犬にしてはいけない『絶対NGな愛情表現』3選!愛犬の気持ちを今一度考えてみて!

犬にしてはいけない『絶対NGな愛情表現』3選!愛犬の気持ちを今一度考えてみて!

この記事では「犬にしてはいけない『絶対NGな愛情表現』」をテーマに、ワンちゃんにしてはいけない愛情表現についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬にしてはいけない絶対NGな愛情表現1:嫌がることをする

嫌がって怒っている犬

犬にしてはいけない絶対NGな愛情表現として、まず紹介するのが「嫌がることをする」です。ワンちゃんによって嫌がる行為の範囲は異なりますが、何かをした際に怖がる様子をしていたり、慌てたり、いつもと違う行動をした場合は嫌がっている可能性があります。

よくあるのが頭を撫でたり、しつこく触るなどして構う行為です。ワンちゃんにも触られて嬉しい所と嫌な所があり、また大好きな飼い主さんにたくさん構ってもらえて嬉しい時もあれば、何か他にしたいことや、そっとしておいてもらいたい時もあります。

そのため暮らし始めの頃はまだワンちゃんの喜ぶ事と嫌がる事の区別が難しいかもしれませんが、慣れて来た頃には大体のことが分かると思いますので、飼い主さんは良かれと思っていてもワンちゃんが嫌だと感じている事はしないようにしてあげてください。

犬にしてはいけない絶対NGな愛情表現2:何かしている時に触る

寝ているときに飼い主に頭を触られている犬

次に紹介するしてはいけない絶対NGな愛情表現は「何かしている時に触る」です。ワンちゃんがご飯を食べている時やおもちゃに夢中になって遊んでいる時、寝ている時に触ったり構ってしまったことはないでしょうか?

もしかするとその行為をワンちゃんは嫌だと感じて、ストレスになっているかもしれません。

例えばご飯を食べている時に触られたら取られると思って神経質な性格になってしまったり、驚いて慌てて飲み込んでしまい怪我や事故につながる恐れがあります。

また、寝ている時に触られるのも安心して眠れるという理由で寝場所を決めたのにも関わらず飼い主さんに起こされることにより、驚いてしまったり安心してゆっくり眠れないことによりストレスを溜めてしまうことになってしまいます。

そのため、ワンちゃんが何かしている時は余程のことがない限り触ったり構ったりせずに様子を見るだけにして、終わってから構うようにしてください。

犬にしてはいけない絶対NGな愛情表現3:ダメなことをしても叱らない

部屋中にティッシュを散らかしている犬

最後に紹介するしてはいけない絶対NGな愛情表現は「ダメなことをしても叱らない」です。これはワンちゃんが可愛いくて怒れないといった理由から生じることですが、仮にいけないことをしてしまったらいくら可愛い愛犬であっても叱らなくてはいけません。

例えば、何かに噛みついた際に怒らずにそのままにしておいてしまうと後々噛み癖がついてしまったり、他の人や動物に噛みついて事故に繋がる恐れがあります。

また、拾い食いをしてしまうワンちゃんにも怒らなくてはいけません。愛犬が食いしん坊だから仕方ないと思っていると、仮に散歩中に何か落ちていてそれを飼い主さんがたまたま見ていない時にワンちゃんが見つけてしまうと、いつもの癖から食べてしまうかもしれません。

拾い食いが原因でワンちゃんの体調が悪くなり病院に連れて行った際に原因を獣医師さんから告げられると何ともやるせない気持ちになるのは飼い主さんです。

その時に後悔しても遅い場合もあるので拾い食いの習慣が愛犬にある場合はきちんと叱らなくてはいけません。

まとめ

飼い主と楽しそうに遊んでいる犬

いかがでしたでしょうか?

犬にしてはいけない絶対NGな愛情表現の例として、

  • 嫌がることをする
  • 何かしている時に触る
  • ダメなことをしても叱らない

の3つを紹介しました。

このように、してはいけない愛情表現をすることにより最終的に困るのはワンちゃんの方です。愛犬を大切に育てるのが飼い主さんの役目です。そのため愛情表現をするならばワンちゃんが喜ぶことや、後々ワンちゃんのためになることをするようにしてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。