犬がいたずらをしていたときに飼い主がやってはいけないNG行為3選

犬がいたずらをしていたときに飼い主がやってはいけないNG行為3選

犬のいたずらはよくあることですが、飼い主としては出来るだけすぐにやめさせたいですよね。そんな時、飼い主がやってはいけないNG行為を紹介します。

お気に入り登録

NG行為①追いかける・騒ぐ

男の子に追いかけられる犬

犬が家具や飼い主さんの持ち物を噛んだり、壊したりなどのいたずらをしていると慌てて止めたくなることでしょう。しかし、犬がいたずらをしている時に「コラ―!」「やめて!」などと大きな声で騒いだり、犬が持っている物を取り返そうと追いかけ回したりすることはNGです。

犬がいたずらをする時、その多くは退屈していたり飼い主さんの注目を集めたいという気持ちがあります。そのため、いたずらをしている犬に対して騒いだり追いかけたりすると、犬は喜んでしまいます。

少しくらい怒られたとしても、飼い主さんの注目を集められたことの方がうれしいことから「いたずらをすれば飼い主さんがかまってくれる」と勘違いしてしまうのです。

そのように勘違いした犬は、飼い主さんと遊びたい時やかまって欲しい時にいたずらをくり返すようになりやすく、どんどんエスカレートしていってしまう可能性があるので注意しましょう。

いたずらしている犬を止めたい時は、無言で冷静に物を取り上げたり、片付けたりすることが大切です。騒げば騒ぐほどいたずら行為が定着してしまいやすいので落ち着いて対応するようにしてくださいね。

NG行為②時間が経ってから叱る

いたずらを叱られるトイテリア

留守番中や目を離しているすきに物を噛んで壊したり、しまっておいたものを引っ張り出したりするなどいたずらをする犬は多くいます。帰宅して散らかった部屋を見て呆然としたことがある飼い主さんも少なくないでしょう。

そうした時、ついつい叱りつけたくなってしまいますがどうかぐっとこらえてください。時間が経ってからそのいたずらを叱っても、犬にとっては何を叱られているのか理解出来ないからです。

短期的な記憶力があまりよくなく、言葉で説明しても理解出来ない犬に対して何時間も前に行ったいたずらについて叱ったところでなぜ叱られているかわからないのです。

もちろん飼い主さんが怒っていることや自分が叱られていることはわかるので、「飼い主さんが帰ってくると怒られる」を思ってしまったり、叱る直前に犬がしていた行動を叱られていると勘違いしてしまうこともあります。

犬を叱る時は基本的にその場ですぐに、つまり“現行犯”でなければしっかりと伝わらないのです。

NG行為③体罰を与える

掴まれて怖がる犬

いたずらに限ったことではありませんが、犬を叱る時に叩いたり蹴ったりと体罰を与えることはNGです。愛犬や飼い主さん自身、他者の安全を守るためなど緊急事態などに使わざるを得ないこともありますが、基本的なしつけの中では体罰を使う必要はありません。

体罰は的確なタイミングと適切なタイミングで行われなければ、「いたずらをしてはいけない」と伝えることはむずかしいと思いますし、正しい行動を教えることが出来ません。

そのため、体罰を与えられた犬はただ苦痛を感じるだけで、飼い主さんに対して不信感を持つようになってしまうかもしれません。体罰を用いて行動を修正するしつけは、訓練士など知識と経験豊富なプロでなければむずかしいでしょう。

まとめ

綿をいたずらする犬

室内で一緒に生活をしていると、犬はどうしても飼い主さんの持ち物や家具などに興味を持ちいたずらしてしまうことがあります。

まずは犬にいたずらされると困るものは、犬が届かない場所に片づけるようにしましょう。そして、犬が退屈をしないよう噛んで遊べるおもちゃなどを複数用意してあげるようにしてください。

犬がいたずらをしているのを発見した時は、“現行犯”であれば「ダメ!」「NO!」など短い言葉で叱り、持っている物を取り上げます。

いたずらの後であれば無言で片付けて再度いたずらをされない工夫を考えてみましょう。いたずらをすることで飼い主さんがかまってくれると勘違いさせないよう、冷静に対応することが大事なポイントです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。