犬に洋服を着せると嫌がる心理3選!その洋服が本当に必要かどうか考えてみよう

犬に洋服を着せると嫌がる心理3選!その洋服が本当に必要かどうか考えてみよう

最近では、洋服を着ているわんちゃんをよく見かけるようになりました。洋服を着せる行為については、賛否両論あります。犬自身は、洋服を着ることに対してどう思っているのか、考えていきましょう。

お気に入り登録

犬が洋服を嫌がる理由3選

不満そうな犬

1. 動きにくい

洋服を着慣れていないわんちゃんにとって、洋服は違和感でしかないのです。洋服を着た途端に固まって動かなくなってしまう、歩き方がぎこちなくなる、走りにくそうにしている、というのはよくあるパターンです。

2. 毛繕いができない

毛繕いをするのは猫だけだと思われがちですが、実際には犬も時々毛繕いをしています。比較的足を舐めていることが多いのですが、長袖の洋服を着ていると足が舐めにくくなるため、ストレスの原因になることがあります。

3. 洋服のサイズが合わない

犬の体型に合っていない、サイズが合わない洋服を着せると、犬の動きを制限してしまいます。伸縮性の少ない洋服も同じです。自由に動けない洋服を嫌がるのは当然のことと言えるでしょう。

犬に洋服を着せるメリットは?

毛の飛び散り防止

コーギー

いくらブラッシングを心がけていても、犬の抜け毛は飼い主にとって気になるところです。特に換毛期になるといつも以上に毛が抜けるため、気付くと毛が宙を舞っていることもしばしば。

おでかけして飲食店や公共施設に入る際には、洋服を着せていると毛の飛び散りを軽減できます。

体温調節

2匹のチワワ

チワワなどの小型犬は、暑さや寒さが苦手です。夏はクール素材の洋服を着せることで「UVカット」「接触冷感」効果があり、冬は暖かい素材の洋服を着せることで「保温」効果があります。

但し、洋服を着ることで逆に体温調節がしにくくなる犬種もいるので、注意が必要です。

傷口や皮膚を守る働きがある

術後服を着た犬

怪我や手術で傷口があるとき、皮膚に炎症が起きているときは、「術後服」が役立つことがあります。術後服とは、傷口を清潔に保ち、出血や皮膚の炎症悪化を防ぐ目的の洋服です。

「エリザベスカラー」も用途としては同じですが、付けるのを嫌がる犬も多いため、代わりに活用できるのが術後服になります。

オシャレをして記念写真が撮れる

ヨークシャーテリア

犬も大事な家族の一員。誕生日や結婚式といった特別な日には、犬も一緒に記念写真を撮る方が増えています。リボンを付けるだけでも可愛らしいですが、ドレスやタキシードを着せてあげると、一段と素敵な記念写真が撮影できると思います。

洋服はないとダメ?デメリットは?

費用がかかる

ポメラニアン

ペットウェアはかなり充実していますが、洋服を買うとなるとどうしても費用がかさみます。生地やデザインにこだわった洋服を選ぼうとすると、人間並の価格で販売されているものもあります。

費用を抑えるために手作りするのも良いですが、作る手間はかかってしまうので、時間に余裕がないと難しいかもしれません。

犬が必ずしも喜ぶとは限らない

冒頭にも記載した通り、全ての犬が洋服好きな訳ではないので、飼い主が良かれと思って着せている洋服が犬にとっては迷惑な可能性があります。犬が嫌がってすぐに洋服を脱ごうとしているのであれば、無理に着せない方が賢明です。

まとめ

ヨークシャテリア

犬に洋服を着せる際、一番重視すべきポイントは「犬が嫌がっていないかどうか」です。嫌がっている場合には、洋服を着せるべきタイミングなのかどうか、改めて必要性を考えてみましょう。外見のオシャレであれば、可愛い首輪やバンダナを付けるだけでも雰囲気が変わりますよ!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。