怒って噛み付いてくる犬に絶対やってはいけないNG行為5つ

怒って噛み付いてくる犬に絶対やってはいけないNG行為5つ

あなたにも犬にも危険が迫っています!『怒って噛み付いてくる犬に絶対やってはいけないNG行為』についてまとめました。間違った行為が、犬の噛みつく力をさらに強くしてしまうことがあります。噛み癖の原因になる可能性も…。

お気に入り登録

なぜ、怒ってるの?噛みつくの?

マズルにシワをよせ、歯を見せる犬

怒って噛みつく犬の気持ちを想像したことはあるでしょうか。犬だって、怒りますし、噛みつくことがあります。攻撃のためでもありますが、防御のためでもあります。しかし、理由なく怒ることはありません。

噛みつくことにだって理由があります。何の理由もなく、突然に噛みつく犬はいません。怒って噛みつく犬の気持ちを理解することで、穏やかな関係を築くことができますし、お互いにケガや事故なく済みます。

不安・恐怖・抵抗

犬が怒って噛みつく理由は、不安・恐怖・抵抗のどれかに当てはまることがほとんどです。不安や恐怖を感じ、抵抗するために、逃れるために、噛みついてしまうんです。

噛むという行為によって、相手の行為をやめさせたいと考えています。しかし、犬は突然に噛みついたりしません。

唸り声をあげたり、牙を見せるなどして、「これ以上はやめて!」と、伝えてきていたはずです。それを無視して嫌がる何かを行ってしまったため、噛みつくという行為にまで発展させてしまったのです。

怒って噛みつく犬にやってはいけないこと

腕に噛みつくシェパード

1.大きな声を出す

噛みつかれれば、大きな声が出てしまうかもしれません。「やめて!」「放して!」と、大きな声を出しながら、必死に抵抗するかもしれません。

怒っている犬に噛みつかれれば、相当な痛みを伴うはずですから、ジッと黙ってはいられなくなると思います。

しかし、その行為は、犬をさらに興奮させてしまう行為です。「放すもんか!」と、さらに強い力で噛みついてくることだってあります。

2.犬を叩く

「やめて!」「放して!」と、声をあげてもやめてくれないとき、犬を叩いてしまうかもしれません。犬にも痛みを与えれば、その痛みから逃れるために放してくれるのではないか、と考えるからです。

しかし、犬には、その行為が“攻撃”として捉えられてしまう可能性があります。相手が攻撃してきたのですから、そう簡単に放すわけにはいかなくなってしまいます。

自分自身を守るため、さらにさらに強い力で噛みついてくることだってあります。絶対に放すまいとすることもあるでしょう。

3.引き放そうとする

手に噛みつくビーグル

たとえば、手や腕を噛みつかれたとき。咄嗟に犬の口から引き放そうとすると思います。

しかし、その行為は、あなたにとって危険な行為です。必ずケガを負います。手や腕を引き放そうと強い力で引っ張っても、犬はそう簡単に放そうとはしません。

そのため、皮膚が引きちぎられてしまう可能性があります。皮膚に犬歯が突き刺さり、傷が深くなる可能性があります。

4.閉じ込める

怒った愛犬が飼い主さんの手足に噛みついてくることがあります。そんなとき、つい、ケージの中に閉じ込めてしまう飼い主さんがいます。

実は、NG行為です。ケージの中に閉じ込めて、反省させようと考えるのですが、犬にとっては意味のない行為です。閉じ込められている間は大人しくしているかもしれませんが、また噛みつけるチャンスを狙っています。

ケージの中に閉じ込められることが嫌な犬にとっては、閉じ込めたことでさらに怒ったり、機嫌を悪くしてしまいます。

嫌な行為をする人のことは、どんな行為をされたのかということも含めて、いつまでも覚えています。何もしていなくても、その人の姿を見るだけで、怒って噛みつく犬になってしまうこともあります。

5.食べ物を与える

怒って噛みつく犬に対して、食べ物を見せれば、噛むことをやめることがあります。食べ物の方が興味を惹きますし、食べたいと思うからです。

しかし、この行為が、噛み癖をつけてしまう可能性があります。何か食べ物がほしいとき、おねだりしてももらえないとき、「噛みつけばいいんだ!」と、間違った学習をしてしまう可能性が高いからです。

噛みつかれる度に食べ物を与えていては、飼い主さんや家族だけではなく、他人にまで怒って噛みつく犬になってしまうかもしれません。

まとめ

威嚇するチワワの顔のアップ

怒って噛み付いてくる犬に絶対やってはいけないNG行為について、

  • 大きな声を出す
  • 犬を叩く
  • 引き放そうとする
  • 閉じ込める
  • 食べ物を与える

この5つをテーマにご紹介しました。犬は、噛みつく前に、唸り声をあげるなどし、必ず知らせてくれています。そのサインを見逃してしまうと、人も犬も危険に晒されてしまうかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。