犬が飼い主が食べているものを欲しがる理由3選!与えても大丈夫なの?

犬が飼い主が食べているものを欲しがる理由3選!与えても大丈夫なの?

ご飯やおやつを食べている時、キラキラしたまなざしで食べ物を欲しがる犬は多いと思います。犬たちはなぜ飼い主の食べものを欲しがるのでしょうか?また、飼い主が食べているものを与えても大丈夫なのでしょうか?

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が欲しがる理由①おいしそう♪

人の持っている食べ物を見つめるボストンテリア

飼い主さんが食べているものを犬が欲しがる理由と言えば、やはりそれがおいしそうなものだからだと思います。基本的に食べることが好きな犬の場合、どのようなものをおいしそうに感じるでしょう。それに、犬が食べているものとは違う香りがするなど興味を引かれやすいのだと思います。

また、飼い主さんが食べているものを一度でも“おすそわけ”してもらった経験のある犬は、特に欲しがる傾向にあります。普段食べている犬用のフードやおやつに比べて、人間用の食べものの方が味が濃いため、犬にとってもおいしいと感じやすいでしょう。

そのため、飼い主さんが食べているときに少しでも分けてもらい、そのおいしさを知ってしまった犬は「またもらえるかもしれない」と思って欲しがるのです。

飼い主さんをじっと見つめたり、前足をかけたり、テーブルに飛びついたりして「欲しい!」とアピールしますが、そのアピールに負けて食べものを与えてしまうと、そうすることで食べものをもらうことができると学習してしまうのです。

犬が欲しがる理由②特別なものに見える!

立ち上がってテーブルの上のクッキーを見る犬

飼い主さんが食べているものを欲しがるとき、食べもの自体をおいしそうに感じているというだけでなく、飼い主さんが食べているから特別なものに見えて、欲しくなるということも考えられます。これは人だけでなく、他の犬が食べているとそれがとても良いものに見えるということもあります。

犬は毎日同じドッグフードを食べていることも多く、飼い主さんが食べている“他の食べもの”が特別なものに感じるのです。そのため、飼い主さんが食べているものが何であっても欲しがるでしょう。例えば、飼い主さんが犬が食べているドッグフードと同じものを食べていたとしても欲しがる行動を見せるでしょう。

ちなみに、こうした傾向を持つ犬の場合、偏食に陥ったときなどに飼い主さんが食べているふりをしたり、他の犬と一緒に食べさせたりすることで食べる意欲が湧くこともあります。

飼い主が食べているものを与えても大丈夫?

差し出されたアイスを食べるジャックラッセルテリア

犬が飼い主さんの食べているものを欲しがることはよくあることですが、基本的には与えない方がいいでしょう。特に室内で一緒に生活している場合、飼い主さんが食べているものを与えると、“もらい癖”がついてしまうことが考えられます。

一度でも食卓などから食べものを分けてもらうことで、「またもらえるかもしれない」と思って飼い主さんが食卓についている間中期待してしまうでしょう。

期待するだけでなく「頂戴!」と飼い主さんにアピールしたり、食卓に飛びついてきたりと行動がエスカレートしていくことも。また、飼い主さんが食べているものや食卓に置いてあるものを食べていいと勘違いして、盗み食いするようになってしまうことなどもあります。

また、飼い主さんの食べものを与えることは、行動面だけでなく栄養面でも犬にとって悪影響を及ぼすことがあります。チョコレートやねぎ類、ぶどうなど犬の健康を害する食べものを与えないように注意していると思いますが、気をつけないといけないことはそれだけではありません。

人間用の食べものは塩分や糖分が多く、犬の体に刺激となる香辛料などが含まれていることもあります。一度食べただけでは問題なくても、繰り返し与えて蓄積されることで消化器官に負担をかけることがあるので注意しましょう。

まとめ

食卓で飼い主と向かい合ってご飯を食べるビーグル

食事をしているときなどにキラキラとしたまなざしで愛犬から見つめられると、ついつい与えたくなってしまいますよね。飼い主さんが食べているものは特別なものに見えるので犬たちはとても欲しがると思いますし、一度でももらうとそのおいしさに魅了されてしまうかもしれません。

人間用の食べものを食卓から“おすそわけ”してもらう癖がつくと、もらえないことに犬がストレスを感じたり、飼い主さんに対して吠えたり噛んだりして食べものを要求するようになってしまうことなどもあります。

また、調理済みの人間の食べものは犬の体に負担をかけることもあるため、できるだけ与えないようにした方がいいでしょう。

犬が欲しがっていても与えないようにすることで、もらえないことが当たり前になり欲しがる行動もしなくなります。お互いにストレスなく食事をするためにも、できるだけ飼い主さんが食べているものは与えないようにすることをおすすめします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。