犬に食べさせてはいけない『NGな夏の食材』6選

犬に食べさせてはいけない『NGな夏の食材』6選

この記事では「【要監修】犬に食べさせてはいけない『NGな夏の食材』6選」をテーマに、ワンちゃんに食べさせたら危険な夏の食材をいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬に食べさせてはいけないNGな夏の食材:1ニラ

ニラ

ニラには硫化アリルという成分が含まれています。この硫化アリルは玉ねぎやネギにも含まれています。この硫化アリルがワンちゃんに様々な症状を引き起こすため危険と言われています。起こる症状として、

  • 貧血
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 痙攣
  • 血色尿素

などが有名です。血色尿素とは尿の色が変色する現象です。

もちろん、ニラや玉ねぎは生でも加熱した状態でも与えてはいけないのが当たり前です。その理由は先ほどの含有されている硫化アリルという物質が、熱を加えても消えないため焼いたり煮たりすれば消失するというわけではないからです。

また、煮汁にも硫化アリルが含まれているため、料理からニラ自体を取り除いたからと言って安全というわけではありません。そのため、ニラなどと一緒に煮たりした食べ物もワンちゃんに食べさせてはいけません。

犬に食べさせてはいけないNGな夏の食材2:しょうが

しょうが

ドッグフードにも含まれている生姜ですが、与え方によってはワンちゃんに害を与えてしまう恐れがあります。

気をつけなければいけないのが生姜は血行を促進し体温を上げる効果があります。そのため食べすぎた場合下痢や嘔吐をしてしまうかもしれません。

量の多さは体質や犬自身の身体の大きさにより異なりますが食べて様子がおかしいと思ったら獣医さんに診てもらうようにしてください。

犬に食べさせてはいけないNGな夏の食材3:ナス

ナス

アントシアニンが豊富で抗酸化作用があるナスも扱いには気をつけなければいけない夏の食材です。

理由はナスのアクと食物繊維です。ナスのアクがカルシウムと結合することにより、尿石症の原因になる恐れがあります。そのため他に与えるものがあるならばあえて与えるべき食べ物ではありません。

また食物繊維が多いこともワンちゃんには不向きな野菜です。それでもどうしても与えたい場合は加熱して、水洗いをし、アクを流しきってから少量だけ与えるようにしてください。

犬に食べさせてはいけないNGな夏の食材4:ぶどう

ぶどう

夏から秋にかけて旬を迎える甘くて美味しいぶどうもワンちゃんには危険な夏の食材です。それは、ぶどうを食べてしまったことにより、腎不全や下痢などの中毒を起こしてしまう報告が多いからです。

特に腎臓病のワンちゃんには危険です。また、持病があると重篤症状を引き起こす可能性もあります。レーズンなどの干しぶどうにも同様の危険性があるため、与えないようにしてください。

犬に食べさせてはいけないNGな夏の食材5:さくらんぼ

さくらんぼ

初夏に旬を迎えるさくらんぼも取り扱いには気をつけなければいけません。それはワンちゃんにとって、さくらんぼの葉、茎、種が有害で中毒性があるからです。

果実は与えて問題ないのですが、小さいためにワンちゃんが種を誤食する可能性が高いので、飼い主さんが葉や茎、種をしっかり取り除いてから果肉のみを与えるようにしてください。

犬に食べさせてはいけないNGな夏の食材6:モモ

モモ

整腸作用のあるペクチンも豊富な夏の食材のモモも扱い方によってはワンちゃんに害を与えてしまいます。モモもさくらんぼ同様に葉、茎、種を食べることにより、中毒を起こすことが報告されています。

特に種には有毒のシアン化合物が含まれています。そのため与える際は果肉だけを与えるようにしてください。また、モモには水分がたくさん含まれているため与える際も量を加減するようにしてください。

まとめ

水を飲んでいる犬

いかがでしたでしょうか?犬に食べさせてはいけないNGな夏の食材の例として、

  • ニラ
  • しょうが
  • ナス
  • ぶどう
  • さくらんぼ
  • モモ

の6つを紹介しました。夏は暑さとの戦いです。安全で美味しいものを食べてワンちゃんと楽しく夏を乗り越えましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。