犬が嫌がっている『撫で方』3選!実はこんなやり方はNGだった!

犬が嫌がっている『撫で方』3選!実はこんなやり方はNGだった!

なでられることが大好きな犬はたくさんいます。しかし、どんな撫で方でもいいというわけではありません。犬が嫌がる撫で方を知ることは、犬とより仲良くなるために大切なことです。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬が嫌がる撫で方①無理やり・いきなり

触ろうとする人の手を嫌がる白黒の犬

犬は撫でられることが好きで、自ら「なでて~♪」とすり寄っていくことも多いと思います。しかし、いつどのように撫でられても喜ぶというわけではないんです。

まず犬が嫌がる撫で方の一つとして、無理やり押さえつけるというのは絶対NGです。犬が他のことをしたいと思っているときなどに、体を押さえて抱え込んでまで撫でるのは犬も当然嫌がるでしょう。

犬が望んでいないタイミングであれば、どんなに優しく撫でても犬にとっては嫌なことをされているのと変わりありません。

また、犬は急な動きをする人が苦手です。そのため、会った瞬間に上から手を出して撫でたり、駆け寄ってきて突然撫でたりされると犬は驚いてしまうでしょう。驚いた拍子に撫でてきた手を噛んでしまうということもあるので注意しなければなりません。

犬が嫌がる撫で方②嫌がる場所を触る

両方の耳を触られている犬

撫でられることが好きな犬でも、撫でられると嫌な場所というものがあります。犬によってそれぞれ撫でられて喜ぶ場所と嫌がる場所は違いますが、特に嫌がりやすいのは体の先端(末端)です。

足先や耳、尻尾、マズルなどは特に敏感です。触られるとびっくりしたり、痛いと感じやすかったりするので、むやみに触らないようにしてあげましょう。

ただし、散歩から帰ったときに足を拭いたり爪を切ったり、耳掃除をしたりと敏感な部分も触る必要がある場合があります。

そのため、触られるのを好まない場所でも抵抗なく触れるように慣らしておくことは大切です。

苦手だからと触らないようにしているだけでは、いざ体のケアをしなければならないときに困ってしまうことになるので、しつけの一貫として小さな頃から慣らしてあげるようにしましょう。

犬が嫌がる撫で方③毛の流れに逆らう

首をなでられている犬

あまり意識したことはないかもしれませんが、犬を含めた動物は毛の流れに逆らって撫でられることを嫌がることがあります。

犬は怒りや不快感を抱いたときに毛が逆立つため、毛を逆立てるように撫でると不快に感じると考えられていることもあるようです。

犬をリラックスさせるためには、毛の流れに沿って大きくゆっくりとしたストロークで撫でてあげるといいと思います。

しかし、あえて逆撫ですることで毛に隠れた皮膚が見えるため、皮膚疾患や皮膚についたノミ・ダニなどを発見することができるので、ボディケアの一貫としては必要になることもあります。

また、毛を逆撫でされると犬は興奮しやすくテンションが上がりやすいとも考えられているようです。そのため、全身を使って遊ぶときやドッグスポーツのスタート時などに、ワシャワシャと毛を逆立てるように早く撫でることでテンションを高めることもあります。

まとめ

頭をなでられて上を向く犬

基本的に犬は撫でられることが好きで、スキンシップを求めてくることも多いと思います。しかし、犬が望まないタイミングで無理やり撫でたり、突然近づいてバッと手を出して撫でたりすると犬は嫌がることでしょう。

また、刺激に敏感な足先や耳などを触られることを嫌がる犬も多いので注意してくださいね。

ただし、どのような撫で方を嫌がるかは関係性によっても変わると思います。全幅の信頼を寄せている飼い主さんであれば、いつどのように触られても嫌がらない場合もあります。

その反対に、初対面の人や苦手だと感じている人からはどんな触り方でも嫌がるということもあるでしょう。そして、犬がどのような撫で方を好み、嫌がるかということは、犬の反応をしっかりと確かめながら確認することが大切です。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。