夏の犬の散歩で絶対に注意すべき4つの危険要因

夏の犬の散歩で絶対に注意すべき4つの危険要因

暑いのが苦手な犬にとって夏はとても過酷で危険な季節となるので、散歩に出かけるときは注意すべきことがたくさんあります。愛犬に快適な散歩をさせるためには危険要因を知って対策を行うことが大切といえるでしょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.日中の散歩はとても危険

散歩する人と犬

気温が高くなる夏には暑さが苦手な犬にとって危険なものがたくさんあります。『日中の気温』もその1つとなり、一日で最も暑くなるお昼に散歩をするのはとても危険なことといえるでしょう。

日本の夏は昼間だと気温が30度後半まで上がってしまいますよね。この気温は人間でも熱中症などになる危険がありますが、人間よりも体温が高く体内の熱を逃がすのが苦手な犬の場合はさらに暑さによって体が不調になりやすく過酷なものになります。

ですので、夏の散歩は少しでも涼しい時間帯に行くようにしましょう。理想的な散歩の時間帯は午前中だと早朝の6時前後。午後だと夜9時以降に行くのがベストといえます。

どちらも一日のなかで涼しい時間帯となり、昼間熱せられたコンクリートがある程度冷まされている時間帯となるので愛犬が快適に散歩することができると思いますよ。

2.熱中症になる危険性

ペロッと舌を出している犬

先ほどもお伝えしましたが、暑い季節や気温の高い日は犬が『熱中症』になるリスクがグンっ!と高くなってしまいます。日中に散歩に連れて行くと熱中症になる可能性が非常に高くなるのはもちろんのこと、気温が下がって涼しくなった朝や夜もそれなりに気温が高いので、念のため熱中症対策をして散歩に行くようにしましょう。

例えば、水で濡らした服やバンダナを着用させる。保冷剤が入れられる服を着せる。散歩中に霧吹きなどで体を濡らし体の熱を下げてあげる。といった暑さ対策をしてあげると熱中症になりにくくすることができますよ。

ただしこの時間はあくまでも目安です。気温が高い日や、湿度が高くムシムシする日はあえて散歩に出ない選択をすることも大切です。

3.脱水症状に要注意

水を飲む犬

気温の高い夏は犬が『脱水症状』になってしまう可能性も非常に高いといえます。ですので、散歩に行くときは飲み水を持っていき、こまめに水を飲ませて水分補給をさせることが大切といえます。

飲み水はマナー水の代わりとして使ったり愛犬が熱中症になってしまったときに体を濡らして体温を下げたりと何かと便利な使い道がありますから、夏だけでなく散歩に行くときはいつも持ち歩くことをおススメします。

ちなみに30分以上散歩に連れて行く場合は水ではなく犬用のスポーツドリンクを散歩中に飲ませるのも良いと思います。水分と一緒に糖分やナトリウムなどの栄養を補給することによって、より脱水症状の危険から身を守ってあげることができるといえるでしょう。

4.肉球がケガをする危険性

モフモフな肉球

意外と知らない人が多い夏の危険要因、それが『熱せられたアスファルト(コンクリート)の道路』です。暑い日は直射日光によってアスファルトの道路が熱せられ、日中は60度を超えるほどの高温になってしまいます。

もし、犬がそんな高温になっている道路を歩いてしまうと……、肉球を火傷してケガを負ってしまう可能性がとても高いといえるでしょう。愛犬の肉球が傷つかないようにするためには、アスファルトの熱が冷めた時間帯……早朝や夜に散歩に連れて行くのがベストといえます。

ただ、夜散歩に行く場合はアスファルトにまだ熱がこもっている可能性があるので気をつけてくださいね。また、犬用の靴下や靴を履かせるのも良い対策になりますし、地面が土になっている場所で散歩させるのもおススメといえます。アスファルトよりも熱がこもりにくいので愛犬が快適に散歩しやすいといえるでしょう。

まとめ

夜の街と犬

夏の散歩は犬にとって注意すべきことがたくさんあります。暑い日に愛犬がどれだけ安全快適に散歩できるかは飼い主の対策しだいといえますので、危険要因への対策をしながら散歩に連れて行ってあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。