犬にとって超危険な『首輪』3選!合わないサイズは命の危険も?

犬にとって超危険な『首輪』3選!合わないサイズは命の危険も?

散歩へ行く際、もしも迷子になってしまったときのために、愛犬に首輪は必須アイテムです。しかし、間違った首輪を選んでしまうと、愛犬の命を守るための首輪が、超危険な首輪となってしまうことも…。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にとって『首輪』の役割とは?

扉の前で首輪を咥えて座る犬

犬は首輪をつけることが当たり前になっていますが、では、犬にとって『首輪』はどのような役割を持っているのでしょうか。

犬にとっての首輪の役割は、大きく2つあります。1つは散歩中に逃げ出してしまわないよう、安全のために装着するものです。首輪にリードを繋げ、飼い主から離れないよう、愛犬の安全はもちろん、周囲の人や犬への安全のためでもあります。

2つ目は、迷子札を取り付けることで、いざ脱走してしまったときも、見つけた人が飼い主に連絡を届けてくれるようにするという役割もあります。

このように、犬にとって首輪は、犬の安全を守るために使われているのです。しかし、犬の安全のために用意されているはずの首輪も、間違った首輪を選ぶと危険が潜んでいることもあるので注意が必要です。

犬にとって超危険な『首輪』の特徴

鋲がついている首輪

犬の安全を守るために取り付けられる首輪ですが、間違った首輪を購入してしまうと、犬にとって超危険な首輪となってしまうことも。では、犬にとって超危険な首輪とは、どのような特徴を持つ首輪なのでしょうか。

1.サイズの合っていない首輪

まずはサイズです。愛犬の首に装着する首輪は、その犬に合ったサイズの物を選ばなければ、かえって超危険な事態を招くこともあります。

例えば、小さすぎる首輪であれば、散歩中に引っ張った際、首が絞まってしまう恐れがあるのです。反対に大きすぎる首輪の場合は、散歩中にすぽんと抜けてしまう事故も考えられます。特に後者はよく起こりうる事故です。

このような危険な事態を招かないようにするためにも、愛犬に合ったサイズの首輪を選ぶようにしてください。

2.しつけ用に不快感を与えるタイプの首輪

犬のしつけ用首輪

首輪には様々な種類の商品がありますが、中には犬の引っ張り癖を直すために開発された、しつけ用の首輪も存在します。ぴりぴりっと静電気が走るような首輪や、中には内側に小さな棘のような装飾が施されている首輪もあります。

しかし、そうした首輪は不快感だけでなく、愛犬に怪我をさせてしまう恐れもあります。痛みでしつけをするという方法なのでしょうが、散歩や首輪がトラウマになってしまいかねません。そのため、愛犬を不快にさせるしつけ用首輪は、控えましょう。

3.耐久度の低い首輪

首輪もペットショップで見てみると、安い物から高い物までありますよね。どうしても「安い物を選ぼう」と思いがちですが、先に話したとおり、首輪は犬の安全を守る道具でもあります。そのため、耐久性が低い首輪はやめましょう。

首輪の中には、リードを繋げる部分の金具がプラスチックでできている商品もあります。しかし、プラスチックでは、犬が強く引っ張った際に壊れてしまう恐れがあり、非常に危険です。首輪は長く使い続ける物でもあるので、安すぎる物は避け、耐久度の高い首輪を選ぶようにしてください。

場合によっては胴体に装着するハーネスも検討して

飼い主にハーネスを装着させられている犬

あまりにも引っ張り癖が酷い犬の場合は、安全面を考慮して、首輪の替わりにハーネスを装着することも検討してみましょう。

胴体を覆うように装着する物なので、首が絞まることもありませんし、脱走してしまう心配もありません。首輪よりも少々価格が高くなりますが、愛犬と楽しい散歩をするために、一度検討してみてくださいね。

まとめ

首輪をしたビーグル犬の横顔

いかがでしたでしょうか。今回紹介したように、首輪は幅広く展開されているため、愛犬に合った首輪を見つけることが意外と難しいです。しかし、今回紹介した3つの特徴を持つ首輪は避け、愛犬の安全面を考慮するようにしましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 Ku_u

    ボーダーコリー。今でこそ首輪&リードて散歩も普通にできるようになりましたが、一歳半近くまではハーネスを使っていました。
    記事にもありますが、首輪では抜けるのでハーネスが良いとありましたが、ウチの子は縄抜けの技 (笑) を体得してハーネスでも安心できないとわかりました。
    それでわかった事は、散歩は人の都合でするのではなく、わんこの気持ちも考えて散歩にいけばすっぽ抜けるような事はなく楽しく散歩ができるようになりました。
    今は緩めの首輪+少し長め(3m程)のリードで外に歩きに出かけています。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。