犬にとっての『不幸』4選!こんな飼い主は絶対に犬を飼うべきではない

犬にとっての『不幸』4選!こんな飼い主は絶対に犬を飼うべきではない

「犬を飼いたい!」と思ったときに「私が犬を飼っても大丈夫かな?」と感じる人はいると思います。今回は犬を不幸にする飼い主の特徴を4つご紹介しますので、もし当てはまると感じた場合は犬を飼うべきか今一度考え直した方がいいといえるでしょう。

お気に入り登録

1.ちゃんと世話やしつけができない

見つめるダックス

ちゃんと世話やしつけができない飼い主は犬を不幸にしてしまう可能性が高いといえます。少し大げさに聞こえるかもしれませんが、犬が幸せに暮らせるかどうかは飼い主の世話しだいとなります。

例えば、犬は外に出かけたくてもひとりで散歩に行くことができません。お腹が空いても自分でご飯を用意することもできないといえます。オシッコやウンチをしたとしても自分でトイレを綺麗にすることもできません。

これらのことは全て飼い主が毎日こまめに世話をしてあげる必要があるのです。ですので、もしあなたが面倒くさがり屋さんで世話をさぼりそうだと感じてしまったら、犬を飼うべきではないといえるでしょう。

また、犬を飼うと世話だけでなく最低限のしつけが必要となります。とても賢い犬だとしつけをすぐに学習することがありますが、ほとんどの場合は何度も何度も根気強く覚えさせることになると思います。

ときには愛犬が失敗ばかりしてイライラしてしまうこともあることでしょう。しかし、飼い主はしつけが上手くいくように何度も頑張って一緒にトレーニングしていくことが大切となるのです。

すぐに諦めてしまう人や短気な人は犬のしつけを諦めやすい傾向にあり、犬に吠え癖などの問題を抱えさせることになることが多いそうです。

しつけができていないと周りに迷惑をかけやすく結果的に犬自身を不幸にしてしまうことにもなってしまいますので、犬を飼うのは難しいといえるでしょう。

2.飼い主の都合に合わせすぎる

つまらなさそうにしている犬

犬に『飼い主の都合を押し付ける』人も犬を不幸にする飼い主となります。少し前まではハッキリとした上下関係を築くために飼い主の都合だけを考えて犬を飼うのが良いという意見が少なからずありました。

しかし、そういった飼い方は犬を不幸にしてしまう場合が多いといえます。

  • 飼い主の都合でご飯の時間が極端に遅くなったり早くなったりする
  • 飼い主のその日の気分で散歩に行くかどうか決める
  • 自分のやりたいことを優先して長時間愛犬を放ったらかしにすることが多い
  • 愛犬が暑がっているけれど飼い主自身は丁度いい温度だと感じているので冷房をつけない

といった飼い主の行為は犬にとって残念な行為といえるでしょう。

犬は『物』ではなく生き物となりますので、犬を飼うのでしたら飼い主の都合だけでなく犬の都合や気持ち、幸せを考えてあげることが大切といえます。

犬が体調不良になったときは楽しみにしていた予定をキャンセルして病院に連れて行ってあげる。そういった気持ちを持てないのでしたら犬を飼わない方が良いといえるでしょう。

3.犬のことを理解しようとしない

犬と本

人と犬は物事の考え方や、仕草・行動の意味が異なる場合が多々あります。人間が食べても大丈夫な食べ物が犬にとって毒となる食べ物もあったりします。

ですので、犬を飼うときは最低限犬のことについて勉強する必要があるといえるでしょう。また、人間と同じように犬一匹一匹性格が違いますので、犬を飼う場合はつねに愛犬のことを理解しようという気持ちを持って接することが大切となります。

もし面倒くさがって犬の知識を勉強せずにいると犬のそのときの気持ちを理解することができなかったり、有害な食べ物を食べさせてしまい犬を不幸にしてしまう可能性が高くなってしまうといえるでしょう。

