犬のノミダニ対策に『洋服』が効果的?他にはどんな対策をするべき?

犬のノミダニ対策に『洋服』が効果的?他にはどんな対策をするべき?

ノミダニ対策は洋服でも効果がある?ノミダニの寄生を予防するためにできる対策についてまとめました。最も効果的な対策は何か、一緒に考えてみましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.犬の「ノミ対策」には洋服が効果的?

服を着てくつろぐポメラニアン

犬や人がノミの成虫や卵を自宅へと持ち帰ってしまい、室内で繁殖してしまうことがあります。ノミは、成虫でも2mmほどの大きさしかないため、気づかぬうちに大量繁殖してしまっている可能性が高いです。

持ち帰ってしまったとしても、自宅の室内で繁殖してしまうことを防ぐためにも、確実なノミ対策が必要です。

洋服ではノミの寄生を予防することはできません

犬に洋服を着せていればノミ対策になるのか?という疑問についてなのですが、残念ながら洋服を着ていてもあまりノミ対策にはなりません。

洋服を着てお散歩へ行ったとしても、公園やドッグランや道端の草むらに潜んでいるノミの成虫や卵が犬のカラダや洋服に付着し、そのまま自宅へと持ち帰ってしまうことがあります。

また、他の犬や猫と接触したときに、その犬や猫に寄生しているノミの成虫や卵が移ってしまうこともあります。成虫は、30cmほどジャンプすることができるため、ただすれ違っただけでも他の犬へと飛び移ることが可能です。

また、犬に洋服を着せていたとしても、飼い主さんや家族が他の犬や猫と接触したときに、ノミを持ち帰ってしまうことがあります。そのため、自宅の室内で繁殖し、愛犬にもノミが寄生してしまう場合があります。

ノミ対策に最も効果的な方法

犬の首元に予防薬を投与する

最も効果的で、確実にノミの寄生を防ぐことができる対策は、動物病院で処方してもらうことができる、ノミの寄生を予防するためのお薬を使用することです。

犬の皮膚に投与する液体タイプの予防薬もありますし、服用するタイプの予防薬もあります。ノミの成虫のみ駆除することができる予防薬もありますし、ノミの成虫・幼虫・卵の全てを駆除することができる予防薬もあります。

一年を通して、月一回の予防薬の投与が必須です

ノミは暑い時期に繁殖力を高めますが、夏にだけノミ対策をすれば良いということではありません。繁殖力は低くなりますが、冬にも繁殖や寄生を続けます。

そのため、ノミ対策は一年を通して行う必要があります。月に一回、予防薬を投与することが対策の基本です。

予防薬と洋服の併用でノミ対策が効果的になる?

冒頭でもお話しましたが、洋服を着ていてもノミ対策にはなりません。たとえ、毎月一回の予防薬を欠かすことなく投与していたとしても、犬のカラダや洋服にノミの成虫や卵が付着してしまうことがあります。そのまま自宅へと持ち帰ってしまうこともあります。

しかし、予防薬の作用によって、ノミの成虫も卵も駆除することができるため、室内で繁殖することはありません。飼い主さんがノミを持ち帰ってしまった場合にも、愛犬が予防薬を投与していることで駆除することができます。

もし、持ち帰ってしまった場合、ノミの成虫の死骸が床に転がっているのを目にすることがあるかもしれません。しっかり予防薬の効果があったということです。

2.犬の「マダニ対策」には洋服が効果的?

ボーダーの服を着て走るシュナウザー

マダニは、どこにでも潜んでいる寄生虫です。草むらに潜んでいることもありますし、木の上から落ちてくることもあります。

犬の体温や体臭に反応し、犬のカラダに飛び移ることで寄生します。マダニに吸血されることによって引き起こされる症状には、貧血・痒み・皮膚炎・神経障害などがあります。

洋服ではマダニの寄生を予防することはできません

ノミと同様に、マダニも犬のカラダに飛び移ることができます。洋服を着ていたとしても、犬の体温や体臭に反応して飛び移り、寄生します。

洋服では、頭部や手足や尻尾は隠れていないのではありませんか?飛び移った先が洋服の上であったとしても、隠れていない部分を狙って移動し、寄生することがあります。

マダニ対策に最も効果的な方法

これもノミと同様に、寄生を予防するためのお薬を使用することが最も効果的な対策です。基本的には、ひとつの予防薬でノミとマダニのどちらの寄生も予防することができます。

まとめ

服とマスクを着用したポメラニアン

ノミやマダニ対策として洋服は効果的なのか。残念ながら洋服を着せるだけでは、予防にも対策にもなりません。寄生を予防するためには、予防薬の投与が必須です。

犬の皮膚に投与する液体タイプや飲み薬タイプがありますが、多くのメーカーから予防薬が販売されています。投与しにくい場合は動物病院で相談してみましょう。

また、ひとつの予防薬で、フィラリア症・ノミの寄生・マダニの寄生の3つができるタイプなどもあります。かかりつけの獣医さんと十分に相談し、愛犬に適切な予防薬を処方してもらいましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬の服は主に防寒対策のためのものです。ノミダニは服などでは防げません。他の犬に絶食した時に寄生する可能性も少なからずあります。駆除薬があれば確実に防げるので対策は薬に頼るしかありません。俺たち人間は病気にならないようになっても治すために薬があるのです。犬とてそれは同じことでしょう。金かけたくないとか思ってる奴は犬の事を考えていない
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。