犬がキスしてくる心理5選!その可愛い理由から覚えておくべきことを解説

犬がキスしてくる心理5選!その可愛い理由から覚えておくべきことを解説

犬が飼い主にキスする光景は、ネット上でもよく見かけます。「うちの子もよくしてくる」という人も多いでしょう。なぜ犬はキスをしてくるのでしょうか。今回は、その可愛い理由と、キスされる際に覚えておくべきことをお話しします。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬がキスしてくるときの心理と可愛い理由

横になった女性の上に乗っかってキスする犬

愛犬が近寄ってきて、前足を肩の辺りに乗せてキスをしてくる…。犬を飼っている人であれば、1度は経験したことがあるのではないでしょうか。犬がキスしてくるのには、ある理由があります。可愛らしい理由ばかりなので、ぜひ知っておきましょう!

1.飼い主さんが大好きだから

両手に2匹の犬を抱っこしてキスされている女性

まずは飼い主さんが大好きだからです。これはしっかり感じ取っている人も多いのではないでしょうか。犬にとって、口の周りを舐めることは、愛情表現の1つです。元々子犬が母犬にごはんをもらう際に行われていた行為です。

そのため、犬が飼い主にキスをするのは、飼い主を母犬のような存在だと認識しているからです。愛情を伝えるためにキスをしてくるなんて、可愛いですよね!

2.飼い主さんの口から美味しい匂いが…

犬の嗅覚はとても優れています。そのため、人間が気付かない匂いでも感知し、その匂いの元を辿ろうとします。美味しそうな匂いが飼い主の口から漂っていたら…「いいな、美味しそうな匂い!」と飼い主の口を舐めようとすることもあります。

愛犬がキスする前に、ごはんを食べたりしませんでしたか。きちんと歯を磨いたつもりでも、嗅覚の優れている犬からすると、「いい匂い」が漂っているのかもしれません。

3.飼い主さんに甘えたいから

飼い主さんが大好きな犬は、飼い主のことをお母さんのように思っています。そのため、甘えたいときに近寄り、キスをするように口周りを舐めることも珍しくありません。

犬によって甘えているときに見せる仕草は様々です。目の前にゴロンと仰向けになる犬もいれば、あごを膝の上に乗せてくる犬もいます。キスしてくる行動も、そのうちの1つです。

4.飼い主さん、遊んで!構って!

笑顔の女性と部屋でじゃれ合う犬

飼い主が忙しく、なかなか構ってもらえないときには、自分に注意を引くために、飼い主の目の前に顔を出し、顔周りを舐めることがあります。

「今日、あまり一緒に遊んでいないよ!」「早く遊んでよ!」「構ってよ!」と飼い主にアピールしているのです。手が空いているときであれば、愛犬の要望通り、おもちゃを使うなどして一緒に遊びましょう。

もしも忙しいのであれば、「ちょっと待ってね」「後でね」などと声をかけてあげてください。無視をすると寂しい気持ちになってしまうので、アクションは必ず起こしましょう。

5.実はちょっと不安なことが…

犬は不安を感じているときにも、飼い主の近くに寄り添ったり、「ちょっと不安だよ」「助けて」という意味を込めて、キスをしたりしてくることがあります。

人間にとっては些細なことであっても、警戒心の強い犬にとっては大事と感じられ、不安になってしまう犬も多いです。

例えば、雷の音や工事の音、強い風の吹く音が外から聞こえてくるだけでも、恐怖を感じる犬も少なくありません。不安なときは、耳が後ろに倒れていたり、しっぽが丸め込まれていたりするので、こちらも合わせて確認すると判断しやすいですよ。

覚えておくべき!犬とのキスにおける注意点

犬を抱き上げてキスしようとする女性

犬がキスをしてくるのは、その人のことが大好きで、信頼しているからです。たまに「美味しい匂いがする」などの本能的欲求が関係していることもありますが、すべては飼い主さんへの愛情があるが故の行動です。

とても可愛らしい行動ではありますが、犬とのキスには注意しなければいけません。なぜならば、犬は様々な菌を口内や体内に持っているからです。菌を持つ犬とキスをすることで、飼い主が体調不良を引き起こしたり、病気を患ってしまったりすることもあります。

特に免疫力の低い小さな子どもや高齢者は要注意です。可愛らしいキスは嬉しいものですが、衛生面を考えると、直接口と口でするのは控えるべきです。

まとめ

しゃがんだ女性にキスする犬

いかがでしたでしょうか。犬が飼い主のキスをするのは、飼い主に対して深い愛情があるからです。しかし、犬は口内に多くの菌を保有しているため、直接キスをすることは不衛生です。飼い主が健康を維持するためにも、キスはなるべく避けるべきでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。