犬はおんぶしないほうがいい?考えられる3つの危険性

犬はおんぶしないほうがいい?考えられる3つの危険性

まるで赤ちゃんのようにおんぶをねだる犬がいますが、おんぶする行為は問題はないのでしょうか?ここでは、犬をおんぶすることで考えられる3つの危険性をお伝えします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬をおんぶするのは危険?考えられる3つの危険性

雪山でおんぶされる犬

おんぶが大好きな犬は「おんぶ犬」と呼ばれるほどちょっと珍しい存在です。目線がうんと高くなるので、犬にとっては楽しくて仕方ないのかもしれません。でも飼い主さんの背中にしがみついている後ろ姿は、ちょっぴり危なっかしく見えますよね。

しかも、おんぶが好きな犬の大半が体の大きな中型犬や大型犬です。散歩途中におんぶをおねだりされると、重いし歩きにくくて飼い主さんも大変ですよね。

最近では犬用のおんぶ紐も流行していますが、犬への負担がないのか気になるところです。ここでは、犬をおんぶすることで考えられる3つの危険性についてご紹介していきます。

1.すり抜けて行ってしまう可能性がある

背中でおんぶすると、背中にいる愛犬を見ることができません。「つかまっててね」と伝えたくても相手は犬なので、思わずピョン!と降りてどこかへ走り去ってしまう危険があります。

外で犬をおんぶするときは必ずリードを握っておかなければならず、飼い主さんは苦労してしまうでしょう。やんちゃなワンちゃんほど、おんぶする際は気をつけた方がいいですね。

2.背中から落ちてケガをしやすい

おんぶされた犬が急に暴れてしまい、背中から落下するおそれも・・・。固いアスファルトや砂利の上に落ちてしまうと、何らかのケガをすることも考えられます。

交通量の多い道路であれば、自転車や車への接触という危険性も出てきます。リードを持っていない状態では愛犬をコントロールしにくいので、場所や交通量を確認してください。

3.背骨や股関節に負担がかかる

床に対して垂直におんぶする体勢は、犬の背中や股関節に負担がかかりやすいです。股関節が弱い犬は長時間のおんぶは避けた方がいいでしょう。

そして負担がかかるのは犬だけではなく、飼い主さんにも重くのしかかってしまうので頻繁におんぶするのはおすすめできません。中型犬以上の犬は腰に大きな負担がかかってしまうので、愛犬とのスキンシップはできるだけ別の方法で行えればいいですね。

犬をおんぶするなら犬用リュックの活用を!

おんぶされるチワワ

もし愛犬がおんぶが好きだったり、飼い主さんにとってもおんぶが好都合であれば「犬用リュック」を活用してみましょう。人間用に近いおんぶ紐もありますが、不自然な体勢に嫌がる犬もいたり、股関節が弱い犬には向いていません。

犬が快適に過ごせるメッシュタイプの犬用リュックは、キャリーバッグを背負うようなイメージです。完全に犬をバッグの中に入れておけるので、交通機関を利用することもできます。

肩ひもは太くて丈夫なものを、犬が安定できる底板であるものを選びましょう。背負うタイプではなく、犬用抱っこ紐も種類が豊富に揃っているのでこちらも検討してみてください。

おんぶよりも抱っこの方が犬のようすが確認しやすいです。もし、おんぶをねだられた時は抱きかかえてみてください。抱っこの方が居心地の良いことがわかれば、落ち着くかもしれません。

まとめ

リュックに入った犬

おんぶが好きな犬を見ると微笑ましいものですが、万が一の危険性もあるので十分に注意をしてください。頻繁におんぶをするなら、犬用リュックや抱っこ紐も活用することをおすすめします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。