保護犬を飼う時に絶対しなければならない3つのこと

保護犬を飼う時に絶対しなければならない3つのこと

保護犬の里親になるということは、そう簡単なことではありません。しかし、決して難しいことでもありません。『保護犬を飼う時に絶対しなければならないこと』についてまとめました。保護犬を家族に迎える前に、ぜひご参考ください。

お気に入り登録

保護犬を家族に迎えた日

垂れ耳の子犬の顔のアップ

私の元には、家族になって7年半の元保護犬がいます。たくさんの困難を一緒に乗り越えてきました。保護犬は、様々な事情を抱えています。

元飼い主から“飼えなくなった”と捨てられてしまった犬、ブリーダーから“商品にならない”と捨てられてしまった犬、多頭飼いの破壊、虐待を受け保護された犬などです。

人間に対し、不信感や恐怖心を持っている犬もいます。あなたがイメージするような、優しくて甘えん坊で可愛い犬の姿とは程遠いかもしれません。

保護犬を飼う時、どのようなことに注意し、どのようなことをしなければならないのか、経験を元にお話させてください。これから保護犬を家族に迎えたい方にご参考いただけます。

保護犬を飼うということ~絶対にしなければならないこととは?~

ソファーから見上げるパグ

1.保護犬はあなたのものではありません

もし、迷子の犬を保護したときは、そのまま家族に迎えてはいけません。遺失物として必ず届け出る必要があります。犬を保護したことを警察署や保健所や役所に届け出てください。

届け出ることによって、拾得者の権利が発生しますが、犬を保護してから一週間以内に届け出なければ、権利を失ってしまいます。犬を家族に迎えることができないかもしれません。

また、マイクロチップを装着している可能性がありますので、確認が可能な動物病院で診てもらうこともおすすめします。そして、できる限りで構いませんので、全ての方法で飼い主さんを探してください。

2.十分なしつけを行うこと

保護犬の中には、全くしつけを行われていない犬がいます。そのため、人間社会で生きていくことに適応していないことがあります。お散歩のルールを知らないことがあり、他の犬や人に激しく吠えるなどし、迷惑をかけてしまうことがあります。保護犬の安全のためにも十分なしつけを行う必要があります。

しかし、人間に対して、不信感や恐怖心を持つ保護犬の場合、そう簡単にしつけることができないかもしれません。信頼関係を築きつつ、根気強くしつけを行ってください。

3.生涯を共にすると誓うこと

なぜ、この犬は保護犬なのか。一度は家族を失ってしまったからです。一度も家族に迎えられることなく、野良犬として生きてきた犬もいますし、施設で育てられた犬もいます。あなたが最後の家族であると信じて、あなたの元へやってきます。

不信感や恐怖心から、あなたを避けるかもしれません。警戒心から、あなたに懐かないかもしれません。触れようとすると、吠えたり噛みつこうとするかもしれません。それだけ怖い思いをして生きてきたからです。

慣れるまでには、相当な時間がかかることがあります。数ヶ月かもしれませんし、数年かもしれません。懐かないからといって、可愛くないと思わず、決して手放そうなどと考えないでください。

あなたもその犬を捨てる悪い飼い主になってはいけません。どんな犬であったとしても、家族として迎えるのであれば、生涯を共にすることを誓えるだけの覚悟と責任を持ってください。

まとめ

犬の顔を包む人の手

保護犬を飼う時に絶対しなければならないことには、

  • 遺失物として届け出ること
  • 十分なしつけを行うこと
  • 生涯を共にすると誓うこと

などがあります。

元保護犬である私の愛犬は、安全にお散歩ができるようになるまで数年かかりました。家の敷地内から出ることさえもできないほど怯えていました。

今でも私以外の誰かがお散歩をさせることはできません。家族以外の人が近づこうとするだけで、唸り声をあげて威嚇します。たくさんの人の愛情や温かさを感じてほしいのですが、家族以外の誰も触れることができません。このような保護犬もいるということを知ってほしいです。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    俺は保護犬じゃないし保護犬なんて迎え入れたこと無いから良く解らないけど生涯共に誓うなんて保護犬じゃなくても当たり前のこと。特に保護犬なんて一度人間に捨てられてる。既に人間なんて信用しない恨んでる。迎え入れたら0より下、マイナスからのスタート。嫌になるし時間かかる。でも迎え入れた以上は責任をもって飼育する事。もうその保護犬には貴方しかいない。嫌になっても捨てないこと。心を開くには時間がかかる、傷を癒すのに時間を要する。何年かかるか解らない、もしかしたら一生開いてくれな心のどこかで必ず感謝しているはずです。いつ死ぬか解らない不安から救ってくれたこと、自分を受け入れくれたこと、数えればキリがない。犬がもたらすものには言葉には変えられないものがあります。最後までかけがえのないものをくれる犬たちに感謝しましょう
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。