犬にNGな『ご飯の与え方』4選!今すぐやめたいダメ行動とは?

犬にNGな『ご飯の与え方』4選!今すぐやめたいダメ行動とは?

この記事では「犬にNGな『ご飯の与え方』4選!今すぐやめたいダメ行動とは?」をテーマに、ワンちゃんにご飯を与える際にしてはいけないNGな与え方について、いくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にNGなご飯の与え方1:欲しがると必ず与える

スプーン

ワンちゃんが欲しがった時に必ずご飯を与えていることはないでしょうか?これにはメリットもありますが、デメリットもあります。メリットとしてはお腹が空いた時に飼い主さんに催促することから空腹になることがなく餌のロスが少なくなります。

そして、デメリットは主に2つあります。1つ目はしつけ面です。欲しいときに必ず与えるというのはワンちゃんからしてみたら嬉しいことですが、その反面催促したり主張をしたら飼い主さんは何でもしてくれると思う可能性もあります。

家庭ごとに暮らし方は異なることから一概にいけないというわけではありませんが、犬の催促に応える習慣はわがままにつながる可能性が高いので、できるだけやめた方が良いでしょう。

次に2つ目のデメリットは肥満です。ワンちゃんにもよりますが、犬食いという言葉があるようにご飯を与えたら与えた分だけ食べるワンちゃんもいます。

また、暇だからとりあえずご飯を食べると思っていたり、食べる量が日に日に増えていったことにより胃が大きくなり適量以上を食べてしまうこともあります。

このように要求に応えて必ず与えていたらメリットよりもデメリットの方が目立ちます。そのためなるべくは決まった時間に適量を与えた方が良いと思います。

犬にNGなご飯の与え方2:食べさせてはいけないものを与える

散歩中に食べる犬

ワンちゃんは好奇心が旺盛な動物です。中には警戒して知らないものやあまり食べないものを食べない犬もいますが、そうではない場合だと飼い主さんが与えたものを何でも食べてしまう場合もあります。

そのため、犬に中毒を起こすといわれているブドウやねぎ類は与えないようにし、食べすぎにより下痢をし脱水症状の危険もある生野菜を与える場合は、少量を与えるようにしてください。

犬にNGなご飯の与え方3:食べている最中に邪魔をする

食事中の犬

ワンちゃんが集中してご飯を食べている最中に邪魔をするのもNGなご飯の与え方です。夢中になっているということはその時は警戒をしていない時です。その最中に飼い主さんが体を触ったりおもちゃを使って邪魔をしたら驚いてしまいます。

それがきっかけで警戒心の強い犬になってしまうこともありますし、邪魔をされることにイライラしてしまうこともあります。

また、ダラダラとご飯を食べることが習慣化し、規則正しく生活していても乱れてしまう恐れもあります。そのためご飯を食べている時は邪魔をしないようにして、遊ぶにしても食べ終わってから遊ぶようにしてください。

犬にNGなご飯の与え方4:体に合わないご飯を与える

子犬と皿

ワンちゃんの体に合わないご飯を与えることもNGな与え方です。特にワンちゃんがアレルギーを持っている場合は気をつけなければいけません。万が一該当する食物を摂取してしまうと様々な症状が出てしまいます。

最悪の場合命にも関わってくるため、普段と様子が違っていてその症状が出る前に何か食べ物を食べていたのならば、すぐに獣医師さんに相談して対処するようにしてください。

まとめ

ドックフードと犬

このようにワンちゃんのご飯の際にしてはいけないNGな与え方はたくさんあります。人間と違い犬は会話をすることが出来ないために、ついNGな与え方をしてしまっても気づかない場合があります。

しかし、今回紹介した例を仮に人間にした場合でもNGなことがわかるように、根本的には人間が食事をするときとワンちゃんが食事をする時は同じです。

ワンちゃんの性格や環境により適したご飯の与え方があると思いますので、今回紹介した例を参考に相川が喜ぶような与え方をしてください。そうすればワンちゃんもご飯の時間を今まで以上に嬉しく感じてくれるはずです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。