犬の散歩で絶対に行くべきではない『NGな場所』4選

犬の散歩で絶対に行くべきではない『NGな場所』4選

犬の散歩は犬にとって気分転換にもなりますし、運動不足解消もできる大切な日課の1つです。さらに本能的欲求を満たせるため、小型犬であっても1日1回は必ず連れていくべきです。しかし、犬の散歩先は注意しなければいけないことが多くあります。今回は、犬の散歩で行くべきではないNGな場所を紹介します。

お気に入り登録

犬の散歩で絶対行くべきではない『NGな場所』とは?

散歩しに出掛ける犬と女性

愛犬を散歩に連れていく際、通るルート上で「この場所は愛犬にとって危ないから避けよう」という場所はありますか。実は、犬の散歩には危険が多いので、行くべきではないNGな場所が存在します。今回は犬の散歩で行くべきではないNGな場所をいくつか紹介します。

1.ゴミが多くポイ捨てされている場所

残念な話ですが、地域や場所によっては、たばこの吸い殻やお菓子のゴミ、ビニール袋など、ゴミが道路にポイ捨てされているような場所が数多くあります。

犬を散歩に連れて行く際、このような場所は拾い食いをしてしまったり、誤飲を引き起こしたりと、トラブルを招きやすいため行くべきではありません。

どうしても散歩のルート上にあり、他のルートを通ることができない場合は、他の場所以上に注意深く愛犬が拾い食いしないよう見張ったり、小型犬であれば、その場所だけ抱っこで移動するなどしましょう。

2.花壇がたくさんある場所

チューリップに囲まれる犬

花壇がたくさんある公園は、飼い主から見ても綺麗ですし、犬も好奇心をくすぐられるので、一見、愛犬にとっても飼い主にとっても良い散歩ルートと思いがちです。

しかし、公園などに植えられている植物の中には、犬が間違えて食べてしまうと死に至る危険のある毒を持った植物も多く存在します。例えば、以下のような植物が危険に値します。

  • ユリ
  • クリスマスローズ
  • ヒガンバナ
  • アサガオ
  • イヌサフラン

この他にも、死に至る危険性はないものの、下痢や嘔吐、呼吸困難など、体調不良を引き起こす植物は多く存在します。このような植物を万が一口にしてしまうと、短時間で重症化することもあるため、花壇のある場所は基本的に避けるべきです。

公園の中でも花壇のある場所とない場所があると思うので、できるだけ花壇のあるエリアは避けたり、どうしても花壇の近くを通らなければいけない場合は、注意深く監視しましょう。

3.草むら

草むらに入る犬

草むらに入ると、愛犬が嬉しそうに走り回る…なんてことはありませんか。自然に溢れた場所なので、犬にとっては野生の本能が掻き立てられるのでしょう。しかし、犬の散歩に草むらは避けるべき場所です。

草むらにはさまざまな植物が生えています。その中には、ノミやマダニが寄生している植物も多くあり、それらが犬に寄生してしまうと、体や皮膚に不調を来たします。

また、夏には蚊を媒介するフィラリア症も脅威です。草むらには蚊が多く生息しているため、フィラリア予防を行っているとしても、リスクをより回避するために控えましょう。

4.車通りの多い場所

車がたくさん走る大通り

東京都内などでは回避することが難しい場合もありますが、基本的に車通りの多い場所は犬の散歩に適していません。車の音や臭いなど、さまざまな刺激があり、犬が興奮状態に陥る危険性が高いからです。

すでに慣れている犬であっても、いつもと違う些細な出来事が起こることで、パニック状態に陥ることは珍しくありません。

興奮状態やパニック状態に陥ると、犬は飼い主の想像を超えた力を発揮することがあります。そのため、刺激の強すぎる車通りの多い場所は避けるべきです。

まとめ

犬と散歩する女性

いかがでしたでしょうか。犬の散歩では、事故に遭いそうな場所や恐怖心を掻き立てる場所、さらに誤飲などの危険性を含む場所は避けるべきです。愛犬と楽しく、安全に散歩をするためにも、今回紹介したような場所は避けて散歩しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。