犬が『絶対に触られたくない人』にしている仕草や行動4選

犬が『絶対に触られたくない人』にしている仕草や行動4選

犬もそれぞれ正確が違うため、とてもフレンドリーな犬もいれば、飼い主以外は苦手とする犬もいます。今回は犬が『絶対触られたくない人』にしている仕草や行動を紹介しますので、このような行動や仕草が見られたら、触ることを控えてあげましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が『絶対に触られたくない人』にしている仕草や行動

牙を剥き出して怒る柴犬

犬は撫でられたり触られたりすることが好き!そう思われがちですが、犬にも「触られたい人」と「触られたくない人」がいます。これは性格やしつけ方など、個体差が大きいですが、触られたくないと思ってる犬を無理やり触るのは、こちらとしても控えたいですよね。

今回は、犬が「絶対に触られたくない人」にしている仕草や行動を紹介するので、下記のような仕草や行動が見られたら、その場は触ることを諦めましょう。

1.唸る

唸っているチワワ

最もわかりやすいサインは、唸ることです。犬を飼っている人でなくても、犬から唸られたら「敵意を持たれている」とわかりますよね。

これは、皆さんもお気づきの通り、「それ以上近付くな」「触ろうとしないで!」と威嚇しているサインです。そのまま触ってしまうと、強いストレスを与えてしまうだけでなく、より攻撃的な行動に出る場合があるので、その場は一旦諦めましょう。

2.飼い主の後ろに隠れる

道端で犬に会い、飼い主さんから許可をもらったときに触ろうと犬に近付いたら、サッと飼い主さんの後ろに隠れてしまった…という経験はありませんか。

犬にとって、飼い主は最も信頼できる人物です。その後ろに隠れるということは、「誰?突然触ろうとしないで。飼い主さん守って!」というサインです。つまり、その瞬間は「触られたくない」と感じているのです。

飼い主さんの後ろに隠れた犬をわざわざ追いかけ、しつこく触ろうとすると、犬にとってもストレスですし、より嫌われてしまう恐れがあります。犬の方から近寄ってくるのを待ったり、しばらくしても隠れたままであれば、その日は諦めたりしてください。

3.後退りする

人の手を怖がって後退りするチワワ

触ろうと近寄ったら、1歩1歩後ろへと下がっていく…。これもわかりやすい「それ以上近寄らないでください」サインです。

基本的に飼い主にはあまり見せることがありませんが(歯磨きなど嫌なことをされそうなときは見られることがあります)、飼い主以外の人には「今は触られたくない」というときも多いので、後退りすることがあります。

この場合も、しつこく追いかけ無理に触ろうとするのではなく、犬から近寄ってきてくれるタイミングを待ちましょう。スッと手を差し伸べ、犬が手の匂いを嗅げるようにしてあげると安心することがあります。

4.体をぶるぶると震わせる

犬の中には、「触られたくない」と思っても我慢してしまう犬もいます。犬を撫でた後、犬がぶるぶるっと左右に大きく体を震わせる仕草を見せることはありませんか。

この仕草は、嫌なことをされたときに、その感情を落ち着かせるため、あるいは払拭するために行う行動です。つまり、触った後にこの仕草を見せられたら「本当は嫌だったんだけれど、我慢したんだよ」という意思表示です。触ってしまったことは仕方ないので、それ以上は無理に触ることを諦め、そっと静かに見守るようにしましょう。

犬が「触られたくない!」と思う理由

怯えた表情で上目遣いをする犬

ここまで犬が「絶対に触られたくない人」 にしている仕草や行動を紹介してきました。基本的に、犬は飼い主以外の人に触られることを好みません。

もちろん、フレンドリーな犬や人懐っこい犬など、性格的に触られることが好きな犬も多いです。しかし、犬は警戒心の強い動物なので、「触られたくない」というサインを送られても、嫌われているわけではないので安心してください。

では、「触られたくない」という意思表示をしている犬は、具体的にどのような理由で触られたくないと感じているのでしょうか。以下に主な理由を列挙します。

  • 信頼できていないから
  • 飼い主以外の人に恐怖を感じているから
  • 高圧的な態度を感じているから
  • 無理に触ろうとしてくるから

やはり、飼い主のように信頼できる人物であると認めていないことが大きな理由です。しかし、何度も会い、「この人は大丈夫」と認識されると、触ることを喜んでくれるようになる犬も多いです。

他にも、犬になれていない人の場合、触ろうとする姿勢に犬が恐怖を感じていることもありますし、単純に「そのときは触られたくなかっただけ」という気分的な理由であることもあります。

理由は様々ですが、犬が触られることを拒んでいるのであれば、無理に触ろうとはせず、犬側から歩み寄ってくれるタイミングを待ってください。

嫌がっている犬を無理やり触ろうとしないで!

NOと手を突き出す犬を抱いた女性

いかがでしたでしょうか。犬も常に触られたいと思っているわけではありません。嫌がっている犬を無理に触ってしまうと、より嫌われてしまう恐れがあります。「嫌がっているな」と感じたら、その場は諦め、少しずつ仲良くなっていきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。