い主の行動

寂しそうな犬

私たち飼い主が何気なくとっている行動の中には、無意識のうちに愛犬につらい思いをさせている行動もあります。愛犬につらい思いをさせているのであれば、できる限り直していきたいですよね!では、飼い主のどのような行動が犬を悲しくさせているのでしょうか。

1.かまってアピールをすべて無視

床に寝転ぶコーギー

愛犬からの「かまって」「遊んで」「なでて」といったアピールを、すべて無視してしまうことはありませんか。何度も無視をし続けていると、犬は「嫌われているのかも」「怒ってる?」などとつらい思いをしてしまいます。

たしかに、すべての要求に応えていると、わがままになってしまうことがありますが、だからといってアピールをすべて無視したり、あしらったりするのは良くありません。

その時手が空いていないのであれば、「後でね」「ちょっと待ってね」などと優しく声をかけ、手が空いてから必ずコミュニケーションをとるようにしましょう。

2.他の存在にばかりかまっている

犬は家族環境の変化に敏感です。例えば、新しく子犬がやってきたり、赤ちゃんが生まれて家にきたりすると、その変化に対し過敏に反応します。

自分よりも後にやってきた存在ばかりがかまわれていると、「自分の方がずっとこの家にいたのに」「どうして飼い主さんはあっちばかり…」と不満が募り、悲しい思いをしてしまいます。

子犬や赤ちゃんはどうしても手がかかるため、つきっきりになりがちです。家族と協力し、今までと同じように愛犬とのコミュニケーションをとれるよう、時間を設けましょう。

3.気分によって怒鳴ってくる

愛犬が同じいたずらをした時に、毎回きちんと同じように叱っていますか。気分によって許したり、機嫌が悪いと怒鳴ったりと、その時の気分で態度を変えていませんか。

このしつけ方法は、愛犬を困惑させると同時に、なぜ怒鳴られているのかという恐怖を掻き立てます。すると、「飼い主に嫌われているのかも」という思いも湧き起こり、犬がつらい思いをしてしまう原因となるのです。

4.失敗したことを執拗に責め続ける

叱られる犬

子犬期やシニア犬など、トイレや芸を失敗した時に、執拗に責め続けるのはNGです。誰でも失敗はありますし、子犬であれば、失敗を繰り返すことで徐々に学習していきます。

失敗を執拗に責め続けられると、言葉を理解できない犬も空気感を読むため、ストレスが溜まってしまいます。

特にシニア犬の場合、今まで当たり前にできたことができなくなることが増え、自身でも自覚しているだけに非常に落ち込んでしまいます。「失敗は仕方のないこと」と理解し、責め続けるのはやめましょう。

5.家族間で喧嘩をする

犬にとって家族はかけがえのない仲間です。元々群れで行動していた犬は、仲間の関係を非常に重要視するため、家族間で喧嘩が頻発すると、とてもストレスに感じます。

人間から見るとなんてことない喧嘩であっても、犬から見ると「もう関係を修復するのは難しいのでは」「家族内に亀裂が入るかも」という感情が起こります。

そのため、犬に悲しい思いをさせてしまう家族間での喧嘩はなるべく避け、愛犬の前では、できるだけ明るい雰囲気を出すよう心掛けましょう。

ルールのない生活も犬にとってはつらい環境に

退屈そうな犬

たまに「しつけをするのはなんだか可哀想」と、愛犬にまったくルールを教えない飼い主がいます。しかし、実はまったくルールのない生活は、犬にとってストレスになることがわかっています。

元々群れで生活していた犬たちは、それぞれにルールやマナーがあったと考えられています。その影響が今にも残っており、飼い主にルールを教わることで安心感を得ることができますし、反対にルールが皆無だと「大丈夫なのかな?」と不安を感じる犬も多いです。

人間と共存していくために、また犬の習性を理解し、少しでも本来の生活に近付けるためにも、しつけやマナーといったルールは、ある程度学習しておきましょう。

まとめ

家族と犬

いかがでしたでしょうか。今回紹介した行動の中に、当てはまる行動があった方もいたと思います。当てはまった方は、今日から少しずつ改善していけるよう心掛け、今後より愛犬との絆を深めていってくださいね!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。