犬の『高い場所からジャンプ』を今すぐやめさせるべき2つの理由

犬の『高い場所からジャンプ』を今すぐやめさせるべき2つの理由

今すぐにやめさせてください!重症のケガの多くが自宅で起きています。歩行が困難になってしまう可能性があります。『犬の“高い場所からジャンプ”を今すぐやめさせるべき理由』についてまとめました。ぜひ参考にしてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬は高い場所が好き!?

高くジャンプしているジャックラッセルテリア

どんなに言い聞かせても、どんなに叱っても、高い場所に乗ることや高い場所からのジャンプをやめてくれないことがあります。高い場所を好むのには理由があります。

例えば、ソファーやベッドは居心地がよく、寛ぐ場所として選ぶ犬が多いですね。大好きな飼い主さんのニオイがし、安心できる場所でもあります。自然と高い場所が居心地がよく安心できる場所になってしまっていることが高い場所を好む一番の理由でしょう。

そういった場所からおりるとき、ゆっくり慎重におりる犬もいますが、ほとんど犬がジャンプしておりようとします。どのようなリスクがあるのか、今すぐにやめさせなければならない理由について一緒に考えてみましょう。

高い場所からジャンプすることのリスク1.膝蓋骨脱臼

黄色いギプスが巻かれた犬の足

「しつがいこつだっきゅう」と読みますが、超小型犬や小型犬と暮らしていると、よく耳にする言葉なのではないでしょうか。超小型犬や小型犬に多い症状ですが、中型犬以上の犬に起こらないということではありません。高い場所からジャンプしたことによる膝蓋骨脱臼は、全ての犬に起こり得る症状です。

高い場所からジャンプし、着地した瞬間、膝蓋骨が本来の位置からズレてしまうことがあります。高い場所からジャンプしたことで、激しく転倒してしまうなども膝蓋骨脱臼の原因となることがあります。

先天性と外傷性

膝蓋骨脱臼には、先天性のものもありますが、高い場所から飛び降りたことによる膝蓋骨脱臼は、外傷性と呼ばれます。生まれつき(先天性)膝蓋骨脱臼の症状がある場合、高い場所からのジャンプによって、症状を悪化させてしまうことがあります。

外科的手術では治すことができなくなってしまう可能性がありますので、症状が深刻化してしまう前に、高い場所からのジャンプをやめさせましょう。

高い場所からジャンプすることのリスク2.骨折

骨折してケージの中にいるエリザベスカラーをしたビーグル犬

骨折の中でも特に多いのが、手(前足)の骨折です。主な原因は、高い場所からのジャンプ。ソファーやベッドの高さからジャンプしただけで、ポキッと骨が折れてしまうことがあります。

お留守番中に起きてしまうケースも多くあり、手をかばうようにして歩いたり、手が地面に触れないようにして歩いていたりすることで、愛犬の異常に気づくことがあります。痛みによって鳴き続けることもありますし、痛みを我慢するようにジッとしていることもあります。骨折した部分の腫れもみられます。

骨折の治療が大きな負担に…

骨折の治療には、

  • プレートと呼ばれる金属の板を骨にネジでとめる方法(プレート法)
  • 皮膚の外側から骨を固定する方法(創外固定法)
  • 骨髄部に金属のピンを通して骨を支える方法(髄内ピン法)
  • 手術はせず、ギプスのみで治療する方法(副子固定法)

などが主にありますが、骨折の部位や状や程度によって治療法は異なります。大きく切開しなければならず、犬のカラダへの負担が大きい手術もあります。獣医師の高い技術を要する手術もあります。

飼い主さんとしては、手術をすることなく、犬のカラダに与える負担の少ないギプスでの治療を選択してあげたくなるかと思います。ヒビや骨折部位がそれほどずれていない場合はギプス固定で修復できる可能性がありますが、骨折の程度によっては骨折した部分を完全(原型)に戻すことは難しいとされています。

高い場所からのジャンプをやめさせるためにできること

ソファーの上で眠っているフレブル

  • 犬を不必要に興奮させないこと
  • 犬用の階段やスロープを設置すること
  • 高い場所からジャンプしたくなるような環境にしないこと

この3つだけでも、高い場所からジャンプをやめさせることができます。環境を整える必要がある場合には、例えば、ソファーをロータイプに変えるなどすると良いです。飼い主さんのベッドではなく、愛犬用のベッドでくつろいでもらえるよう、ベッドの選び方や置き場所にも注目してみると良いでしょう。

まとめ

上を向いてジャンプするジャックラッセルテリア

犬の“高い場所からジャンプ”を今すぐやめさせるべき理由は、

  • 膝蓋骨脱臼
  • 骨折

この2つによって、病院へ運ばれてくるケースがあるからです。脱臼や骨折の程度によっては、治療後の生活に不自由が生じることも考えられます。

取り返しのつかない事態を避けるためにも、高い場所からジャンプは今すぐにやめさせましょう。高い場所からジャンプさせないための環境へと変えましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。