犬を飼う人が絶対にしなければいけない6つのこと

犬を飼う人が絶対にしなければいけない6つのこと

これから犬を飼いたいと考えている人、すでに犬を飼っている人は、犬を飼うに当たり、絶対にしなければいけないことがあります。犬を飼うということは、家族が1人増えるということなので、重大な責務を負うことになるのです。今回は、犬を飼う人が絶対にしなければいけない6つのことを紹介します。

お気に入り登録

犬を飼う人は最期まで責任を持つことが大前提!

犬を抱っこする女性

今回は、犬を飼う人が絶対にしなければいけないことを紹介していきます。近年、ペットブームが巻き起こっていることもあり、多くの家族に犬たちが迎えられています。とても喜ばしいことではあるのですが、その一方で、犬を飼うことを軽く見ている人が多いと感じることもあります。

犬を飼うということは、犬の飼い主として、自分が飼った犬の全責任を負うということです。他人に迷惑をかけてしまえば、その責任は飼い主に向けられますし、何より、犬は飼い主がいなければ生活ができません。犬を飼うということは、その犬の生涯、命を背負うということなのです。

犬を飼う人は、最期まで責任を持ってお世話をし、愛情を注ぎ、時には正しいしつけをすることが求められます。これから犬を飼いたいと考えている方は、これを理解した上で、家族として温かく迎えてあげてくださいね。

犬を飼う人が絶対にしなければいけないこと

犬を愛おしそうに抱きしめる男性

前置きが長くなってしまいましたが、早速本題に入りたいと思います。犬を飼うにあたり、飼い主が犬を迎える際、あるいは犬を迎えてからも絶対にしなければいけないことを紹介していきます。これから犬を迎える人はもちろん、すでに犬と暮らしている飼い主さんも再確認しておきましょう。

1.犬について学習し理解する

犬を膝に乗せてパソコン作業をする男性

まずは犬について学習する努力を怠らないでください。犬について学ぶということは、愛犬を理解することにも繋がるからです。

犬は人間の言葉を話すことができません。そのため、例えば犬の仕草や行動、表情から、そのときの犬の心理を読み解き、飼い主としてどのような行動するべきかを考える必要があります。ここで、犬の行動や仕草にまつわる心理を学ぶ必要が出てくるのです。

他にも、基本的な情報(犬のお世話、適切な運動量、接し方)を学ぶことも大切です。犬の研究は年々進んでいるため、常にアップデートされていると考えてください。既に知っているよ、という方も、今調べてみてみると情報がアップデートされ、変わっている可能性もあります。時々、情報が変わっていないかチェックするのも大事ですよ。

2.ペット保険に入る

犬を飼う際、多くの人が入るペット保険。ペット保険に入ることは義務化されていませんが、愛犬にもしものことが遭ったときに備えて、入ることをおすすめします。

最近では、ペット保険も様々な種類が提供されています。価格も幅広く、ライトなプランから、分厚い手当の出るプランまであります。できるならば、そのときのために万全なプランを用意しておきたいですが、月々の支払額を考えると、愛犬の年齢がまだ若いようであれば、軽いプランのペット保険でも良いでしょう。

どちらにせよ、怪我や病気はシニア犬はもちろん、子犬や元気な成犬であっても起こり得ます。どこかのペット保険には必ず入るべきでしょう。入っていないと、いざ受診した際に、高額な医療費を支払わなければいけません。

3.必要な健診や予防接種を受ける

病院で獣医師の診察を受ける犬

犬を飼うと、始めに予防接種を受けなければいけません。中には、既に家族として迎えられる前に、最初の予防接種が終わっているという子犬もいますが、多くは、2回目から飼い主が連れて行きます。

また、1年に1回など、定期的に健康診断をしてもらうことも重要です。病気は人間と同様、早期発見が最も重要です。健康診断で異常が見つかり、早期治療をすることで回復するケースも多いので、毎年の予防接種と同様、健康診断も絶対にするようにしましょう。

4.常に部屋を清潔に保つ

今までは片付けが苦手だった人も、犬を飼うに当たり、常に部屋を清潔に掃除し、きれいに片付けなければいけません。部屋を掃除していないまま放置していると、犬にダニやノミが寄生してしまい、健康に悪影響を及ぼす恐れがあります。また、小物やおもちゃなどが床に散らばっていると、それを誤飲してしまい、窒息する危険性もあります。

何より、犬を飼うということは、自分の部屋を掃除し、きれいに保つ以上に大変です。自己管理ができてから、犬を迎えるようにしましょう。

5.お金の管理を行う

犬を飼う前、金のシミュレーションはしましたか。意外とどのくらいお金がかかるのかを計算せず、犬を迎えてしまう人も多いです。しかし、犬に関する出費は想像以上に多いです。

犬を飼うに当たって、必要な物を揃えなければいけませんし、毎月ペット関連の消耗品(ドッグフードやトイレシーツなど)も買い足さなければいけません。また、季節によっては暑さ対策や寒さ対策をする必要があるので、その幾度、対策グッズを購入する必要も出てきます。

犬が怪我や病気を患った場合、想像を超えた医療費に驚く飼い主さんも少なくありません。手術などを含むと、10万を軽く超えることもあります。他にも予防接種費用やペット保険、ドッグスクール代、愛犬と楽しむための娯楽費など、多くの出費が重なります。これらを考え、月々のお金の管理をすることはとても重要です。

6.最低限のしつけを完了させる

飼い主のマテの指示に従う犬

飼い主になることで、犬の全責任を負う義務を持ちます。そのため、他人に迷惑をかけたり、人間と一緒に共存したりする上で、守らなければいけないルールやしつけはきちんと教える必要があります。

主に最低限行うべきしつけは、トイレトレーニングや基本コマンド(『待て』『お座り』など)、無駄吠え、噛みつき癖などです。興奮して他人に飛びかかってしまう犬であれば、そこも直さなければいけません。

こうしたしつけをきちんとマスターしなければ、他の犬や人と安全に触れ合うことが難しかったり、最悪の場合、相手に危害を加えてしまったり、ご近所トラブルとなってしまうこともあります。こうしたトラブルを回避するためにも、また愛犬自身が人間と快適に共存していくためにも、最初にきちんとしつけを行うことは大切です。

犬を飼うということは犬の親になること…その自覚を持って

笑顔で見つめ合う犬と女性

いかがでしたでしょうか。犬を飼うということは、家族として犬を迎えること。すなわち、犬の親になることでもあるのです。また、犬は自分だけでは生活ができないため、生活のすべてを飼い主に依存しなければいけないことをしっかり覚えておいてください。犬を飼う人は、飼い主になるという決断が、どれほど大きな決断であるかをしっかり自覚しましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    全て飼い主の責務です。命を甘く見て責務を負う覚悟がないから捨てる人間が後を絶たない。俺はどんなことがあって捨てない。責務をもって生涯を全うする犬を活かす。飼い主になり俺は誰よりも犬のことを研究し愛犬により有効な躾を構築してきた。犬は一人では何も出来ない弱い存在。だから俺達が責務をもって生涯を活かさなければいけないのです。飼い主としての責務をもって生涯を全うする犬を活かして下さい。それが不幸な犬を減らすひとつの手段になるのです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。