犬がイタズラをやめない時にしてはいけないNG行為3選

犬がイタズラをやめない時にしてはいけないNG行為3選

いくら叱っても犬がイタズラをやめないと困っている飼い主さんは少なくありません。しかし、実は実は飼い主さんの対応や行動が犬のイタズラを助長していることも…。犬がイタズラをしている時のNG行為をまとめました。

お気に入り登録

NG行為①犬を追いかける、抱き上げる

犬を追いかける男の子

飼い主さんと一緒にいる時に犬がイタズラをする場合、飼い主さんの気を引くためにわざとイタズラをくり返すことがあります。

飼い主さんにかまって欲しい場合や気を引いて自分の近くに来て欲しいと思っている場合には、「こら!」「だめだよ」などと軽く叱った程度ではやめることはないでしょう。

むしろ、叱られたことすら「声をかけてもらえた!」「こっちを見てくれた♪」と喜んでしまうこともめずらしくありません。そして叱られてでもいいから気を引きたいという思いで、イタズラをくり返すようになってしまうのです。

イタズラをしている時にやめさせようとして、犬の近くに駆け寄って抱き上げたり、くわえているものを取り上げようと追いかけたりする行動は特にNG!犬にとっては、スキンシップや追いかけっこのように楽しい関わりになってしまうので注意しましょう。

効果的な方法

飼い主さんがいる時に、わざとイタズラをくり返す犬に対して最も効果的なのは「無視」です。イタズラをして気を引こうとしても無駄だとわからせるため、犬と目を合わせず声をかけずに淡々と片付けたり、イタズラが出来ないように隔離するなどしましょう。

そして大切なことは、イタズラをしていない時に声をかけたりスキンシップを取ること。イタズラなどをせず、いい子にしていると飼い主さんがかまってくれるということを学習させましょう。

NG行為②イタズラされた環境を変えない

クッションを壊すジャックラッセル

クッションを噛んで中の綿を出したり、棚の上に置いてあるものを落としたり、キッチンのゴミ箱を漁ったりと犬は家の中で色々なイタズラをすると思います。

犬にとってそれらの行動は、遊びの一貫として本能を満たしたり、ストレスを解消したりするための行動なので、イタズラ=悪いことという認識はないはずです。

そのため、犬との生活が始まったら部屋の中での正しい過ごし方を教えるとともに、イタズラをされないような環境に整えることも大切です。

  • 犬に触られては困るものは高い場所に置く
  • 入られては困る場所は柵で区切る
  • 広い部屋で落ち着いて過ごせない場合は犬用のケージを用意する

など、イタズラ出来ない状況や環境を用意してあげるのも飼い主の役割です。特に留守番中は退屈して、何をしたらいいかわからずイタズラしてしまうことが多いので、留守番中だけはケージで過ごすようにするなど工夫しましょう。

環境を整えずにイタズラをくり返す犬を叱るだけでは、犬も困惑して飼い主への不信感を持つようになってしまうことがあるので注意してください。

NG行為③留守中のいたずらは叱らない

玄関で出迎える犬

イタズラの中でも、飼い主が不在時=留守番中のイタズラの場合は叱るのはNG行為と言えるでしょう。犬は短い指示語などを除いて人間の言葉正確に理解出来ませんし、時間が経ってからでは何を叱られているのかわからないのです。

そのため、帰宅してから愛犬のイタズラを発見しても叱らないようにしてください。そこで叱られても、犬がイタズラを反省して次回からやめようと思うことはほとんどないでしょう。

むしろ「飼い主さんは帰ってくると機嫌が悪い」と思ったり、今している行動を叱られたと勘違いしてしまうことがあるのです。

また、留守中のイタズラは退屈やストレスが原因となっている場合があり、原因そのものを取り除かなければ問題が解決しないことも。退屈を紛らわせるためのおもちゃやおやつを用意し、バリエーションを豊富にするなどの工夫をしてあげましょう。

まとめ

部屋にいるコッカー

犬が家の中でイタズラをするのはある意味とても“普通”の行動です。犬にとって、家の中にあるものや飼い主さんの持ち物はとても興味深く、触ってみたり遊んでみたりしたいものだからです。

そして、自分に与えられたおもちゃと触ってはいけないものの区別がついていない場合もあります。また、イタズラをすることで飼い主さんの気を引こうとしていることも少なくありません。

犬がイタズラをしてやめない時は、イタズラをしている根本的な原因を見極めた上で、接し方や環境を見直してみることが大切です。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。