犬にとっての『悪い飼い主』の特徴4選!その行動、実は悪影響になってるかも?

犬にとっての『悪い飼い主』の特徴4選!その行動、実は悪影響になってるかも?

自分が普段、何気なくとっている行動が、愛犬にとって悪影響になっていたら…そんな風に思ったことはありませんか。今回は、犬にとっての『悪い飼い主』の特徴を紹介するので、当てはまっていると感じたら、改善するきっかけとしてください。

お気に入り登録

犬にとっての『悪い飼い主』の特徴

毛布を被る犬

犬は歴史を遡ると、群れで野生動物として生活していた動物です。それが時を経て、私たちと一緒に家族として過ごすようになりました。

しかし本来持っている犬の習性などを理解せず、人間側のエゴを押し付けるような行動をする飼い主は、無意識であっても犬に悪い影響を与えかねません。そこで今回は、犬にとって悪い影響を与えている飼い主の特徴をいくつか紹介します。

1.常に一緒にいようとする

ベッドの上で犬を抱きしめる女性

大好きな愛犬とは常に一緒にいたいと思う飼い主も多いでしょう。しかし、よかれと思い起こしているこの行動は、犬にとってストレスとなっている可能性があります。

飼い主のことが大好きな犬であっても、1人でのんびり静かに過ごしたい時間は存在します。その時間を使ってじっくり睡眠をとったり、リラックスしたりするのです。

しかし常に一緒にいようと飼い主がすることで、その時間が奪われるだけでなく、飼い主が常にいる状況が当たり前となってしまうのです。するといざ飼い主が出掛ける時に、強い不安や恐怖を感じるようになり、ストレスの原因となります。

2.しつけをしない

クッションをボロボロにする犬

犬のしつけにはさまざまな種類があります。生活する上で必要となるトイレトレーニングや、人間と共存する上で重要となる無駄吠え防止、噛みつき防止のしつけ。さらにコマンドを使って飼い主の指示通りに動く、基本動作のしつけなどもあります。

これらのしつけは人間と一緒に過ごす上で、お互いが快適に過ごすために必要なしつけであると同時に、飼い主との信頼関係を築く上で重要な過程でもあります。

叱るのは可哀想、しつけが面倒などの理由からしつけをきちんとしない飼い主もいますが、これらは後々、生活に支障を来たしたり他人に迷惑をかけてしまうことになります。

またしつけを行うことでもたらされる重要な要素である「信頼」や「安心感」を得られない犬は、頼れる存在を見失ってしまうため不安を抱えながら過ごすこととなるのです。

すると、人間と共存していく上で重要なしつけも行われず、尚且つ頼れる相手がいないことで、強いストレスを抱えてしまい、人間と上手に生活していくことが困難となってしまうことすらあるのです。

3.人間の趣味を押し付ける

ネイル

最近では、犬に関するアイテムやサービスが増えてきています。しかし、これらはあくまで人間側に対するサービスです。犬が嫌がっている様子がなければ問題ありませんが、ストレスに感じているようであれば、どんなサービス、娯楽アイテムであれ、避けるべきです。

人間の娯楽を犬に押し付けることは、犬にとって強いストレスとなります。なぜならばそれら人間の娯楽は、本来犬にとって必要のない行動だからです。

例えば最近では、犬の被毛をカラーリングしたり、犬の爪にネイルを施したりするサービスがありますが、これは完全なる人間のエゴです。被毛や爪は、犬にとって重要な体の一部なので、その点を踏まえて、本当にする必要があるのかどうかを判断しましょう。

4.犬としての本能を理解しない

ケージから顔を出す子犬

愛犬により楽しく、できるだけストレスのない生活をしてほしいという思いは、すべての飼い主が持っていると思います。これを実現するためには、犬の習性や本能を理解する必要があります。

例えば散歩は犬にとって本能的な楽しみを多く担ってくれています。散歩で嗅ぐ匂いや、他の犬や人と触れ合うこと、さまざまな音を聴き取ること…。何気ないこれらの行動が、犬の好奇心を掻き立て、楽しませているのです。

このように、日常的に行う必要のある日課には、犬にとって重要な役割が必ずあります。それらを「面倒だから」などの理由で怠るのは、犬にとって良くない飼い主のすることです。

犬種によってもそれぞれ習性の傾向などが異なるので、自分の飼っている愛犬はどのような特徴を持つのか、今一度学習し、愛犬に合った日課を取り入れる努力をすることも大切です。

まとめ

おでこを合わす犬と女性

いかがでしたでしょうか。このように、本当の意味で愛犬を理解しようと努力しない飼い主は、犬にとって悪影響を及ぼすことがあります。「これ、私のことかも…」と思い当たる節があった方は、今からでも愛犬と向き合う努力をし、より良い関係を築いていきましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    全て俺には当てはまらない。俺が目指すのが最高で最強の飼い主だからどれかひとつが当てはまった時点で目指す資格が無くなる。俺は犬としての時間を尊重するし躾も必ず行う、犬の習性も人一倍学んでる、今も尚。人のエゴは押し付けない。必要以上のことはしない主義なんでね。躾もトリミングも。
    俺には飼いしての信念、覚悟、責務を誰よりも強く持っている。俺はバディとして最高の存在になれるよう努力を続けている。
    最高の飼い主になること。それが犬を飼う人のゴールなんじゃないかな。俺はゴールを目指して生きていく。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。