犬が『クーラー病』になっている時に出る初期症状4選

犬が『クーラー病』になっている時に出る初期症状4選

この記事では「犬が『クーラー病』になっている時に出る初期症状4選」をテーマに、ワンちゃんがクーラー病になったときにみられる症状を紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬がクーラー病になっている時に出る初期症状1:元気がなくなる

寝込んでいる犬

ワンちゃんがクーラー病になった時に出る初期症状としてまず紹介するのが、元気がなくなることです。

この症状の原因で考えられるのがクーラー病による自律神経の乱れです。自律神経が乱れると元気がなくなったり、他にも様々な悪い症状が体に表れます。

クーラー病になると自律神経の乱れが生じます。そして自律神経の乱れにより起こるのが「元気がなくなる」という症状。それまで元気に過ごしていたワンちゃんが、ダルそうにしたり、少し動いただけで疲れるようになったりするため、散歩好きであっても散歩に行きたがらなくなります。

犬がクーラー病になっている時に出る初期症状2:食欲不振になる

ご飯を前にする犬

次にクーラー病になった時に出る初期症状として紹介するのが、食欲不振になることです。この食欲不振も自律神経の乱れが影響しています。

自律神経が乱れることにより、胃腸などの消化器官の働きが低下し、体が食べ物を受け付けなくなるため、食欲が湧かなくなります。

普段よくご飯を食べるワンちゃんで夏場に急に食欲がなくなった場合、クーラーの効いた部屋で長時間過ごしていたなら、クーラー病が原因かもしれません。

犬がクーラー病になっている時に出る初期症状3:風邪のような症状になる

マスクをつける犬

ワンちゃんがクーラー病になった時に風邪のような症状になることもあります。

これも自律神経の乱れが影響しています。自律神経の乱れにより、鼻の粘膜が過敏になってくしゃみや鼻水が出たり、気道が狭くなって咳が出たりします。

「夏風邪かな?」と思いながら動物病院に連れて行くと実はクーラー病だったということも。

また人間でもよくあることですが、咳が出るのは乾燥が原因の場合もあります。

そのため、室温だけ気にするのではなく湿度も適切であるかを確認するようにしてください。

犬がクーラー病になっている時に出る初期症状4:下痢や嘔吐をする

トイレに座る犬

最後に紹介するクーラー病になった時に出る初期症状は下痢・嘔吐です。

胃腸が不調になることでこのような症状が出るのですが、原因は冷えによる自律神経の乱れ。自律神経の乱れにより胃腸の働きが低下して下痢や嘔吐を起こします。

また犬種によりお腹の毛が少ないワンちゃんは、冷えが直接お腹にくることからクーラー病になった際に下痢や嘔吐をしやすいです。

まとめ

窓の外を見る犬

いずれの場合も室温の下げ過ぎによる自律神経の乱れが影響しています。夏場の熱中症対策のため、エアコンを使って室温を下げるのは犬にとっても大切なことですが、下げ過ぎはよくありません。

また快適に過ごすためには室温だけでなく湿度も気にしなくてはいけません。室温を下げすぎることなく、適度な温度と適度な湿度を維持するようにして、ワンちゃんがクーラー病にならない快適な環境づくりをするようにしてあげてください。

そして、ワンちゃんの体調があまり良くないと気付いたときは、躊躇せず動物病院に行き診察をしてもらうようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。