犬にベタベタくっつきすぎるのが良くない理由3選!悪影響があるって本当?

犬にベタベタくっつきすぎるのが良くない理由3選!悪影響があるって本当?

犬は群れの中で生きる動物ですが、四六時中かまわれたいわけではありません。愛犬と四六時中触れ合うことは愛犬の精神だけではなく、飼い主さんご自身の精神にも悪影響を及ぼす恐れがあります。今回は【犬をかまい過ぎると良くない理由】を3つ解説いたします。

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

過度な触れ合いとは?

パソコン作業する人とコーギー

愛犬と目が合うたびに話しかけたり、抱き上げたり、何をするにも一緒にいようとしていませんか?愛犬は喜んで飼い主さんに応えようとするかもしれませんが、このような触れ合い方は「かまい過ぎ」に当たります。

愛犬と飼い主さんがそれぞれのひとり時間を過ごせていない状態は、愛犬にも飼い主さんにも良い状態とは言えません。

1.ストレスが溜まる

上目遣いのゴールデンレトリバー

犬が「かまわれたくない」と思うタイミングは

  • 食事中
  • トイレ中
  • 音や匂いに集中している時
  • 睡眠中

などです。何かに集中していたり、眠たくてウトウトしているときなどにかまわれるとストレスを感じやすいです。

飼い主さんからのスキンシップを「イヤだな」と感じてしまうことは、お互いの信頼関係を崩してしまう原因にもなります。

2.分離不安になる

玄関に座る犬の後ろ姿

情緒不安定から分離不安に

目が合うたびにかまったり、何をするにも一緒にいようとする触れ合い方を続けていると、飼い主さんの関心が自分にないと情緒不安定な子になってしまう恐れがあります。

その情緒不安定な状態が悪化すると、飼い主さんがかまってくれない時や留守番中に取り乱して問題行動を起こしたり、体調不良になったりする「分離不安」の状態になってしまいます。

「好き」よりも「不安」が勝ってしまう

飼い主さんの後追いをしたり、いつも飼い主さんにくっついていようとするのは、飼い主さんが好きだからという気持ちよりも「一緒にいないと不安だから」という気持ちが強くなっている恐れがあります。

もちろん、犬は飼い主さんを慕って一緒にいようとすることは多くありますが、四六時中くっついていようとするのは行き過ぎた状態です。

3.飼い主さんの依存

犬を抱きしめる男性

犬が飼い主に依存してしまうのは、飼い主さんが愛犬に依存しているということが大きな原因になる場合もあります。犬の分離不安の背景には、飼い主さんと愛犬の"共依存"があることも少なくありません。

飼い主さんにとっては深い愛情の表現であっても、行き過ぎた触れ合いは愛犬を「飼い主さんがいないと情緒不安定になる子」にしてしまう恐れがあります。そして、愛犬への依存は深刻なペットロスにも繋がりやすいということも心配です。

犬にとって健全な触れ合いとは?

ラブラドゥードゥルと本を読む女性

回数や時間よりも濃密さが大切

社会性の高い動物である犬も、24時間集団行動をしているわけではありません。家族や群れといった集団の中にいても、ひとりでゆっくりくつろぐ時間もたくさんあります。

犬と猫を比較してみると、社会性がそれほど高くない猫は「あいさつ程度の軽い触れ合いを頻繁に行う」という方法で社会と繋がります。一方、社会性の高い犬の場合は「ぎゅっと濃密な触れ合いを数回程度行う」という方法で社会と繋がります。

犬にとって自然な触れ合いとは、濃密な時間をメリハリを持って共有することと言えます。

自立したパートナーシップ

犬と飼い主が健全なパートナーシップを築くには、お互いに自立していることが前提となります。自立できるということは、お互いに「何があっても繋がっている」という信頼があってこそです。

四六時中一緒にいなくても、犬は私たちの愛情をちゃんと受け取っています。「ちゃんと理解してくれる」「何でもしてあげなくても大丈夫」と、まずは私たちが犬たちのことを信頼してあげることが大切ですね。

まとめ

女性の顔をなめる犬

愛犬を不幸にしたい飼い主さんはいません。ずっと一緒にいたいのも、ついかまってしまうのも、すべては愛犬への深い愛情によるものです。

しかし、その愛情が意図せず愛犬や飼い主さんに悪影響を及ぼす恐れがあることを知っておく必要があります。

愛犬をかまいすぎてしまうと

  • 愛犬にストレスが溜まる
  • 分離不安になる
  • 飼い主さんも愛犬に依存する

というネガティブな結果を招く恐れがあります。

犬と飼い主さんが健全なパートナーシップを築くには、お互いに自立していることが大切です。濃密に共有できる時間もあり、お互いに離れて思い思いに過ごす時間もあるというメリハリのある触れ合い方が望ましいです。

かまうことだけが愛情ではありませんし、四六時中かまっていなくても犬たちは私たちの愛情をちゃんと理解できる動物です。愛犬の心と身体の健康のために、そして飼い主さんとの良好なパートナーシップのために、愛犬への接し方を今一度見直してみたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。