犬が悲しんでしまう飼い主の行動3選!どう対処すればいいの?

犬が悲しんでしまう飼い主の行動3選!どう対処すればいいの?

大切な愛犬がつらく悲しむようなことはできるだけしたくないもの。ここでは無意識のうちにしてしまいがちな、犬が悲しむ飼い主の行動をピックアップするのでぜひチェックしておきましょう。

お気に入り登録

犬が悲しむ行動①無視される

カーペットの上に伏せて上目遣いをするパグ

犬は社会性を持つ動物のため、家族=群れの仲間である飼い主とのコミュニケーションに喜びを感じます。犬は親愛の情を表現するためのアイコンタクトやスキンシップ、遊びを飼い主に求めます。

そうしたときに応じてもらえないことで寂しさや悲しさを感じたり、ショックを受けたりする犬もいるのです。特にコミュニケーションを求めても、リアクションしてもらえず存在を無視するような態度を取られると、とても傷つくでしょう。

もちろん、仕事や家事に忙しい私たち人間は、いつでも犬に構ってあげられるというわけではありません。しかし、構ってあげられないとしても目を合わせて微笑んだり、頭を軽くひと撫でしたり、声をかけたりするだけでも、犬は「無視された」とは感じなくなります。

もっと構ってほしいという物足りない気持ちにはなるかもしれませんが、飼い主に存在を無視されるような悲しみは感じないはずです。

犬が悲しむ行動②だます、嘘をつく

飼い主の持つおやつを見てお手をする犬

犬は飼い主と遊んだりスキンシップを取ったりすることが大好きですが、何をされてもうれしいというわけではありません。犬の反応がかわいくて面白いからと、ついいたずらをしてからかうような行動をしてしまう飼い主もいるようですが、やりすぎは禁物!特におやつをあげるふりをして隠したり、お散歩に行くふりをしてやめたりするなど、犬をだますような行動は犬を悲しませるだけでなく、飼い主への信頼を失わせることにもなるので気をつけましょう。

犬が悲しむ行動③飼育放棄する

去っていく車を見つめる犬の後ろ姿

これ以上ない程犬を悲しませる行動と言えば、やはり飼育放棄することでしょう。これまで一緒に暮らしてきた大好きな飼い主と突然会えなくなり、暮らす場所も変わるということはとてつもない悲しみを与えると思います。

日本での犬の殺処分数は徐々に減ってきてはいるものの、その対象となる飼い主のいない犬の約2割は飼い主自身によって施設に持ち込まれた犬です。また、山の中など人目につかない場所に置き去りにされて保護された犬の数も含めれば、飼育放棄はさらに割合を増すと考えられています。

飼い主の飼育放棄の理由は「引っ越し」「思っていたよりも大きい」「うるさい」「言うことを聞かない」「近所から苦情が来た」「病気や痴呆で面倒を見れない」などが多いと言われています。また、飼い主自身の入院や死去によって飼い犬が行き場を失うということもあります。

これらの飼育放棄の理由は果たして本当に飼育できない理由になるものでしょうか?身勝手な人間の都合で悲しむ犬が、これ以上増えないことを望みます。

まとめ

悲し気な表情をした黒茶の犬

犬には人間と同じような感情があるのか疑問視する声もありますが、犬と普段から関わっている人であれば犬も様々な感情を抱き、それに伴った仕草や行動を取ることを実感していると思います。「飼い主の死をきっかけに黒いラブラドールが真っ白になった」「同居犬がいなくなり食欲がなくなった」などのエピソードは数多くあり、それらを見ても犬がつらい、悲しいという感情を抱くことは十分にわかります。

ほとんどの飼い主は、愛犬には悲しい思いをさせたくないと思うことでしょう。しかし、犬との生活に慣れすぎてしまうと日常的な関わりや楽しいつもりのコミュニケーションによって、犬を悲しませてしまうこともあるということを忘れないようにしましょう。

犬は飼い主の所有物ではなく、私たちと同じ感情を持つ生き物であり家族です。どうか、飼育放棄などによって犬を絶望的な悲しみに陥れることだけは決してしないでください。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    飼育放棄は犬の一生を不幸にしかねない。心に傷を負いその傷を残したまま新たな家族のもとへ。傷も癒えず人に不信感を抱く犬が心など開くわけありません。それが犬が不幸になる理由です。人間の勝手な都合で一生を不幸にするなら飼わない方が犬のためだ。どんなことがあっても飼育は放棄しないこと。人間社会で言えば育児放棄も変わりない。もっと言えば殺人とも言える。命を甘く見すぎだ。命を甘く見る輩なんぞに生物を飼う資格はない!
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。