犬が突然おなかを壊した!考えられる3つの原因と適切な対処法

犬が突然おなかを壊した!考えられる3つの原因と適切な対処法

突然の下痢や嘔吐。おなかを壊してしまったときに『考えられる原因と適切な対処法』についてまとめました。夜間や休診日などですぐに病院へ連れて行ってあげることができないときなど、ご参考ください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬がおなかを壊した!どんな症状がある?

白いラグに伏せる柴犬

犬がおなかを壊したときによくみられる症状には、

  • 下痢をする
  • 嘔吐する
  • 嘔吐や下痢を繰り返す
  • ごはんを食べなくなる
  • おなかがキュルキュルと鳴る
  • 元気がなく、うずくまる

などの症状があります。一度の下痢や嘔吐であれば、しばらく様子をみてみようかな、と考えるかもしれません。しかし、何度も繰り返すようであれば、飼い主さんも落ち着いてはいられないでしょう。

このような症状があるとき、どのようなことが原因なのか、どのような対処法があるのか、いくつかご紹介しますので、緊急時にぜひお役立てください。

犬がおなかを壊した!原因と対処法

横たわるバグ

1.ごはんを他のものに変えた

ごはん(ドライフードなど)を急に他のものに変えると、犬はお腹を壊しやすいです。主に下痢の症状がみられ、胃腸に負担がかかってしまうことが原因です。

新しいごはんが原因であると気づかず、そのまま与え続けてしまうと、いつまでも下痢の症状は治まりません。新しいごはんが原因であると気づき、元のごはんに戻したとしても、下痢の症状を繰り返すことがあります。

適切な対処法

胃腸に負担がかかり、炎症を引き起こしている可能性があります。炎症はすぐには治らない可能性が高いです。すぐにかかりつけの病院で診察を受けましょう。下痢止めや抗生物質が処方されることがあります。

1日の間に何度も下痢を繰り返す場合には、1食分絶食をさせても構いません。胃腸を休めることができます。また、ごはんの切り替えは、基本的には、いつものごはんに新しいごはんを少しずつ加えながら、10日ほどかけて行います。

1日目は「いつもの9割:新しいの1割」、3日目は「いつもの7割:新しいの3割」のように少しずつ割合を変えていくと良いです。10日目には「いつもの0割:新しいの10割」となりますね。もともと胃腸が弱く、下痢や軟便をしやすい犬である場合には、もっと時間をかけて切り替えると良いでしょう。

2.緊張とストレス

強いストレスを感じたとき、緊張したとき、犬はおなかを壊してしまうことがあります。

  • 季節の変わり目
  • どこかへ預けられたあと
  • トリミングや病院へ行ったあと
  • 暮らす環境が変わったとき

このようなときに強いストレスを感じたり、緊張したりし、胃腸に負担がかかることで下痢をすることがあります。ストレスや緊張から解放されたあとは、下痢の症状も治まります。

適切な対処法

たとえば、“トリミングや病院へ行き、自宅に戻った直後に下痢をしたが、その日の夜(または翌朝)には正常の便に戻った”ということがあります。食欲や元気があるようであれば、しばらく様子をみても良いでしょう。

また、季節の変わり目には、寒暖の差が激しい日があります。

犬が過ごしやすい環境へと整えてあげる、こまめにブラッシングやマッサージをしてあげる、ストレス発散のための遊びや運動やお散歩の時間を増やしてあげるなどの対処法も良いです。

3.逆流性胃炎(長時間の空腹)

犬が突然、白や黄の液体や泡を嘔吐することがあります。あまりにも空腹である時間が長かったため、逆流性胃炎が起きたのではないか、ということが原因として考えられます。食欲や元気はある、ということがほとんどです。しかし、連日繰り返す場合には、かかりつけの病院で診察を受けましょう。

適切な対処法

空腹であったことが原因となり、胃の中へ逆流した胆汁や十二指腸液が胃粘膜を刺激したことによる嘔吐です。嘔吐が一度だけである場合、食欲や元気がある場合、他の症状がない場合には、絶食の必要はないでしょう。ごはんや水を与えて構いません。

まとめ

聴診器を当てる獣医師と子犬

犬が突然おなかを壊したときに考えられる原因には、

  • ごはんを他のものに変えた
  • 緊張とストレス
  • 逆流性胃炎(長時間の空腹)

などがあり、症状や対処法についてご紹介しました。おなかを壊したことによる下痢や嘔吐をすること以外にも、他に症状はないか、よく愛犬の様子をみてみましょう。

すぐに病院へ連れて行ってあげることができるのであれば、症状が出てすぐに診察と治療を受けることで、愛犬が苦しむ時間を減らしてあげることができます。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。