犬が『本当はビビッている』時にするしぐさ5つ

犬が『本当はビビッている』時にするしぐさ5つ

わんこは恐怖を感じているときでも、それを知られないようにふるまうことがあります。ですが、本当はどう感じているかは、さまざまなしぐさでわかってしまうんです。

お気に入り登録

1.しっぽや耳が下がる

怯えている犬

しっぽや耳は、わんこの感情に最も素直に反応する部位といっても過言ではないかもしれません。それだけに、わんこが「ビビってる」場合にも、特有の動きを見せます。

普段は立っていたり、上を向いているしっぽが下がっているのは、気分も下がっている証拠。更に、後脚の間にしっぽを巻き込んでしまっている場合には、より強い恐怖を感じていると考えられます。

また、普段は立ち耳の耳をパタンと倒すのは、信頼している相手に甘える時の仕草でもありますが、身体を屈めていたり、上記のようにしっぽが下がっていたり、震えていたりする場合には、やはり恐怖を感じている合図です。

2.腰が引ける

腰が引けている犬

一見、何でもなさそうに見えても、腰が引けている場合にはまさに「実はビビってる」状態です。

見たことのないものや警戒すべきものを前にして、それが気になって調べたいのだけれど、やっぱり何が起きるかわからなくて怖い…。

くんくんと対象の匂いを嗅いだり、前足で少し触ってみたりしながらも、腰が引けている場合には、そんなビビり精神が現れています。何かが起きたら、すぐに逃げ出せるように保険をかけている態勢というわけです。

3.首元を掻く

首を掻く犬

後ろ足でしきりに首の辺りを掻くのも、実は恐怖を感じているサインです。わんこには、不安や恐怖で強いストレスを感じたとき、相手や自分の気持ちを落ち着かせるために見せる「カーミングシグナル」という仕草があります。

この首元を掻くという行動は、代表的なカーミングシグナルとされています。こんなときは、「落ち着くんだ、わたし!」と自分に言い聞かせているか、恐怖を感じている相手に「どうか落ち着いてください!」と訴えかけているのです。

4.動きが止まる

ポイントしている犬

ふと、それまでしていた動作をピタリと止めるのも、恐怖を感じているときの仕草です。中には、猟犬のポインターが獲物を見つけたときの合図でする「ポイント」という動作と同じように、片方の前脚を曲げた状態でピタリと止まる子もいます。

これは、動きを止めることで、恐怖を感じている対象に対して全神経を集中させ、警戒しているのです。

5.地面の匂いを嗅ぐ

地面の匂いを嗅ぐ犬

わんこが地面の匂いを嗅ぐといえば、情報収集や探し物のためといったイメージが強いかもしれません。ですが、実は、地面の匂いをしきりにくんくんと嗅ぐのも、上でご紹介したカーミングシグナルの1つです。

一見全く関係のない動作をとることで、気を紛らわそうとしているとも、「わたしはあなたには興味はありませんよ。あなたのことなんて何とも思ってませんよ」とアピールしているともいわれています。他にも、カーミングシグナルにはさまざまありますから、調べてみると面白いかもしれません。

まとめ

怯える犬

いかがでしたでしょうか?愛犬が何気ないように振る舞っていたとしても、飼い主さんは「本当は恐怖を感じている」ということを気づいてあげたいものです。

そうすることで、愛犬が何を苦手なのかをしっかり把握でき、愛犬により心穏やかな暮らしを提供できるからです。そのためにも、普段から愛犬の些細な仕草に注目しておくことが必要ですよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。