【あるある】小型犬の飼い主がよく経験する5つのこと

【あるある】小型犬の飼い主がよく経験する5つのこと

あなたもこんなこと経験するかも!?『小型犬の飼い主がよく経験すること』についてまとめました。もしかして、愛犬は小型犬なのに“小型犬に見られない”という経験ありませんか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

小型犬の飼い主が経験しがちなこと

ブラッシング中のポメラニアン

1.小さくて気づかなかった

チワワやポメラニアンなどの超小型犬となると、柴犬やトイプードルなどの小型犬よりも、さらにカラダは小さいですよね。そうすると、愛犬の存在に気づかず、“踏んでしまうところだった!”と、ヒヤッとした経験のある飼い主さんは多いのではないでしょうか。

大きな荷物を持っているとき、視界が悪く、愛犬の手足や尻尾を踏んでしまった、という経験も多いのではないかと思います。そんな経験を積んでいくうちに、愛犬の存在を確認してから行動することが癖になる、というのも、小型犬の飼い主さんならではですよね。

2.小型犬のはずなのに…?

基本的には、体重が10kg未満の成犬を小型犬としています。さらに、体重が4kg未満の成犬を超小型犬としています。

しかし、カラダの大きさによって料金が異なる何かを利用するとき、小型犬・中型犬・大型犬と3つに分類されることが多く、施設やサービスによっては、小さい・大きいの2つにしか分類されないこともあります。

このようなときに起こるのが、“うちの子は小型犬(柴犬)なのに中型犬の料金を取られた”というような経験です。確かに、チワワやポメラニアンと比べると、とても大きく感じられる柴犬ですが、体重をはかるサービスはなく、見た目で判断される、なんてことがあります。

3.気軽に触っていい…わけがない!

姿勢よく座る柴犬

大きい犬はちょっとこわい。でも小さい犬なら大丈夫。という人は多いものです。小型犬を連れていると、声をかけられやすいですし、気軽に触ろうとする人もいます。

可愛らしく、攻撃性を感じないのかもしれません。だからといって、気軽に触らないで!急に触ろうとしないで!という瞬間、結構ありますよね。吠える吠えない、噛む噛まないに関係なく、他人に触れられたくない、という飼い主さんもいらっしゃると思います。

4.意外とお金がかかる

小型犬は飼育にかかる費用が少ない、なんて考えている人も多いようですね。あなたも実際に小型犬と暮らしてみて、“意外とお金がかかるなぁ…”と感じているのではありませんか?超小型犬と中型犬と暮らす私ですが、確かに、食費も医療費も大きく差が出るものもあります。

同じドライフードを与えていますが、一ヶ月の食費は4倍ほどの差があります。小型犬は飼育にかかる費用が少ない、なんて安易に考えていると、かなり危険です。

高額な医療費がかかることもありますし、愛犬のための貯金だって必要だと考えます。意外とかかる飼育費用を苦にして、犬を手放してしまう、なんてことも後を絶ちません。悲しいけれど、決して無くはない小型犬の飼い主あるあるです。

5.お散歩の量がハンパない!

小型犬は大型犬と比べると、お散歩の量が少なくて良い、なんてイメージがありますよね。確かに、私が一緒に暮らしている超小型犬と中型犬では、歩く距離もスピードも違いますから、当然、お散歩にかかる時間も違います。

しかし、こんなことがあります。小型犬なのに、大型犬並みのお散歩や運動が必要だ、ということです。小型犬なのに、お散歩がこんなにハードだとは思わなかった…なんて経験をされている飼い主さんもいらっしゃるはず。

愛犬の犬種の歴史を探ってみると、納得できる答えがあるかもしれません。たとえば、狩猟犬として小動物を追っていた歴史があり、超小型犬や小型犬だけど、走ることや運動することが得意な犬種だ、というようなケースです。

まとめ

手を重ねて伏せるチワワ

小型犬の飼い主がよく経験することには、次のようなことがあります。

  • 小さくて気づかなかった
  • 小型犬のはずなのに…?
  • 気軽に触っていい…わけがない!
  • 意外とお金がかかる
  • お散歩の量がハンパない!

うちの子、小型犬なのに…!という経験には、“トリミング料金が小型犬の料金に少し上乗せされていた”なんて、ちょっと納得できないこともあるかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。