犬が散歩を楽しめなくなってしまうNG行為5選

犬が散歩を楽しめなくなってしまうNG行為5選

飼い主として、毎日行っている愛犬との散歩は、ぜひ楽しんでほしいですよね。しかし、飼い主のある行動がきっかけで、愛犬が散歩を楽しめなくなってしまうことも…。今回は犬が散歩を楽しめなくなってしまうNG行為を紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬が散歩を楽しめなくなってしまうNG行為とは?

散歩中のマルチーズ

犬の散歩時は、家の中ではないため、いつも以上に飼い主が責任を持って愛犬を注意深く観察しなければいけません。マナーを守ったり、他の人に迷惑にならないようにしたり、しっかり歩かせたり…いろいろなことに注意を向けながらお散歩させていることかと思います。

しかし、飼い主が良かれと思ってしている行為の中には、愛犬にとって「楽しくない」と嫌気が差してしまう行為もあります。ここでは、そんな犬が散歩を楽しめなくなってしまうNG行為をいくつか紹介していきます。

1.におい嗅ぎを強制終了

地面の匂いを嗅ぐ犬

「散歩行く?」と言うと、はしゃいで喜んでくれる犬は多いです。なぜこんなにも犬が散歩を楽しみにしているのかというと、外に出られる、たくさん歩けるだけではなく、犬の本能を満たすことができるからでもあります。

犬の本能を満たす散歩中の行動には、におい嗅ぎも含まれます。よく、道端で立ち止まったかと思うと、突然クンクンと執拗ににおいを嗅ぎ始めることがありますよね。これは、犬にとって情報収集という大事な行動です。

においを嗅ぐことで情報を得る…これこそ犬が毎日の日課で楽しみにしていることの1つなのです。この行動を制限してしまうと「楽しくない」と不満を感じてしまう犬が多いので、あまりすぐにやめさせることはしないであげましょう。

2.行きたい場所にまったく行かせてもらえない

時々、犬の方から「こっちに行きたい」というように違うルートに行こうと好奇心を見せることがあります。このような場合は、新しい刺激を求めている可能性もあるので、積極的にそちらのルートに行ってみましょう。

このように行きたい場所をアピールしているのに、飼い主が「ダメ!」と頑なに行かせてくれないと、「なんで?」と不満を感じ、散歩を楽しめなくなってしまう原因となります。

時間がないなど、どうしてもルートを変更できない時は仕方がありませんが、愛犬が違う道へ行きたいとアピールしてきた時にチャレンジする精神を飼い主も持てると良いですね。

3.飼い主が他の犬や飼い主との接触を避ける

犬同士の挨拶

飼い主の中には、他の犬や飼い主と接触することを避けてしまう人もいます。しかし犬の散歩の楽しみの1つには、もちろん個体差や個人差はありますが他の犬や人と触れ合い、交流することもあります。

そのため、それを飼い主が妨害してしまうことで、犬の楽しみを奪ってしまうことにもなりますし、何より犬の社会性、社交性を養うことができなくなってしまうこともあります。

中には臆病で、他の犬や人と接触したくないという犬もいますので、そのような犬の場合は無理強いする必要はありません。しかし子犬期であれば、ある程度社会性を身に着ける機会となるため、できるだけ機会を持たせてあげるべきでしょう。

ただしトラブルを避けるために、相手の犬が歓迎してくれていることを確認し、必ず飼い主さんの了承を得てから犬同士を近づけるようにしてください。

4.飼い主が散歩を早めに切り上げてしまう

ドアの間から顔を出す犬

犬にとって大切であり、楽しみな日課の1つである『散歩』ですが、飼い主にとってはお世話の中でも大変なものランキングの上位にランクインするものでもあると思います。

そのため、忙しい飼い主さんや体力のあまりない飼い主さんの場合、早めに切り上げようとしてしまう人も多いです。しかし、その犬種やその犬にあった運動量を達成していないと、犬は物足りなさを感じ、楽しいと思えないことも。

できるだけ自分の愛犬に合った運動量の散歩をさせ、運動不足にならないよう努めることも、犬の散歩の質を上げることに繋がりますよ。

5.飼い主が自分のことをまったく見てくれない

散歩中、きちんと愛犬のことを見てあげていますか。時々アイコンタクトを取ってあげたり、「楽しいね」と声かけをしてあげることで、犬は散歩の満足感を得ることができます。

しかし、飼い主がまったく犬の方を見なかったり、興味なさそうにスマホをいじっていたりすると、犬は「つまらない」「楽しくない」と感じてしまいます。

また、他のことに夢中になっていると、事故や拾い食いなどを未然に防げない恐れもあるので、散歩中は愛犬に集中するようにしてください。

まとめ

散歩する女性とゴールデンレトリーバー

いかがでしたでしょうか。犬が散歩を楽しめなくなってしまうNG行為、皆さんは心当たりがありませんでしたか。もしも当てはまっていた方は、少しずつ改善していき、愛犬との散歩の質を高めましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。