犬が『心の底から好きな人』にしかしない仕草や行動4選

犬が『心の底から好きな人』にしかしない仕草や行動4選

犬は好きな人に「好き」と言葉で伝えられない代わりに、さまざまな仕草や行動で愛情表現をします。好きは好きでも『心の底から』好きな人には、どのような仕草や行動を見せるのでしょうか?この記事では、犬が『心の底から好きな人』にしかしない仕草や行動をご紹介します。

お気に入り登録

犬には『心の底から好きな人』にしかしない仕草や行動がある!?

女性を見上げる犬

犬は感情豊かな動物であり、『好き』という感情も持っています。一口に『好き』といっても、『ちょっと好き』から『心の底から好き』まで、好きにもいろいろありますよね。飼い主としてはぜひとも、愛犬に『心の底から好き』と思われたいものです。

犬には、心の底から好きな人にしかしない仕草や行動があります。愛犬がその仕草や行動を飼い主さんに対してしているのであれば、心の底から好きと思われている可能性が高いです。

今回は、犬が『心から好きな人』にしかしない仕草や行動をご紹介していきたいと思います。

犬が『心の底から好きな人』にしかしない仕草や行動①体をくっつけてくる

男の子に体をくっつけるゴールデン・レトリーバー

犬は、心の底から好きな人の温もりを感じると、安心感や幸福感を得ることができます。ですから部屋でくつろいでいるときに、愛犬がとことことそばへやって来て体をくっつけてくるのは、飼い主さんのことを心の底から好きだと思っているからです。

体全体ではなく、お尻やあごなど体の一部をぴとっと密着させてくることもあります。

お尻だけくっつけて背中を向けられると、ちょっぴり切ない気持ちになってしまうかもしれません。でも無防備な背中を向けていられるほど信頼もしているという証なので、飼い主として喜ぶべきことなのです。

犬が『心の底から好きな人』にしかしない仕草や行動②呼ぶといつでもすぐに来る

女性の元へ駆け寄るパグ

心の底から好きな人に呼ばれると、犬はいつでもすぐにそばへ行きます。たとえおもちゃに夢中になっていてもそれを放って、駆け寄って来ます。そのときの犬は目をキラキラと輝かせ、ワクワクとした表情を浮かべているでしょう。

年のせいで動きが緩慢になっていたり、耳が遠くなっていたりする場合を除いて、呼んでものろのろとやって来たり、無反応だったりする場合は、その人への好き度は低めだと思われます。

今は呼ぶとすぐに来てくれる愛犬も、呼んだあとに嫌いなお手入れをされたり、叱られたりすることが続くと、呼んでも来なくなることがあるので注意が必要です。

犬が『心の底から好きな人』にしかしない仕草や行動③よく見つめてくる

女性を見つめるシェパード

家事や読書などをしているときに、ふと気づくと愛犬がキラキラした目でこちらを見ているということはありませんか?

相手の目をじっと見つめることはケンカを売っていることになるため、元来犬は相手の目を見つめることを避けようとします。でも好きな人には、じっと目を見つめて愛情を伝えようとします。

よく見つめてくるということは、それだけ愛情が強いということ。つまり、『心の底から好き』ということなのです。

犬が『心の底から好きな人』にしかしない仕草や行動④いつも玄関でお出迎えをする

ドアの前で座る犬

「ただいまー」と玄関のドアを開けた瞬間に、愛犬がうれしそうに尻尾をブンブン振ってお出迎えをしてくれるとうれしいですよね。

この行動は、心の底から好きな人の帰りを心待ちにしていた犬の「1分1秒でも早く会いたい!」という気持ちの表れと考えられます。

たとえほかの家族が在宅していても、心の底から好きな人の不在は犬にとって寂しいもの。「早く帰って来ないかな~」とちょこちょこ玄関へ様子を見に行ったり、しばらく玄関から離れなかったりすることもあります。

まとめ

男性とラブラドール・レトリーバーの後ろ姿

今回は、犬が『心の底から好きな人』にしかしない仕草や行動を4つご紹介しました。もし愛犬がご紹介した仕草や行動をしていなくても、どうかがっかりしないでください。

ご紹介した以外にも、心の底から好きな人にしかしない仕草や行動はありますし、愛犬なりの愛情表現の仕方もあると思います。

愛犬に『心の底から好き』と思われていたら飼い主としてはうれしいですが、愛犬にどのくらい愛されているのかにこだわることよりも、愛犬を心の底から愛し続けていくことを大切にしたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。