犬が撫でるのを拒否している時に見せる仕草や態度4選

犬が撫でるのを拒否している時に見せる仕草や態度4選

可愛いわんこを見ると、衝動的に撫でたくなってしまうという愛犬家のみなさんは多いはず。ですが、あなたの「ナデナデ」、実は拒否されているかもしれません。今回は、わんこが撫でられるのを拒否しているときの仕草をご紹介します。

お気に入り登録

1.身体をビクッと震わせる

警戒している犬

手を伸ばしたときに、身体をビクッと震わせたり、目をぎゅっとつむるような仕草を見せたら、撫でられることを警戒している、もしくはガマンしている証拠です。

このような仕草をするわんこは警戒心が強かったり、中には人間に殴られたことがある等のトラウマを抱えている子もおり、「また殴られるのかも?!」と身がまえてしまうのです。ですが、いざ撫でられると「何だ、殴られるんじゃなくて、ナデナデか」と気持ち良さそうにしてくれる子もいます。

2.後ずさりする

後ずさりしている犬

手を伸ばしたり、しゃがんで目線を合わせようとしたときに、及び腰になったり、あからさまに後ずさりをする子もいます。後ずさりをしてしまった子に対して、再び距離を詰めようと無理に近づくのはやめましょう。警戒しているわんこを、より警戒させてしまいます。

こんなときには、手の甲をわんこの鼻より低い位置にそっと差し出し、わんこの方から匂いを嗅ぎに近づいてくるのを待ちます。自ら匂いを嗅ぎに来てくれ、心を許してくれれば、そのまま撫でさせてくれますよ。

3.うなり声を上げる

うなっている犬

ウーッと低いうなり声を上げたり、歯を剥いたりしているときは、誰の目から見ても拒否されているのが明らかでしょう。

これらの仕草は「それ以上近寄ったら攻撃するぞ!」という、いわばわんこからの最後通牒である場合が多いので、そのまま撫でようとしたり、距離を詰めようとすると、噛みつかれる恐れがあります。

「うなる」から「噛む」に移行するまでの時間には個体差があり、中にはすぐに噛んでくる子もいます。こんな仕草をとられたときにはすぐに手を引っ込めて距離をとるのがお互いのためです。

4.しっぽを振る

しっぽを突き出している犬

1つ誤解してしまいがちなのが、わんこがしっぽを振っているときです。「え?しっぽを振っているってことは、歓迎してくれてるんじゃないの?」と勘違いしてしまいがちですが、わんこがしっぽを振るのは嬉しいときや楽しいときなど、正の感情を抱いているときだけに限りません。

相手を警戒していたり、敵意を向けているなどといった負の感情を抱いているときにも、しっぽを振ることがあるのです。

負の意味でしっぽを振っているときには、口を閉じてうなり声を上げている、姿勢を低くして飛びかかる体勢をとっているなど、嬉しいときには見られない仕草が伴いますので、しっかり見極めないと危険です。

まとめ

撫でられて幸せそうな犬

いかがでしたでしょうか?わんこが拒否している態度を知っておくことは、わんこにストレスをかけないためにも、咬傷事故などの不幸な事故を防ぐためにもとても重要です。

また、たとえ、ここでご紹介したような拒否の仕草や態度を見せていなかったとしても、わんこを突然撫でくり回すのはNG行為です。わんこを見つけて撫でたいと思ったときには、まず飼い主さんに「撫でてもいいですか?」と許可をとることから始めましょう。

そして、許可がとれた場合には、突然頭の上から手を伸ばすのではなく、わんこに威圧感を与えないよう、顔の下から手の甲を差出し、匂いを嗅いで慣れてもらってから撫でるのがスマートな愛犬家ですよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。