犬に言ってはいけない『NGワード』2選!何気ない一言が愛犬を傷つけているかも

犬に言ってはいけない『NGワード』2選!何気ない一言が愛犬を傷つけているかも

この記事では「犬に言ってはいけない『NGワード』2選!何気ない一言が愛犬を傷つけているかも」をテーマにワンちゃんに言ってはいけないNGワードについていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬に言ってはいけないNGワード1:勘違いさせてしまう言葉

笑顔の犬

1つ目の犬に言ってはいけないNGワードとしてまず紹介するのが「勘違いさせてしまう言葉」です。

散歩に行くのが好きな愛犬に「散歩に行くよ」と言ったり、食べる事が好きな愛犬に「ご飯だよ」と言うと喜んで反応する事が多いと思います。

しかし、散歩に行くつもりもなくご飯を与えるのでもなく、ただ単にワンちゃんの喜ぶ反応が見たいからと言いた理由でワンちゃんを勘違いさせてしまう言葉を言ったら、ワンちゃんを悲しませてしまいますし、ストレスを与えてしまいます。

そのため必要な時以外はワンちゃんに勘違いさせてしまう言葉を使わないようにして、散歩やご飯と言った単語を日常で使う場合も音域や、リズム、もしくは単語自体を別の単語に変えるなどしてなるべくストレスを与えないようにしてあげてください。

犬に言ってはいけないNGワード2:トラウマのある言葉

隠れる犬

2つ目の犬に言ってはいけないNGワードとして紹介するのが、「トラウマのある言葉」です。

いたずらをした際に怒るときに使う言葉や、音のリズムなどがそもそも苦手な言葉などワンチャンによってトラウマのある言葉が存在する場合があります。

怒るときに使った言葉はその場では意味のある言葉ですが、何もしていないときに聞かされたら苦痛を感じてしまいます。

苦手な言葉を含めて、発した言葉に対しワンちゃんが嫌がる様子をしたら、普段の生活では使わないようにしワンちゃんがストレスフリーな生活を送れるようにしてあげてください。

NGワード以外でも・・・

無表情の犬

NGワード以外でもワンちゃんが嫌がる言葉があります。しかしそれは具体的な言葉ではなく、発した人の声の大きさや音域の違い、顔の様子であったりします。

大きい音に驚いてしまうワンちゃんであったら、飼い主さんの発した声が大きかったらそれだけで耳障りと感じストレスになります。

また、声の高さも低いのよりも高い方を好みます。これは、犬同士が喧嘩する際に低い声で唸ることに由来していて、悪気はないのに低い声で話しかけられるとそれだけで怒られていると感じてしまうこともあります。

話しかける際の顔も重要です。

例えば、普段から眉間にシワを寄せて話しているのであれば、そういう顔であるとワンちゃんも認識しているので問題にはなりませんが、そうではなくふとした時に怒っているような顔をしたり、ずっと目を合わせながら話しかけたら、いくら大好きな飼い主さんであってもストレスを感じてしまいます。

そのためNGワードだけを気にするのではなく、話す際の話し方や雰囲気も気にかける事が重要です。

まとめ

不満そうな顔の犬

私たち人間でも聞きたくない言葉があるのと同様に、ワンちゃんにも聞きたくない言葉があります。普通に言葉を発しているだけであってもワンちゃんの様子が少しいつもと異なっていたらそれがNGワードかもしれません。

ふとした時にNGワードが分かることもあるので、普段の生活から様子を見るなどして発見した場合は、ストレスになるのでなるべく使わないであげてください。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    テレビの緊急速報でのアラーム音に怯えます。ゲリラ的にカミナリをともなう気候の変化の時に ---
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。