犬のオムツはどういう時に必要なの?5つの使うべきタイミングと注意すべきこと

犬のオムツはどういう時に必要なの?5つの使うべきタイミングと注意すべきこと

オムツをしていてよかった!「オムツが必要なとき」「オムツを使うべきタイミング」「オムツを使うときの注意点」についてまとめました。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にオムツが必要なとき

おむつをしたフレブル

介助が必要になったとき

  • 体調を崩し、下痢が続いているとき。
  • 手術や病気をし、寝たきりで静養しなければならないとき。
  • ケガで手足を自由に動かすことができず、上手く排泄することができないとき。

このように、若い犬にも介助が必要になるときがあります。とくに、排泄の介助が必要なとき、オムツを使うことで、犬も飼い主さんも快適に過ごすことができます。

犬の身体が汚れてしまうことを軽減することができますし、トイレ以外で排泄をしてしまったときのお掃除も不要です。

介護が必要になったとき

犬も高齢になれば身体が衰え、飼い主さんの介護なしでは生活することができない、そんな日が訪れるかもしれません。

若い犬の介助とは違い、排泄の時間が把握できず、オムツなしでは粗相が増えるでしょう。お留守番の間、夜中の飼い主さんが眠っている間にも、何度も排泄したくなります。

トイレまで行くことはできるものの、身体に不自由があり、シートからはみ出てしまうことがあります。老犬や介護が必要な犬のトイレの失敗は、叱ることができません。

しかし、粗相が続くことで、犬も人もストレスがたまり、イライラし、感情的に犬を怒ってしまうことがあります。そんなことを避けるためにも、介護にはオムツを利用する方が良いでしょう。

犬にオムツを使うべきタイミング

おむつをした犬のお尻のアップ

1.犬同伴OKのお店やドッグカフェを利用するとき

マーキングや粗相をしてしまう可能性があるため、マナーとしてオムツを使うことがあります。とくに、犬同伴OKのお店では、オムツを使うことが必須だ、というほど重要な役割を持ちます。

ドッグカフェであれば、マーキングや粗相をしてしまっても、温かい目で見てもらうことができるかもしれません。

しかし、犬同伴OKのお店でのマーキングや粗相は、あってはならないことです。

2.公園や広場などの公共の場を利用するとき

犬のお散歩を許可している公園や広場もありますが、公共の場である限り、排泄をさせるべきではありません。排泄個所を水で流しても、やはり残り香が気になります。排泄物が感染源になってしまうかもしれません。

そのため、オムツを使い、排泄物によって公共の場を汚してしまわないようにしましょう。

3.友人のお家へお呼ばれしたとき

慣れない環境におかれることで、不安や緊張やストレスを感じ、粗相をしてしまうことがあります。友人が犬と暮らしていたり、犬に理解のある人であったとしても、できる限り避けた方が良いです。

事前に排泄を済ませて行かれるとは思いますが、思わぬマーキングや粗相に備え、オムツを使うことをおすすめします。

4.車で長時間の移動をするとき

どうしても車で長時間の移動をしなければならないときは、オムツを使うことで車を汚してしまうことを防げます。高速道路を走っているとき、トイレに行きたくなっても行けないつらさ、私たちも味わったことがありますよね。

犬は我慢強い動物なので、いつまでも我慢してしまいます。しかし、子犬や老犬は我慢することができず、粗相してしまいやすいです。

5.動物病院へ行くとき

恐怖や緊張から、動物病院へ行くときに限って粗相をしてしまう、という犬がいます。診察台に乗せられた瞬間、勝手におしっこが出てしまう、なんてことがあります。

恐怖や緊張とは逆に、たまに会うことができる大好きな獣医さんとの再会が嬉しくて、粗相をしてしまうこともあります。よく、“うれしょん”と表現されますよね。

オムツを使うときの注意点

おむつをしてマットの上でくつろぐ犬

オムツを嫌がり、脱ごうとして、噛みちぎってしまうことがあります。ただ、噛みちぎって脱いでしまうのであれば問題ないのですが、注意しなければならないことは、誤飲です。

喉や食道に詰まってしまうこと、腸閉塞、窒息などの恐れがあります。オムツに使われている吸収剤は、水分を含むことで膨らみますが、消化されることなく排出されます。

しかし、誤飲したものの全てが確実に排出されるとは限りません。オムツを噛みちぎってしまったときは、誤飲の可能性を疑い、すぐに診察を受けることをおすすめします。

まとめ

おむつ姿で眠る犬

犬にオムツを使うべきタイミングには、

  • 犬同伴OKのお店やドッグカフェを利用するとき
  • 公園や広場などの公共の場を利用するとき
  • 友人のお家へお呼ばれしたとき
  • 車で長時間の移動をするとき
  • 動物病院へ行くとき

このようなシチュエーションがあり、マーキングや粗相を防がなければならないときです。犬も飼い主さんも周りの人も不快な思いをすることがないよう、マナーや配慮としてオムツを使うことをおすすめします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。