「犬に関する知識を身につけて愛犬を幸せにしてあげたい!」そう思えないのでしたら、犬を家族に迎えない方が良いと思います。

4.経済面・時間の余裕がない

計算する人とくつろぐ犬

とても現実的なことになりますが、『経済的に余裕がない』場合は犬を飼うのは止めた方が良いといえるでしょう。

犬を飼うととてもお金が必要になります。毎月のご飯代やトリミング(シャンプー)代、トイレシーツ代、オモチャやオヤツ。定期的に病院でワクチンや狂犬病の予防接種をしたり、病気になればその都度病院代もかかることになります。

犬は病院に連れて行くと診察料や検査代、薬代などの全ての費用が全額負担となりますので、血液検査やレントゲンなどの検査をしただけで数万円費用がかかってしまうことが珍しくありません。

動物の保険に加入することで幾分か負担を減らすことができますが、保険ごとに色々と条件や負担軽減の限度額がありますので保険に加入していても最低限のお金が必要となってきます。

例えば私の愛犬の場合だとご飯やトリミング、オヤツだけで毎月1万円以上お金がかかっています。くわえて、心臓や脳の病気を発症してからは病院代(検査代と薬代)が月に4万円程必要になりました。

また、犬はシニア犬になるにつれ体が不調になりやすくなるので病院代がかかりやすく、介護も必要になれば時間必要になってしまうことになります。

ですので、厳しく感じるかもしれませんが経済的に最低限余裕がない人や時間に余裕がない人が犬を飼うのはおススメしません。

愛犬のためにお金を稼ぐためにがむしゃらに働いたら、愛犬といる時間が凄く減ってしまい寂しい思いをさせてしまった。病院に連れて行くお金がなくて愛犬に苦痛を感じさせてしまうことになった。というケースはよくあり結果として犬に不幸な想いをさせやすく飼い主自身も後悔しやすいからです。

ですから、犬を飼おうと感じた場合はどれくらい愛犬に時間を使えるか。また、お金がどのくらい必要かを計算し、問題なさそうでしたら改めて犬を飼うかどうか考えることをおススメします。

まとめ

抱っこしてもらっている犬

今回は犬が不幸になりやすい飼い主の特徴をお伝えしました。犬はとても甘えたで寂しがり屋となります。また、飼い主に世話をしてもらわないと生きれない生き物となりますので……、

  • 世話やしつけができない
  • 飼い主の都合に合わせすぎる
  • 犬のことを理解しようとしない
  • 経済面時間の余裕がない

という人は犬との相性が悪いといえるでしょう。言いかえると……、

  • 世話やしつけを根気強く行える
  • 愛犬のために時間を使える
  • 犬のことを理解しようとしている
  • 最低限経済面時間に余裕がある

このような人は犬を幸せにしやすい飼い主といえるでしょう。犬を不幸にしやすい特徴を持っている人は、犬と飼い主共にストレスやイライラを感じやすくなってしまうので犬は飼わない方が良いといえるかもしれませんね。

犬を飼うかどうか悩んでいる場合は犬のために時間を使えるかどうか。犬の気持ちを考えながら接することができるか。ということを自分に問いかけてみましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    全て守れなければ本当に飼わない方が良い。躾も世話もまともに出来ない、犬のことも理解しない、金も払えないんじゃ飼う資格がない、飼っても不幸にする。俺は一回不幸にしたことがある。今後正しい躾見つけ出し犬の事を人一倍学び経済面も半分は俺が出してます。もう二度と不幸にしたくない。そんな思いがあるからこそ今の俺が居る。ハナから不幸にしないため飼わないことも犬のためだと思う。飼えずに捨てられる位なら販売期間が延びる方がマシだろう。もし既に飼っていてしてしまったなら俺のようにこれからは幸福にしてあげましょう。犬を幸せに出来るのは飼い主だけです!
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。