犬のしつけをしないとどうなる?考えられる4つの危険なこと

犬のしつけをしないとどうなる?考えられる4つの危険なこと

愛犬のしつけをしないといけないのはわかっているけれど、愛犬がなかなか覚えてくれないし、あんまり強く叱るのも可哀想だし・・・なんて理由でしつけを放棄してしまっていませんか?しつけをしないとどんな危険が待っているのか、もう一度見直しましょう。

お気に入り登録

1.咬傷事故を起こす

男性の手を噛む犬

子犬のしつけで苦労しがちなのが、甘噛みのしつけ。力の弱い子犬が遊びでしている甘噛みのうちはケガに至る恐れもほとんどありませんが、成犬になるまでしつけをせずに放置してしまうと、力の加減がわからないまま噛んでしまい、咬傷事故を起こしかねません。

飼い主さんや家族までならまだ大きな問題にはならないかもしれませんが、お散歩中に出会った人やわんこ、自宅を訪ねて来た人を噛んでしまい、ケガをさせてしまった場合には、訴訟問題に発展するケースもあります。

2.無駄吠えでトラブルになる

吠えかかっている犬

子犬に自我が芽生えたころに問題となりはじめるのが、無駄吠えです。玄関チャイムの音や掃除機の音に吠えたり、おやつや散歩を要求して吠えたりと、何かにつけて吠えてしまう子もいるのではないでしょうか。

特に要求吠えの場合には、わんこが諦めるまで吠え声を無視しつづけることが大切になったりもしますが、あまりのけたたましさに耐えきれず、飼い主さんが折れてしまうことで、しつけが上手くいかないというケースもよく聞きます。

けれど、わんこの吠え声はご近所トラブルの元にもなりやすいですし、飼い主さんのストレスにもなりやすいもの。放置は厳禁です。

3.逃亡して行方不明になる

走り去る犬

わんことのお散歩の基本は、飼い主さんが主導権を握って行き先を決めて歩き、その横にわんこがぴったりとくっついて従う「リーダーウォーク」。ですが、何もしつけをしなければ、わんこはグイグイと飼い主さんを引っ張って歩きたがります。

特に力の強い大型犬の場合、飼い主さんのコントロールが効かなくなり、リードをつけたまま逃走してしまうなんてことにもなりかねません。そのまま行方不明になってしまうリスクももちろんですが、車に轢かれてしまったり、他の人に襲いかかったりといった事故に発展する可能性もあります。

4.ストレスから体調不良になる

薬を見つめている犬

わんこと暮らしていくには、お互いに適度な距離を保つことが大切です。ですが、愛犬が可愛いあまりに甘やかしてしまい、お留守番のしつけもせずにいつでもどこでも一緒のベッタリ生活になってしまうと、愛犬が飼い主さんに依存するようになってしまいます。

こうなると問題になるのが、わんこが飼い主さんと離れていられなくなってしまう分離不安症です。少しでも飼い主さんの姿が見えなくなると吠えたり、破壊行動を起こしたり、ひどい場合には、ストレスから下痢・嘔吐などの体調不良に陥ってしまうこともあります。

現代の人間社会で暮らしている以上、どうしても愛犬と一緒にいられない場面というのは出て来てしまうもの。お互いに依存しすぎない関係でいることが大切です。

まとめ

マテのしつけ中の犬

いかがでしたでしょうか?どんなに賢いわんこであっても、しつけにはある程度の根気が必要です。その子の個性によっては、かなり長い時間付き合う覚悟がいる場合もあるでしょう。

ですが、愛犬と一生を共にするためには絶対に避けては通れない時間です。もし行き詰まってしまった場合にはプロの手を借りることも恥ずかしいことではありません。最低限のしつけをしっかり終えたうえで、幸せなドッグライフを過ごしたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。