犬が突然狂ったように怒る時の心理3選!どうやって落ち着かせればいいの?

犬が突然狂ったように怒る時の心理3選!どうやって落ち着かせればいいの?

犬が怒る理由は誰もが理解しやすいほどシンプルです。『犬が突然狂ったように怒る時の心理』についてまとめました。落ち着かせる方法についてもご紹介しますので、ぜひご参考ください。

お気に入り登録

犬が突然狂ったように怒る心理とは

黒い写真、威嚇する狼

犬が突然狂ったように怒るとき、理由が全くわからないままでは、飼い主さんでも愛犬の姿を恐怖に感じてしまうかもしれません。なぜうちの子が…と思われるかもしれません。

しかし、実は、犬が怒る理由のほとんどが飼い主さんにあります。犬が怒る原因を飼い主さん自身が作りだしてしまっているんです。もちろん、その他にも理由はあります。

犬が突然狂ったように怒るとき、どのような心理状態なのか、どのように落ち着かせれば良いのか、一緒に考えてみましょう。きっと、愛犬も苦しい思いをしているはずです。改善に努めましょう。

1.身を守るために怒る

威嚇するジャックラッセルテリア

本能的に身の危険を感じ、犬が突然狂ったように怒ることがあります。愛犬が突然狂ったように怒るときは、どのような状況にあるときでしょうか。

たとえば、ブラッシングや爪切りをしようとしたとき、服やレインコートを着せようとしたとき、キャリーバッグやクレートに入れようとしたときなのではないでしょうか。ただ単純にこのような行為が苦手なのではなく、不安や恐怖を感じる行為であるため、身を守るために怒るのでしょう。

嫌がる愛犬に無理やりブラッシングをしていませんか?機能性を無視したオシャレのためだけの服を着せていませんか?嫌がるからといって、怒ったり叩いたりしたことはありませんか?

落ち着かせるためには

犬にとって不快な行為をしなければならないとき、突然狂ったように怒ることがあります。そんなときは、“良い体験”を与えると良いです。“ご褒美”が最も効果的なのではないでしょうか。

苦手な行為ではあるけれど、大好きなおやつがもらえるとなると、怒ることができなくなってしまう犬もいます。無理強いはせず、少しずつ慣れるようにしましょう。

2.嫉妬や不安で怒る

威嚇するチワワ

普段はとても穏やかで大人しい性格である犬でも、突然狂ったように怒ることがあります。たとえば、他の犬や人と接するときです。決して、他の犬や人が苦手なわけではないけれど、その相手と飼い主さんが接する様子を見て、嫉妬や不安に駆られ、狂ったように怒ってしまうことがあります。

だからといって、他の犬や人との交流を絶ってしまうと、愛犬が他の犬や人と社会的な関りを持つことを絶ってしまうことになります。

落ち着かせるためには

相手に攻撃してしまわないように、リードをうんと短く持ちましょう。小型犬であれば、抱き上げると良いです。相手のことを飼い主さんが避けると、“避けなければならない相手なんだ”と、犬が間違った学習をしてしまうことがありますのでやめた方が良いです。

嫉妬するかもしれませんが、相手と親しそうな雰囲気を見せることで、危険な相手ではない、不安になる必要はない、と学習することができるはずです。もし、愛犬が狂ったように怒りだしても、焦ることなく落ち着いて行動するようにしましょう。

3.飼い主さんが頼りないから

威嚇する犬とリードを持つ男性

飼い主さんが頼りなく、“守らなければ!”という強い使命感によって、突然狂ったように怒ることがあります。自宅の室内にいるときでさえもです。飼い主さんには聞こえないかもしれませんが、優れた聴力を持つ犬には、小さな物音さえも刺激になります。

どこからか、家の外から不審な音や声が聞こえるのかもしれません。その正体が何かわからず、警戒し、自身や飼い主さんや家族の身を守るため、突然狂ったように怒りだしてしまうんです。配達員や訪問者に対しても、怒り狂ってしまいます。

落ち着かせるためには

愛犬が怒りだしたときの飼い主さんの態度が肝心です。焦ってアタフタしていませんか?「○○ちゃんダメよ~」なんてヘラヘラしていませんか?

毅然とし、堂々とした姿を見せてください。「静かに!」と叱っても構いません。頼りになる強い姿を見せてあげてください。そうすれば、犬自身が“守らなければ!”と、必死になって怒ることはなくなるはずです。

まとめ

口を大きくあけて威嚇する犬

犬が突然狂ったように怒る時、

  • 身を守るために怒る
  • 嫉妬や不安で怒る
  • 飼い主さんが頼りないから

このような心理状態であることがあります。飼い主さんとの関係性がカギを握っているのではないでしょうか。愛犬が狂ったように怒る必要のないよう、原因を作らないようにしたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。